1歳の男の子向け、人気のおもちゃをリサーチ!男の子向けのおすすめから長く遊べる・知育おもちゃまで

子どもが1歳ごろになると、おもちゃを増やしてあげたいと考えるママ・パパが多いですよね。でもどんなおもちゃなら楽しく遊べるのか、悩んでしまうこともあるのでは。そこで、HugKum編集部では、1歳の子にぴったりのおもちゃに関するアンケートを実施。ぜひおもちゃ選びの参考にしてみて。

1歳の男の子に人気のおもちゃを調査!

1歳の男の子を持つママ・パパに、買ってあげたおもちゃでオススメなもの教えてもらいました。おもちゃ選びの参考になるものがたくさん!子どもは1歳頃になると指先の機能が発達。指先を使って何かを動かしたり、回したりと、どんどん器用になってきます。また、男の子と女の子では遊び方も変わってきます。今回は、特に男の子にオススメのおもちゃをリサーチしたので、男の子ママ・パパは必見です。

1歳児ができる遊びの特徴は? 場所の選び方から室内&外遊び、手作りおもちゃのアイデアまで【助産師監修】
1歳になると体もしっかりしてきて、運動能力も発達し、歩いたり手を器用に動かしたり、できることがたくさん広がっていく時期です。 そこで当...

1歳の男の子に人気のおもちゃBEST5

まずはママ・パパの支持率が特に高かった人気のおもちゃベスト5をご紹介。男の子なら絶対喜ぶおもちゃばかりです。

レゴ デュプロ

カラフルな色合いで、小さい手にも取りやすい大きめサイズのレゴデュプロ。最初に買うべきブロックがたくさん入ったセットで、クジラやペンギン、小さなボート、飛行機など、幅広いモデルを組み立てることができます。何通りにも使える万能なセットで、手先の動かし方や基本的な組み立て方を身につけられます。作品を通してお話を作ったり、ごっこ遊びをしたりしながら、想像力を育むことができます。

「想像力がかきたてられる」(40代・兵庫県・子ども5人)
「息子が楽しく遊んでいるから」(30代・愛知県・子ども2人)

バンダイ ブロックラボ はじめてのブロックワゴン

子どもが大好きなアンパンマンのブロックセット。2ピースのブロックでアンパンマンやおうち、犬、ネコ、鳥などの絵柄を作ることができて楽しさが倍増。カラフルなサポートブロックを合わせながら成長に合わせたブロック遊びを楽しむことができ、ママやパパとの遊びも広がるセットです。大きなタイヤが付いたワゴン型の収納ケースに入っているので、楽しくお片づけができるのもポイント。

「最初はつかんで遊ぶだけですが、だんだん本来の使い方をしてくれるようになり成長がみえます」(20代・岐阜県・子ども1人)
「レゴよりもブロックが大きいので小さい子供でも楽しめる」(30代・千葉県・子ども3人)

タカラトミー はじめてのプラレール おでかけN700系新幹線

低年齢から遊べるこちらのプラレールは男の子にぴったり。走らせると運転席のビーズがシャラシャラと回転し、グラグラおしりをふりながら、可愛く走行するので夢中で遊んでくれるはず。面ファスナー付布ベルトが付いているのでベビーカーに取り付けたりと、手軽に持ち歩くことができお出かけにも便利。プラレール車両の後ろに、簡単につなげられるので長く遊べるのも魅力的。

「もう少し大きくなったら本格的なプラレールと組み合わせて遊べると思ったから」(30代・茨城県・子ども2人)
「プラレールは、本当に夢中になって遊ぶ」(20代・兵庫県・子ども2人)

BRIO レールウェイ マイファースト ビギナーセット

1歳半からの木製レールウェイセット。坂道やガタガタした線路など、 充実したセットでレール遊びをより楽しむことができます。自分で好きなレイアウトにすることで想像力もかきたてられます。車両は振るとガラガラと音が鳴り単体でも楽しめるものに。どちら向きでも連結可能なマグネット内蔵の車両は、小さな子でも楽しく遊ぶことができます。ブリオの他のレールセットとも互換性あり。

「木で出来ているから安心だし、男の子は電車が好きな率が高いから」(20代・東京都・子ども1人)

