新生児の外出はいつから?必要な持ち物や避けるべき場所、移動の注意点を解説!

赤ちゃんが生まれて、お家でのんびり過ごしながら、赤ちゃんとの初めての外出を心待ちにしている人は多いですよね。まだまだ新生児の赤ちゃんたち。外出はいつからできるのでしょう?またどんなことを注意すべきなのか、ママ・パパにリサーチした結果からお届けします。

新生児の外出はいつから?

新生児の外出は基本的に1ヶ月になるまで避けた方がいいとされています。1ヶ月検診があるので、その際に問題なければ、少しずつ外出するのが安心です。

新生児の外出がダメな理由は?

ではなぜ、新生児の外出はダメなのでしょう?新生児のうちは感染症などへの抵抗力が不十分なので、病気にかかるリスクも高い状態です。そのため、人混みなどに出かけると病気に感染してしまう可能性があるのです。

また、赤ちゃんが健康に成長できているかどうかも、外出するのには重要な目安。赤ちゃんの健康状態を確認できる1ヶ月健診までは赤ちゃんの外出は極力控えるべきと言われているのです。

ママ・パパに調査!赤ちゃんの外出はいつごろ?

ここで、ママ・パパたちに、いつから赤ちゃんと外出したかをリサーチ。さまざまな回答が挙がってきました。

Q.赤ちゃんを初めて外出させたのはいつですか?

生後1ヶ月までにという人は約30%と意外と多い回答に。一番多いのは生後2ヶ月までにという回答なので、やはり検診後からという人が多いようです。そして、生後5ヶ月以降という回答も意外に多いですね。赤ちゃんや産後のママの健康上の理由にもよるのかもしれませんね。

赤ちゃんの外出準備と進め方

赤ちゃんのはじめての外出予定ができると、ちょっと緊張するママ・パパも多いでは。どんな準備や注意をしておくのが良いのでしょう。

1ヶ月検診まではなるべく外出は控えて

抵抗力のない生後1ヶ月までは、なるべく外出は控えて。でも、上の子のお迎えなど仕方がない場合には、なるべく短時間で済ませてあげましょう。温度変化のあるところや、人混みを避けるのはマスト。電車やバスは避けて、自家用車やタクシーで行くのがオススメです。

生後2ヶ月になったらお散歩で外気に慣れさせて

1ヶ月検診で、健康に問題がないと分かれば徐々に外気に慣れさせるように、少しずつお散歩をスタート。赤ちゃんは体温調節が未熟なので、最初は短時間で、温度変化の少ないところからが基本。帰ってからはゆっくり休めるようにしてあげて。太陽の光を浴びてお散歩することで、1日の生活サイクルも整ってきます。

生後3ヶ月以降は積極的にお散歩を

赤ちゃんは見るもの、聞こえるものなどさまざまな刺激を受けて発達していきます。お散歩で風に触れたり、花の香りを感じたりすることで、好奇心も育まれるもの。また、抵抗力のついてきた3ヶ月目以降であれば、道路を走る車の音などを聞かせてあげたりと、あちこちにお出かけすることで興味もどんどん広がっていきます。

赤ちゃんとの外出はいつから?遠出する時期や持っておくと便利なアイテムなどを紹介
赤ちゃんが生まれてからどのくらい経ったら外出してもいいの?旅行などの遠出は生後何か月目から?早く一緒にお出かけしたいけれど、生まれたばかりの...

避けるべき場所はある?外出先の選び方

新生児〜2ヶ月前後の赤ちゃんたちの外出で避けた方がいい場所はあるのでしょうか?どんな点をチェックすべきなのか、まとめました。

避けた方が良い場所

いちばん避けたいのは、たくさんの人で混み合う場所。不特定多数の人が集まるスーパーなども、新生児のうちは避けるのがオススメ。やむを得ない場合には、なるべく人のいない空いている時間を選んで。

また、日差しが強い日の外出は避けるようにしましょう。まだ日焼け止めを塗るのも難しい時期なので、肌へのダメージが気になります。体温調節機能も未熟なので、暑い日に加えて、寒すぎる日も避けたいもの。

外出先のチェックポイント

授乳スペースやおむつ替えができる場所だと安心ですね。赤ちゃんがご機嫌な斜めになった場合にも、のんびりあやせる場所があると、ママ・パパ自身も安心できるはず。

実家などへ帰省する場合には、近くの病院をチェックしておくのもポイント。何かあった時に駆け込めるように、夜間診療なども合わせて確認しておきましょう。逆に、こういった病院にすぐに行けないようであれば、新生児のうちは帰省も避けた方が無難かも。

赤ちゃんの外出に必要な持ち物や服装

新生児期前後の赤ちゃんの外出に必要なものをまとめてみました。たとえ荷物が多くなってしまっても、持っていた方が安心です。

抱っこ紐

新生児の外出では、抱っこ紐がママ・パパの体温も感じられて赤ちゃんも安心できるもの。寝かせた状態で抱っこできるものや、新生児や首すわり前の赤ちゃんが使えるクッションが付いているものなど、しっかり確認することが大切です。

