みんなが好きな「お菓子の人気キャラ」を徹底リサーチ!定番人気キャラたちが続々登場!

子どもたちに人気のお菓子には、看板キャラクターがいることが多いですよね。お菓子売り場で子どもたちにアピールする魅力的なキャラクターには、どんなキャラが思い浮かびますか?

お菓子の人気キャラクターまとめ

お菓子の人気看板キャラクターを調査すべく、HugKum編集部はママ・パパ120人にアンケートを実施。イマドキキャラから、ママ・パパたちに馴染みのある老舗キャラまでたくさん声が挙がりました。

ペコちゃん(ミルキー)

ご存知、不二家のペコちゃんは誰もが好きなキャラクターではないでしょうか。トレードマークのぺろっと出した舌がお茶目な顔は、お店の前でも大活躍。ゆらゆらした顔を見るとつい駆け寄ってしまう子がたくさんいますよね。「ミルキーはママの味〜」という歌のフレーズは、子どもたちに安心感を与えてくれますよね。甘くて優しい味のミルキーのパッケージに出ているペコちゃんは、グッズもたくさん。ママと一緒に集めている子も多いのでは。

「ペロッと舌を出してるところ」(20代・埼玉県・子ども1人)
「とても可愛いです」(40代・北海道・子ども1人)
「ほっぺ」(40代・東京都・子ども1人)

キョロちゃん(チョコボール)

CMで流れる歌の鳴き声が頭の中をこだまするほど定番となっている人気キャラ、キョロちゃん。大きな目とくちばしは子どもたちにも大人気!パッケージのくちばしを開けたいがために買うという子も多いのでは。金のくちばしを集めてキョロちゃんグッズを集めたというママ・パパもきっとたくさんいますよね。ナッツがチョコでコーティングされたチョコボールは食べやすさもあり、好き嫌いの出にくいお菓子なのもポイント。
「かわいいところ」(40代・広島県・子ども2人)
「丸くてかわいいところ」(20代・千葉県・子ども4人)
「絵面がすごく可愛い」(40代・大阪府・子ども3人)
「親しみがあるところ」(40代・栃木県・子ども2人)

マーチ君(コアラのマーチ)

いろんな表情のキャラが勢ぞろいするコアラのマーチは、飽きることのないラインナップが好かれるポイント。幸せが訪れるというまゆげコアラなど、レアなマーチ君を必死で探す子がいっぱいいますよね。チョコが入ったコアラのクッキーは、好きなキャラだと食べるのがもったいないと感じてしまうほど。

「種類が多い」(40代・愛知県・子ども1人)
「可愛いところ」(40代・富山県・子ども2人)
「いろんな絵柄がある」(40代・滋賀県・子ども2人)
「動物が好きだから」(40代・北海道・子ども1人)
「1人1人、違う事をしているのが面白い」(40代・愛媛県・子ども1人)

うまえもん(うまい棒)

いろいろな味があるうまい棒は子どもたちの定番お菓子ですよね。どこかで見たようなキャラ・・・とみんながついじーっと見てしまうところも人気の秘密?!まったく似ていない妹のうまみちゃんがいるそう。

「親しみやすい点」(40代・兵庫県・子ども2人)
「かわいい」(40代・東京都・子ども2人)
「いろいろな表情があるところ」(40代・秋田県・子ども2人)

カールおじさん(カール)

定番人気を誇っていたものの、2017年に全国販売を終了して衝撃を与えたトウモロコシのスナック菓子、カール。誰もが商品を思い浮かべられるのではというほど、有名なカールおじさん。実は、もともとは男の子がメインキャラでカールおじさんは脇役だったそう。その後、カールおじさん人気が高く、メインキャラに昇格したという実績の持ち主。ぼーっとしているように見えて、カールおじさん、やりますね!

「可愛らしい」(30代・埼玉県・子ども1人)
「ボーとしている」(50代・愛知県・子ども1人)
「ヒゲ」(40代・千葉県・子ども3人)
「昔ながらの抜けた雰囲気」(40代・京都府・子ども2人)

とと丸(おっとっと)

ぷっくり膨らんだ軽い塩味のおっとっとの看板キャラ、とと丸。本名は「鯨野(くじらの)とと丸」と読んで字の如しですね(笑)パッケージを泳ぐ大きな赤いクジラは海がイメージのお菓子と印象付けてくれるので、遠くからでもすぐにわかります。

「可愛い形」(30代・愛知県・子ども1人)

キャベツ太郎(キャベツ太郎)