タカラトミー はじめてのプラレール おでかけトーマス

低年齢から遊べる「はじめてのプラレール」に、人気のきかんしゃトーマスが登場。ごっこ遊びがさらに楽しくなること間違いなし。走らせると中のビーズがシャラシャラと回転し握って振って遊べます。
大きくなったらプラレールシリーズといっしょに遊ぶことも。面テープが付属されているので、持ち歩きにも便利です。

「トーマス好きなので喜んで遊んでいる」(40代・愛知県・子ども2人)

長く使えるおもちゃのおすすめ

せっかくおもちゃを買うならなるべく長く遊べるものが欲しいですよね。1歳から遊べて大きくなっても遊びが広がるようなおもちゃをご紹介します。

ボーネルンドオリジナル積み木 カラー

1歳前後は、なめたり触ったりと五感をフルに使って、これは何だろう?と感触を楽しんで遊ぶ時期。積み木を重ねる順番、バランス、パーツ選びでも年齢に応じた想像力が磨かれます。シンプルながらさまざまな大きさのパーツが揃うのも魅力的。木目の美しいブナ材を使用し、小さな子どもが握りやすい大きさに。積み木を高く積めるよう、最低限の面取りでピース同士の接する面積を広く取り、重心が取りやすく適度な重さに仕上げることで安定感を生み出してくれます。

「丈夫で質が良く、長く使える」(40代・東京都・子ども3人)

バンダイ アンパンマン すくすく知育パッド

タッチ・ふる・かたむけるの3軸加速度センサーで、1歳でも感覚的・直感的に遊べるメニューが揃った知育パッド。小さな子でも簡単に遊べるメニューから、3段階のステップアップで年齢に応じた遊びで能力を引き出してくれます。

「色んな種類があって6歳くらいまで使えるから」(30代・佐賀県・子ども1人)
「5歳まで遊べるようなので」 (30代・埼玉県・子ども2人)

アイデス D-bike mini

産婦人科ドクターの意見を参考にしながら開発され、1歳から遊べる三輪車のD bikeミニ。遊びながら自然と筋力やバランス感覚が養われ、運動能力が育まれていきます。ぶつかっても痛くない柔らかハンドルや、おしりにやさしいクッション入りシートを使用。丈夫な作りで長く遊べます。また、静かで、家具や床にキズをつけにくい発泡タイヤなのも嬉しいところ。安全性と耐久性はもちろん、デザイン性も高くインテリアにも馴染んでくれます。

「2歳だけどまだブーブー言いながら部屋をウロウロ乗ってくれて体力消耗にちょうどいい」(20代・群馬県・子ども2人)
「家の中で三輪車に乗れるので、安心して遊ばせられるし、2歳になった今でも楽しんでます」(30代・東京都・子ども1人)

パイロットインキ スイスイおえかき

スイスイおえかきは、4色で描けるカラフルなシートで、のびのびと体を使ってお絵かきを楽しむことができます。ペンの中は水なので、洋服や部屋を汚さずに遊べ、シートの裏は防水仕様なので、床をぬらす心配もありません。水が入った専用ペンで描くと、鮮やかな色に変化。乾くと自然に消えるので、何度でも繰り返し遊ぶことができます。大きなシートで大胆に絵を描くことで、子どもの感性を引き出してくれます。シートは折りたたんでしまえるので、簡単で場所もとりません。大きくなっても長く使えるのが嬉しいところ。

「水で描くため、服などが汚れる心配もなく、またシートが乾けば何度でも繰り返し使える。ペンのみで別売りもしていて、いつでも追加購入できる。」(30代・東京都・子ども2人)

マテル フィッシャープライス バイリンガル・ラーニングボックス

5つのパネルには8個のブロックが出し入れでき、指遊びがいっぱい。カバさんの口からはアーンとブロックを取り出すことができ、楽しさが倍増。おしゃべりダイヤル付きで、押したダイヤルの色や数をバイリンガルでおしゃべり。色と形が覚えられます。メロディや歌が流れたりと、飽きることなく遊べ、年齢に応じて長く遊べるおもちゃです。

「積み木のような遊び方から、型はめの学びまで、年齢にあった遊び方が可能です」(20代・兵庫県・子ども2人)

