新生児の手足が冷たい…温めすぎはNG? 赤ちゃんの暑い・寒いのサインや原因と対策【助産師監修】

生まれたばかりの赤ちゃんの手足が冷たいことはよくあります。ママパパは、そのたびに心配になってしまうこともあるのではないでしょうか? この記事では、新生児の手足が冷たい原因や、赤ちゃんが寒い・暑いときのサインについてご紹介します。また、新生児の手足が冷たいときの対策法や、温めすぎは控えるなどの注意点についても解説しましょう。

新生児の手足が冷たい…。原因は?

新生児の手足が冷たい…。原因は?
新生児の手足が冷たい…。原因は?

生まれたばかりの赤ちゃんの手足が冷たいとき、産院では、夏でも生まれたばかりの赤ちゃんを保温して冷えないようにしています。生まれたばかりの赤ちゃんは、体温調節が苦手で室温によって冷たくなったり、逆に汗だくになったりします。だんだんと慣れてくるとうまく調節できるようになりますが、生後間もない新生児はまだまだ未熟です。親が衣服などの調節をしてあげるようにしましょう。

外気温の影響を受けやすい

赤ちゃんは、外気温の影響を受けやすいといわれています。その理由は、赤ちゃんの体は小さいですが、その割に体表面積が大きく皮下脂肪が少ないので、熱が逃げやすいという特徴があるからです。

体温調整が苦手

赤ちゃんは体温の調節が苦手なため、体が冷えやすく温まりやすいといわれています。大人に合わせると、夏にはクーラーの冷気で冷えてしまったり、冬は暖房の温度が高いと温まりすぎることがあります。「赤ちゃんは体温調節が苦手だから…」と過剰に心配して、室内を冷やしすぎたり温めすぎたりしないように注意が必要です。

赤ちゃんが快適な部屋の準備はできてる?快適に過ごせるポイントや寝室の作り方を徹底紹介
ママのお腹が大きくなってくると、家に赤ちゃんを迎える準備を考えますよね。ベビーベッドやバウンサーなど必須アイテムは早めに買ったり置いている人...

赤ちゃんが寒い・暑いときのサインは?

次に、赤ちゃんが寒かったり暑かったりするときのサインについてお話しましょう。

手足が冷たくなる

赤ちゃんの手や足が冷たく体は温かい場合は、もしかしたら体温を調節している最中かもしれません。このときに手足を温めすぎると、体温調節がうまくいかず赤ちゃんの体に熱がこもることがあります。

機嫌が悪くなる

赤ちゃんは、心地が悪いと泣いたりグズグズと機嫌が悪くなりがちです。手足が冷たくでも言葉では知らせることができないため、赤ちゃんの体に触れて、赤ちゃんの機嫌も観察してあげると良いでしょう。

寝るときに足を出す

寝ているときに布団から足が出ていることがありますね。布団が暑くて足を動かして外に出していることも考えられます。でも、まだ自分で体を動かせない赤ちゃんは、たまたま布団から足が出てしまったということもあるので、もう片方の足や両手、体が冷たくないかどうかを確認してみてください。

こんなときは体も冷えている

クーラーを使用している部屋で授乳しているときにも、赤ちゃんの体が冷たくなっていることがあります。赤ちゃんが薄着で静かに母乳やミルクを飲んでいる場合、手足だけでなく体も冷えていることがあるため、こまめに手や足、おなかや背中をチェックしてあげてください。

新生児の手足が冷たいときの対策法

新生児の手足が冷たいときの対策法
新生児の手足が冷たいときの対策法

赤ちゃんの手足が冷たいときの対処方法は、どうしたらいいのでしょうか。具体的な方法を紹介します。

片手だけ冷たい

片手だけが冷たい場合、手のひらや指先だけか、腕も冷たいかを確認してみましょう。その他、他方の手や足、体全体が冷えていないかも見てあげてください。片方だけが冷たい場合、そこだけ冷えている可能性があります。手のひらで赤ちゃんの手を包んで温めるといいでしょう。

赤ちゃんの手がいつも冷たい

赤ちゃんの手がいつも冷たく、湿っている場合は体温の調節をしているのかもしれません。体が冷えていない場合は、様子を見ましょう。体全体が冷えている場合や明らかに寒い場所にいる場合は、おくるみや靴下などを使って温めてあげましょう。

手足が冷たいのに汗をかく

赤ちゃんの手足が冷たいのに汗をかいている場合、赤ちゃんのおなかや背中は案外温かいことが多いのです。赤ちゃんは手や足で自分の体温を調節しているため、このようなことはよくあります。もし、手足だけが冷たくおなかや背中が温かい場合は、そのまま様子を見てあげましょう。

