人気の幼児用自転車! おすすめ自転車を1歳から6歳まで年齢別に紹介|選びのポイントも!

外遊びが好きなお子さんに「そろそろ自転車を買ってあげようかな」と考えているパパママも多いと思います。ですが、ひとくちに自転車と言っても三輪タイプや二輪タイプ、足蹴りタイプなどさまざまな種類があり、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。ここではおすすめの幼児用自転車と選び方を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

幼児用自転車の選び方のポイント

幼児用の自転車にはさまざまな種類があります。お子さんの身長やレベルに合ったものを選ぶことが大切です。

自転車デビューには三輪タイプや舵取りタイプがおすすめ

お子さんにとって初めての自転車には、安定性の高い自転車を選ぶとスムーズに乗れるようになります。補助輪がついているのはもちろん、三輪タイプならより早く乗りこなすことができますよ。

また、手押し棒付きの自転車であれば、パパママがお子さんの後ろから舵取りをしてあげることが可能。まだ交通ルールを理解していないお子さんでも安心して乗せることができます。

適応身長もチェックしよう

幼児用自転車を選ぶときは、対象年齢はもちろん適応身長もチェックすることが大切です。同じ年齢でもお子さんによって身長が異なりますので、高さが合ったものを選んであげることでより安全に使うことができますよ。

1〜3歳児におすすめの幼児用自転車5選

1〜3歳の小さなお子さんには、安定性が高く乗りやすい自転車を選んであげましょう。

いきなり自転車 – ピープル

2〜6歳の伸び盛りの時期に長く乗ることができるピープルの自転車です。小さなお子さんでも地面にぴったり足を付けることができるので、初めてでも怖がらずに乗ることができます。前かごに荷物を入れてもフラつきにくい設計にこだわっているところもポイント。

また、ワイド&ストレートな形状がポイントの手押し棒が付いているため、パパママが進む方向を決めてあげることができて安心です。お子さんの自転車デビューにぴったりな二輪タイプの幼児用自転車を探している人におすすめ。シンプルで飽きの来ないデザインもポイントです。対象年齢は2歳以上。

 

 

ディーバイク ミニ – アイデス

コロンとしたキュートなデザインが特徴のアイデスの三輪タイプの自転車です。掴まり立ちを始めた1歳のお子さんでも安全に使用できるよう設計されています。お外での使用はもちろん、室内遊び用としてもぴったり。本格的な自転車を購入する前のトレーニング用としても最適です。

また、自分で地面を蹴って進むことで、足腰の筋肉の発達やバランス感覚の向上にも役立ちます。出産祝いや1歳のお誕生日プレゼントにもおすすめです。対象年齢は1歳以上。

 

 

へんしん! サンライダーFC – 野中製作所

舵取りができる押手し棒付き三輪車から、ランニングバイクに変身させることができる野中製作所の幼児用自転車です。もちろん普通の三輪車としても使用できるので、一台三役として楽しむことができます。足の巻き込みを防ぐフットステップが付いているため、自転車に慣れていないお子さんでも安心して乗ることができますよ。

また、身長に合わせてサドルとハンドルの高さを調整できるのもポイントです。本体カラーはブルー・ローズピンク・オレンジの3色。お子さんの好みに合わせて選んであげましょう。対象年齢は1.5歳以上。

 

 

クラシックモデル – ストライダー

デザイン性と機能性を兼ね備えたストライダーの幼児用自転車です。本体は約3kgと、小さなお子さんや小柄なママにも持ち運びしやすいところがポイント。万が一転倒してしまっても、お子さんが受ける衝撃が少ないというメリットもあります。

また、雪道や山道などのオフロードにも対応しているところがストライダーの魅力。思い通りに運転できるようになるまでは少し練習が必要ですが、上手に乗りこなせるようになるとさまざまなシーンで使うことができますよ。小さいうちから本格的な自転車に触れさせたいパパママに選ばれています。対象年齢は1.5歳以上。

 

 

はじめてのアンパンマンバイク – ジョイパレット

アンパンマンが好きなお子さんにぴったりなジョイパレットの幼児用自転車です。タイヤは幅の広いタイプのため、安定感があるのが特徴。ペダルで漕ぐタイプではないので、足で地面を蹴ったりパパママに後ろから押してもらったりして進むことができます。