学研 ニューブロック はじめようバッグ

1歳でも集中して遊べる工夫がたくさんつまっている、ニューブロックバッグ。学研ココファン・ナーサリーの園長先生から話しを聞いたり、園の子どもたちにモニター調査をしたりと、子どもの成長に基づいた遊び方を調査し商品化されているという優れもの。基本の組み合わせパーツに加え、どんな作品も生き物に見える目玉パーツやお花パーツをクルクル回して脳を刺激。2歳頃からのごっこ遊びにもつながります。

「色んな物が作れるので、飽きることがないです」(40代・鹿児島県・子ども1人)

1歳の知育におもちゃのおすすめ

子どもの成長や発達を促してくれる知育おもちゃ。早いうちに1つは取り入れたいという人も多いのでは。ここではママ・パパがオススメする知育おもちゃをご紹介します。

アンパンマン おおきなよくばりボックス

たっぷり7面に18種類の楽しい遊びがいっぱいなアンパンマンのよくばりボックス。ティッシュペーパーを引っ張ったり、蛇口をひねるような子どもの興味をひく仕掛けがたくさん。子どもが必ず手を伸ばす人気のスマートフォンもついいるのでママ・パパも安心!迷路やパズル遊びなど頭をフル回転させてくれます。8曲のメロディや、おしゃべり、光の仕掛けもあり、成長に応じてステップアップしながら長く遊べるおもちゃになっています。

「色々付いているので、飽きずに遊べる」(30代・東京都・子ども1人)

ジョイパレット にぎって!おとして!光るくるコロタワー

大人気のアンパンマンのボール落とし。てっぺんのアンパンマンのあたまにボールを入れると、ポンという音などの楽しい音が鳴り、アンパンマンのほっぺが光ります。ボールが回転しながら落ちてきて、同時におしゃべりとメロディが。回転板も一緒にくるくる回るという複雑な動きに子どもは興味津々。転がってきたボールの数を数えてみたり、仲間分けをしたりなど、遊びの幅も広がります。
バイキンマンのシャッターを下ろすと、透明の筒の中にボールをためてお片づけできます。台座は取り外し可能なのでコンパクトに収納できるのも嬉しいポイント。想像力や手先の動きの発達を促してくれます。

「単純な動きだけど集中して取り組める」(30代・三重県・子ども2人)
「指先の発達も促せるし、筒の中をボールが転がるので途中で取らずに最後までボールが転がるのを楽しんで見ているから」(30代・東京都・子ども2人)

ニック プラステン

オールマイティーに使える木のおもちゃ。5本の棒がついた台に、ドーナツ形の5色のリングといたってシンプルな構造は、子どもたちの想像力次第でいくつもの遊びになってくれます。小さいうちはリングを転がしたり積み木のように遊んだり、成長したら付属の紐で紐通しとしても遊べます。サイコロも付いているので、サイコロの目の数だけピースをもらえるなど、遊び方は無限大。

「いろいろな遊びができる」(30代・福島県・子ども1人)

ピープル ピタゴラスBASICひらめきのプレート

磁石でピタッとくっつけて楽しく遊んでいるうちに、自然と立体を作りあげるイメージをつかめるようになるおもちゃ。その後の算数にも役立つと多くのママ・パパに支持されています。はじめは冷蔵庫に貼ったり、床に並べたりの平面遊びからスタート。成長するにつれ、立体遊びに変化。作れるものの幅が広がりごっこ遊びまでできるようになります。男の子が大好きな車のパーツや、遊び方ガイドも付いているのでどんどん想像力が広がります。1歳半から小学生まで、遊びながら算数の力がつく、優れもののおもちゃです。

「磁石でくっつく大きいブロックみたいな感じで、好きなように作れるから」(20代・東京都・子ども2人)
「追加パーツを購入すれば、小学校までは楽しめるから」(20代・東京都・子ども2人)

探究心旺盛な男の子には想像力の広がるおもちゃがオススメ

思いがけない遊び方を生み出すのは男の子の特徴。1つの遊び方ではなく、想像しながらさまざまな遊びが広がるおもちゃがオススメのよう。特に1歳の子は手や指の働きの成長が著しい時期なので、ぜひ発達を促してくれるようなおもちゃ選びをしてあげましょう。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事