反対に、おなかや背中が冷たいときには、室温を高くしたり、衣服やおくるみで温かくしてみましょう。このあとには、温かくなったかどうか確認してあげるといいですね。

新生児の手足が冷たいときの注意点

赤ちゃんの手足が冷たいときに手袋や布団などを使用することがあります。衣服や寝具は、赤ちゃんの体温コントロールに関係があります。赤ちゃんの手足が冷たいときの注意点を解説します。

手足が冷たすぎる場合は靴下や手袋を使用してもOK

靴下や手袋を使用すると、体を温めすぎることもあるため注意が必要です。靴下や手袋を使用する前に、首や背中、おむつ部分などに汗をかいていないかどうか確認してみましょう。汗をかいておらず手足が冷たすぎるときには、靴下や手袋を使用して冷えを緩和させてあげましょう。

赤ちゃんは、お腹が空いた、おむつが気持ち悪いという以外にも、不快な状況を泣いて知らせてくれます。また、暑い、寒いというときにも機嫌が悪くなります。赤ちゃんの体を触って、機嫌も確認しながら体温調節をしてあげましょう。手足が冷たくて、体が温かく機嫌がいい場合は、そのまま様子を見てもよいでしょう。

布団のかぶせすぎに注意

赤ちゃんが冷えているからといって、布団を何枚もかぶせると暑すぎることがあります。温めるために布団を使用するときには、冷えの程度、あたたかくしすぎていないかなど、こまめに赤ちゃんの様子を見てあげましょう。

低体温になることも

あまりにも手足が温まらず、体も冷えている場合は、体温が低くなることも考えられます。赤ちゃんは、体の大きさの割に体表面が大きく熱が奪われやすいため、注意が必要です。赤ちゃんの平熱は、37.0℃前後です。36.5℃以下、またはいつもの平熱よりも低い場合は、温めて体温を測ってみましょう。人間は、体温を一定に保つ機能が備わっているため、ある程度保温すれば体温は正常を保ちます。万が一、赤ちゃんの体温が低いままの場合は受診も考慮しましょう。

おすすめのベビーソックスシューズ10選|ナイキなど、コーデに合わせて選べるおしゃれシューズを厳選!
歩きはじめの赤ちゃんにおすすめのベビーソックスシューズをピックアップしました!靴下感覚で履けて、歩行トレーニング用として便利なソックスシュー...

新生児の手足が冷たいからといって温めすぎはNG

赤ちゃんの手足が冷たいからといって温めすぎるとよくありません。その理由を説明していきます。

赤ちゃんは体温調節が苦手なため室温を調節しましょう

赤ちゃんは、体が冷えやすく温まりやすいため、布団やおくるみなどを使用して温めすぎると、今度は暑くなってしまいます。また、赤ちゃんを温めようとして電気毛布やこたつなどを使用すると、体温が上がりすぎたり低温やけどを引き起こしたりする危険があるため、電気毛布やこたつは使用しないようにしましょう。

東京都福祉保健局「健康・快適居住環境の指針(平成28年度改訂版)」によると、冬の室温は20〜25℃、夏は外気より4~5℃低いぐらいの温度が赤ちゃんにとって過ごしやすい温度とされています。湿度は、50〜60%が目安です(参考文献1)。

乳児突然死症候群の危険がある

普段の睡眠中の着衣にも注意が必要です。欧米では着せすぎ(Over wrapping)が自律神経のアンバランスを来たして、呼吸機能障害を起こし 乳児突然死症候群の発症の誘因になるとされています(参考文献2)。

あせもができやすい

赤ちゃんを温めすぎると、汗をかいてあせもができたり肌荒れを起こすことも考えられます。もし汗をかいていたら、拭いてあげたり着替えさせたりしてあげましょう。そのままにしておくと、汗が冷えて体も冷えてきます。こまめに赤ちゃんの観察をすることをおすすめします。

新生児の手足が冷たいときは、こまめに観察しましょう

赤ちゃんの体温のコントロールは、室温や衣服を調節して、こまめに赤ちゃんに触れて機嫌を見てあげることが大切です。室温は外気温によっても左右されるため、赤ちゃんが快適な温度を目安としながら、赤ちゃんを直接観察してみてくださいね。特に冬は寒いため、親としては赤ちゃんが冷えないか心配になりますね。着せすぎにならないように気をつけてあげましょう。

【参考文献】
1. 東京都福祉保健局ホームページ「健康・快適居住環境の指針(平成28年度改訂版)」
2. 厚生労働省「乳幼児突然死症候群(SIDS)診断のための問診・チェックリスト記入要領」

記事執筆・監修

Kawai
助産師・看護師
河井恵美

看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。様々な診療科を経験し、看護師教育や思春期教育にも関わる。青年海外協力隊として海外に赴任後、国際保健を学ぶために兵庫県立大学看護学研究科修士課程に進学・修了。現在はシンガポールの産婦人科に勤務、日本人の妊産婦をサポートをしている。また、助産師25年以上の経験を活かし、オンラインサービス「エミリオット助産院」を開設、様々な相談を受け付けている。

エミリオット助産院

構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事