ピタゴラス®おもちゃおすすめ9選|遊びながら図形や立体に強くなろう!

今回は、就学後の図形や立体の展開図の理解にも役立つ、おすすめピタゴラス®おもちゃのご紹介です。1歳から遊べるものや、男の子や女の子向けのスペシャルパーツ入りのものなど、楽しく学べるものを厳選。知育おもちゃの購入を検討しているママパパも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ピタゴラス®おもちゃとは?

ピタゴラス®とは、平面プレートなどのパーツを組み合わせ、図形や立体を簡単に作ることができる、マグネット式のおもちゃのことです。算数・数学の先生の発明品ということもあり、1992年の発売以降、知育おもちゃとしてロングセラーになっています。ではどんな特徴があるのか、ポイントごとに見ていきましょう。

遊び方はカンタン!1歳からでもOK

それぞれのパーツが磁石でくっつくので、手先の未発達な1歳ごろでも、すぐに作品が完成します。また、ブロックや積み木などでは不可能な作品も、マグネット式により可能になり、自由な発想で作ることができます。

3つのシリーズ(種類)がある

ピタゴラス®には3つのシリーズがあり、1歳以上、3歳以上、小学生以上と、年齢に合わせたタイプに分かれています。例えば、1歳からの「ピタゴラス®BASIC(ベーシック)シリーズ」では、パーツの角が丸く、誤飲を防ぐ大きさになっているなど、安心して遊べるように工夫されています。ほかに、小学生用では、授業に沿った内容が学べるなど、いずれも成長に合わせた内容で楽しく学べるようになっています。

男の子用や女の子用がある

男女共用で遊べるタイプのほかに、男の子向けにロード用パーツ、女の子向けにぬいぐるみのハウス用パーツなど、スペシャルパーツが入ったタイプがあります。男女別の好みに合わせることで、上手に好奇心を引き出し、普段の遊びにも取り入れやすくなっています。

ピタゴラス®おもちゃは知育に効果はあるの?

三角などの基本の図形の理解をはじめ、自分で実際に触れ組み立てることで、立体や展開図の理解にも役立つ効果が期待できます。平面図形は組み立てることで立体にもなり、立体は開くことで平面の図形になることを、遊びを通して学習できます。実体験をすることで、感覚として理解が深まり、就学後の平面図形や立体図形、展開図などの学習に役立ちます。

また、自由に組み立てることで表現力や想像力を豊かにし、「どのようにしたら立体になるのか?」と考えることで論理的思考力を養う効果も期待できます。ほかに、手先の器用さを鍛えるなど、さまざまな効果も期待できます。

【1歳からおすすめ】ピタゴラス®BASIC(ベーシック)シリーズ

1歳ごろになると、自分でできることが徐々に増えていきます。また、2歳ごろになれば自我が芽生え「自分でやってみたい」という気持ちが出てきます。達成感を得やすく、意欲が湧きやすいタイプがおすすめです。

1歳の知育ピタゴラス® – ピープル


口に入らない大きさのパーツで、ママパパも安心のタイプ。20パーツ入り。角が丸くなった3.3cm立方のキューブと、角にハトメがついた壊れにくい7.5cm四方のプレートのパーツをメインに楽しく遊べます。ピタッと張り付くことで、自分でできた感覚が伝わりやすく、最少の2個でも達成感を得やすくなっているところがポイントです。対象年齢は1歳以上。

 

ピタゴラス®BASICこれなーんだ? – ピープル


ユニークな形のパーツを2個くっつけるだけで、イヌやネコなどの可愛い作品がすぐに完成するタイプです。12種類21パーツ入り。キューブのほかに、タイヤの付いたパーツなども入っています。パーツの数を増やせば、リスやトラック、ロボットまで作れ、工夫次第で長く遊べます。ベーシックパーツが入ったセットで、プレゼントやピタゴラス遊びを始めるお子さんにもおすすめ。対象年齢は1歳半以上。

 

ピタゴラス®ひらめきのプレート – ピープル


こちらは11種類シリーズ最多の65パーツが入ったセットです。正方形や正三角形、二等辺三角形などのパーツのほかに、タイヤ付きの車パーツなどが付属。遊び方ガイド付きで、自由に自分の世界を表現できます。1歳半ごろからの平面遊びから立体まで、多彩な遊び方で図形の感覚をつかめます。創造力を高め、思考力もアップしそうなセットになっています。対象年齢は1歳半以上。

 