ベビーカーで行く場合にも、赤ちゃんが泣き止まない時などもあり、抱っこの方があやしやすいので、持って行くと安心です。

おむつ替えセット

おむつとおむつ替えセットは必需品。おしりふきは授乳時の吐き戻しやちょっとした汚れ拭きにも使えるので、多めに持っておくと安心。おむつ替えシートも一緒に持って行けば、公園などでのおむつ替えがラクに。

哺乳瓶や授乳ケープ

頻回の授乳が必要な新生児期の赤ちゃん。授乳の準備もしっかりしておきたいですね。授乳ケープがあれば、急にぐずってしまった時にも安心。また、ミルクの場合には、1回ごとに分けた粉ミルクに加え、調乳用のお湯を入れた水筒(魔法瓶)など、かさばってしまいますが持って行ってあげましょう。

おもちゃなど

車内や外出先でぐずってしまった赤ちゃんをあやす用に、握れるものや小さな音が鳴るものなどのおもちゃがあると安心。

赤ちゃんの服装の選び方

赤ちゃんの服装は、温度調節がしやすいように、重ね着がベスト。こまめに汗をかいていないかなどをチェックして、上着の脱ぎ着で調整ができると安心です。

新生児用おすすめグッズまとめ|男の子・女の子に人気のブランド服などを中心にご紹介!
出産前にそろえておきたい新生児グッズは、種類も数もたくさんあります。こちらでは赤ちゃん服の選び方や、男の子用・女の子用の人気ブランド服など、...

赤ちゃん(新生児)を車で移動させるときの注意点

新生児期の赤ちゃんの移動には、不特定多数の人が使う公共の交通機関よりも、自家用車などで移動する方が安心。でも注意点がいくつかあるのでチェックして。

ベビーシートは必須

6歳未満の子どもを車で移動させるには、ベビーシートやチャイルドシートの着用が義務付けられています。産院から退院するときにもベビーシートは必要なので、生まれる前から用意しておくこと。

新生児期の場合には、寝かせられるものや、クッションでしっかり体を支えてくれるものを選ぶ必要があります。ベビーシート単体のものや、チャイルドシートにインサートクッションをつける兼用タイプなどさまざまなものがあるので、しっかり確認して選ぶことが必要です。

首の座らない赤ちゃんは後ろ向きに

首が座る前のベビーシートは必ず、赤ちゃんが後ろ向きになるように設置します。またその際に、助手席に設置すると、エアバッグが開いた時にぶつかって危険なので、必ず後部座席に設置しましょう。

 

2人目の赤ちゃんを外出させるタイミングは?

2人目以降の赤ちゃんの外出は、上の子の面倒を見ながらになるので、1人目とは大きく変わりそうですよね。実際にママ・パパたちがどうしていたのか聞いてみました。

Q.2人目の子を初めて外出させたのはいつごろですか?

先ほどのアンケートと比較すると、1歳未満の2〜3週間で外出させている人がぐっと増えて、約30%もいます。また、1ヶ月頃までと合わせると約80%と、ほとんどの赤ちゃんが外出していますね。

生後2~3週間の外出目的

上の子が保育園・幼稚園に通ったりしているとどうしても送り迎えが必要に。下の子が1歳未満でも連れて出なければならないことが多いよう。また、2週間検診など早いタイミングでの検診が必要だった場合も。

・3週間 。第一子を保育園に送るため (30代・東京都・子ども2人)
・2週間。検診に連れて行った (20代・東京都・子ども2人)

生後1ヶ月の外出目的

1ヶ月検診があるので、この時期にはほとんどの子が外出していますね。また、上の子がいる場合には実家などのヘルプが必要な場合も多く、この時期からは一緒に連れて行くという人も多いのかもしれません。

・1ヶ月検診が終わって予防接種もあるから (20代・群馬県・子ども2人)
・1ヶ月たったので、実家とかに連れて行った (30代・茨城県・子ども2人)

また、上の子がいるとお散歩や公園遊びなども欠かすことができないですよね。おのずと一緒に出かけることになるという声も多いようです。

・1ヶ月。 一人目がいるから連れていかないわけにはいかない (20代・北海道・子ども2人)
・1ヶ月。お兄ちゃんが家の中で過ごす事に飽きてしまい公園に連れて行った。 (40代・埼玉県・子ども3人)
新生児用に人気!おしゃれなベビー服10選|サイズの選び方と人気ブランドのおすすめをご紹介
生まれたばかりの赤ちゃんには、ママパパも何を着せようか、と選ぶ時間も楽しみのひとつですね。赤ちゃんが産まれた友人や親戚に、何を贈ろうか、と迷...

新生児の外出は注意しながら徐々に慣らして

赤ちゃんにとって外出は、さまざまな刺激を受けて好奇心が広がる大切な一歩。新生児期はなるべく最低限にしながら、徐々に慣らしていきましょう。お散歩や昼夜のサイクルが身につき、生活リズムを整えてくれます。しっかりと準備をしながら、赤ちゃんとの外出を楽しみましょう。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事