また、本体サイズが小さめに設計されているため、ママの自転車の前かごに入れて持ち運ぶことも可能。二輪自転車のトレーニング用としてはもちろん、アンパンマンが好きなお子さんへのプレゼントにもおすすめです。対象年齢は1.5歳以上。

 

 

3〜6歳児におすすめの幼児用自転車4選

3〜6歳のお子さんには、できるだけ長く使える自転車を選んであげましょう。

ミニーマウスポッピンリボン – アイデス

ピンク色を基調としたキュートなデザインと、乗りやすさにこだわった設計が特徴の幼児用自転車です。ミニーちゃんやリボンのイラストが描かれていたり、ブレーキワイヤーにはカラフルなアクセサリービーズが取り付けられていたりと、特に可愛いデザインが好きな女の子におすすめです。

また、しっかりと足を地面に付けることができる「あしピタフレーム」を採用しているのもポイント。自転車に慣れていないお子さんでも恐怖感なく乗ることができます。さらにペダルを取り付ける位置が2箇所ある「ダブルホールクランク」を採用しているため、お子さんの成長に合わせてベストな位置に調整することができますよ。対象年齢は3歳以上。

 

 

ケッターサイクル – ピープル

お子さんの成長に合わせて長く乗ることができるピープルの幼児用自転車です。慣れないうちは足蹴り自転車として、バランス感覚が身に付いてきたら通常のペダル付き自転車として使用することができます。ベダルは約5分でパパママが簡単に取り付けることができるので、「自分で漕いでみたい!」というお子さんの想いをすぐに実現させてあげることが可能です。

また、ペダルは一般的な自転車と比較して前方に設置されているのもポイント。背筋が伸びて視界が良くなるというメリットがあります。本体のカラーバリエーションは5カラーと豊富なので、お子さんの好みに合わせて選んであげましょう。対象年齢は3歳以上。

 

 

足けりバイク ENJOY RIDEⅡ – スマートエンジェル

赤・白・黒を基調としたシンプルなデザインが特徴の足蹴り自転車です。西松屋のオリジナルブランド「スマートエンジェル」から発売されています。本格的な自転車デビュー前に、遊びながらバランス感覚を養うことができます。また、足蹴りタイプですがしっかりとしたブレーキが付いているのもポイント。パパママがブレーキの使い方を教えてあげることができますよ。西松屋ならではの安心感と、リーズナブルな価格もポイントです。対象年齢は3歳以上。

 

 

共伸びサイクル – ピープル

お子さんの成長に合わせて長く使える構造が特徴のピープルの幼児用自転車です。ハンドルとサドルの高さを身長に合わせて変更することができるのですが、このときハンドル・サドル間が離れるように伸びる「マルチアジャスト機構」を採用しているのが特徴。9歳頃まで長く使うことができます。

カラーは深みのある色合いが特徴の4種類。どれも艶消し加工が為されており、キャメルカラーのサドルとグリップが上品なアクセントになっています。おしゃれなデザインで、長く使えるお子さん用の自転車を探している人におすすめです。対象年齢は4歳以上。

 

 

お気に入りの自転車を見つけよう

さまざまなブランドから幼児用自転車が販売されており、デザインはもちろん機能性や安全性にも違いがあります。お子さんの年齢やレベルに合わせて最適な自転車を選んであげましょう。自転車に乗れるようになると、毎日の外遊びがさらに楽しくなりますよ。

 

文・構成/HugKum編集部

小学生に人気の自転車6選!自転車選びのポイントや安全な練習法も!
小学生になれば、行動範囲が広がります。そこで活躍するのが自転車!遊びに行くのはもちろん、塾や習い事に通うのにも便利です。「そろそろ自転車を買...
子育て家庭の新・必須アイテム「電動アシスト自転車」の新商品が驚きの衝撃吸収力!
パナソニック×コンビ、人気メーカーがタックを組んで子乗せ電動アシスト自転車を開発! 子育てするママに欲しいものを聞くと、「旅行」や「ひとり...

編集部おすすめ

関連記事