【3歳からおすすめ】ピタゴラス®WORLD(ワールド)シリーズ

3歳ごろは、ごっこ遊びが本格的になってくる時期です。自分の世界を自由に表現できるよう、好みに合わせて選ぶのもおすすめです。車庫や人形の家など、箱状のものを作ることで、平面から立体への感覚が自然に身に付きます。

ピタゴラス®WORLDアスレチックパーク – ピープル


こちらは、人形のようにポーズが取れる「ピタアバター」が付いたタイプです。8種類32パーツ入り。ピタアバターはクライミングや逆立ちなど、どんなポーズでも自由自在。磁石内蔵の手足でピタッとくっつきます。回転パーツや円の4分の1の形のパーツなどを使い、アスレチックのように作って遊ぶこともできます。遊びの幅を広げる、作り方ヒント付きのワールドガイドが付いています。対象年齢は3歳以上。

 

【男の子用】ピタゴラス®WORLDへんしんロードガレージ – ピープル


こちらは、四角パーツがシリーズ最多の20個入った、男の子向けのタイプです。7種類33パーツ入り。ガードレールに使える柵やライン入りロードパーツなど、かっこいいスペシャルパーツで男の子も大満足。四角パーツで車庫を作ったり、道路を作ったり、好奇心を育みながら自然に図形に触れることができます。作り方ヒント付きのワールドブックが付いています。対象年齢は3歳以上。

【女の子用】ピタゴラス®WORLDゆめみるキャッスルハウス – ピープル


こちらは、8色のゆめかわ色のパーツが可愛い、女の子向けのタイプです。8種類34パーツ入り。お人形やぬいぐるみ遊びにもピッタリな、ハウス用ドアや階段など、可愛らしいスペシャルパーツが入っています。「もっと可愛く作りたい!」と思うことで意欲が湧き、遊びを通して立体図形の理解へと繋げていけます。作り方ヒント付きのワールドブックが付いています。対象年齢は3歳以上。

 

【小学生からおすすめ】ピタゴラス®SCHOOL(スクール)シリーズ

就学後はいよいよ算数が始まります。遊びながら図形や立体に触れておけば、授業での理解にも役立ちますよ。

1・2年生の小学生ピタゴラス® – ピープル


算数の「平面図形」「辺・面・頂点」「立体」の理解に役立つ、小学校1・2年生向きのタイプです。16パーツ入り。こちらは小学校2年で習う、算数の「箱」の授業に役立つ長方形パーツ入り。直方体を組み立てることで、面や辺などが感覚的に理解でき、3年で習う展開図の理解にも役立ちます。1・2年生用ピタゴラスドリル付き。対象年齢は6歳以上。

 

3・4年生の小学生ピタゴラス® – ピープル


授業で出てくる「角」「立体の特徴」「展開」の理解に役立つ、小学校3・4年生向きのタイプです。22パーツ入り。こちらには、理科の磁力の理解にも役立つ、磁石エンジンや磁石コントローラー付き。パーツを車の形に組み立て、専用のタイヤを付ければ、磁力で動かすこともできます。3・4年生用ピタゴラスドリル付き。対象年齢は6歳以上。

 

高学年の小学生ピタゴラス® – ピープル


算数の「合同」「多角形と角柱」「展開」の理解に役立つ、高学年向きのタイプです。20パーツ入り。こちらではドリルを使い、正三角形を6枚繋げて正六角形を作るなど、体験を通して授業に役立つ図形感覚を養えます。1つの図形から、別の図形や立体を作り出すという、応用力が鍛えられそうなセットになっています。高学年用ピタゴラスドリル付き。対象年齢は6歳以上。

 

ピタゴラス®おもちゃでひらめきの力を育てよう

図形や立体の理解に役立つピタゴラス®おもちゃ。遊びを通して自ら手を動かし体験することは、経験や知識から考えを瞬間的に導き出す「ひらめきの力」へと繋げていくことができます。試行錯誤しながら、お子さんが自分で「ひらめきの力」を育んでいけるよう、お子さんに合ったピタゴラス®おもちゃを探してみてくださいね。

文・構成/HugKum編集部

5歳から始めたい知育教育。おすすめ知育本・アプリ&ゲーム・知育玩具はコレ!
知的探究心が旺盛になる5歳になったら始めたい知育 生活のあらゆるシーンで「なぜだろう?」という興味が芽生える子どもに、自分で考える能力を引...
【東大生の70%が遊んでいた?】レゴブロックが知育に最適! 1歳から遊べるおすすめ7選 
世界的に愛されているLEGO(レゴ)は、デンマークの小さな木工所から生まれたおもちゃです。1958年に開発された現在のレゴブロックは、プ...

編集部おすすめ

関連記事