そのままお菓子の名前にもなっているキャベツ太郎。でも、肝心のお菓子はトウモロコシが原料で、キャベツは入っていないと知っていましたか?なぜ「キャベツ」太郎なのか真相は分からず、芽キャベツっぽいからかな〜などと想像してみるのもちょっと楽しいですよね。

「かわいいところ」(20代・愛知県・子ども1人)

よっちゃん(カットよっちゃん)

イカのお菓子のよっちゃん。パッケージに書かれた勢い感のあるよっちゃんは商品をしっかりアピールしてくれてますよね。お菓子にはイカはあまりないキャラクターなので、印象に残りやすいですよね。

「イカが好きで面白い顔が好き」(40代・東京都・子ども2人)

ホシオくん(ベビースター)

小さい子から大人まで人気のベビースター。ベビースターのキャラクターと言えば、ママ・パパ世代にはチャイナ服を着たベイちゃんがおなじみですよね。でも、子どもたちに人気なのは、2017年に颯爽と登場したホシオくん。歌とダンスが好きなノリノリキャラで、合言葉は“気分ちょい上げ〜”。ベビースターを食べると確かに気分は上がりますが・・・まさにイマドキのキャラと言えそうです(笑)

「程よいしょっぱさがいい!」(40代・茨城県・子ども2人)

ブタメン(ブタメン)

くるくる目を回した顔がインパクト大なブタメンのキャラ。他にはない表情に、子どもがついつい手にとってしまう気持ちがよくわかりますよね。ブタメンのあまりの美味しさに目を回してしまっているそう(笑)間食に人気のブタメンはコロコロコミックでマンガ連載があったことも、子どもたちに人気のポイントですね。

「なんとなく好き」(40代・埼玉県・子ども3人)

懐かしのあのお菓子のキャラクター

子どもたちが思い浮かべる人気のお菓子キャラを聞いてきましたが、今度はママ・パパが馴染みのあるお菓子キャラクターをリサーチしました。懐かしい!とつい声をあげてしまうお菓子も出てきましたよ。

カールおじさん(カール)

子どもにも人気だったカールは、ママ・パパたちが子どもの頃には外せないおやつでしたよね。変わらぬカールおじさんには安心感を感じてしまうほど。

「かわいい」(20代・千葉県・子ども4人)

ビックリマン(ビックリマンチョコ)

社会現象にもなったほど人気を博したお菓子がビックリマンチョコ。おでこに星をつけて、たっぷりと髭をたくわえた天使のおじいさんはインパクト大。おまけのシールをファイルにコレクションしたママ・パパも大勢いますよね。サクサクな食感のチョコも飽きない美味しさで毎日食べた!何枚も食べた!という人がたくさんいるはず。30周年を過ぎた今も愛されるお菓子です。

「いろんなキャラがいてシールもあったため、覚えやすかった」(40代・北海道・子ども1人)

ベイちゃん(ベビースター)

やはり!ママ・パパ部門で挙がってきたベビースター看板キャラは懐かしのベイちゃん。ほんわか可愛い、まさにベビーの雰囲気のベイちゃんは誰もが知っている人気キャラでしたよね。やっぱりベビースターと言えばベイちゃんだわ・・・と一抹の寂しさを感じているママ・パパもいそうです。

「あどけないところ」(20代・愛知県・子ども1人)

ガリガリ君(ガリガリ君)

日本一売れているアイスと言われるガリガリ君。クラスに1人はいそうな、いかにも元気なガリガリ君が看板キャラクター。設定は「永遠の小学生」だそうで納得ですよね。変身するとシャリシャリ君になるんだとか?!定番のソーダ以外にもたくさんのフレーバーがあり、新商品が出るとついつい手を伸ばしてしまう人も多いのでは。あたりが出ると童心にかえって嬉しくなりますよね。濃厚な味が美味しい大人のガリガリ君があるのも人気のポイント。

「坊主で悪ガキそう」(40代・大阪府・子ども3人)

ウメトラ兄弟

すっぱい小梅がクセになるウメトラ兄弟。頭の葉っぱが1〜3枚と分かれた三兄弟が目印で、小さい頃から好きで大人になっても食べ続けているというママ・パパがたくさん!

「親しみやすい」(20代・北海道・子ども1人)

日常的に出会うお菓子キャラはおなじみ感満載

アンケートで上がってきたキャラクターはもれなく人気の定番お菓子でしたね。人気のお菓子だからキャラクターも人気なのか、キャラクターが人気でお菓子が売れるのか・・・きっと相乗効果で不動の人気お菓子となるのでしょうね。ママ・パパが子どもの頃から人気のキャラもたくさんいました。いつも食べているお菓子のキャラは親近感も抜群で、子どもに安心感を与えてくれるキャラと言えそうです。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事