あせも、とびひ、水いぼ…暑い季節の肌トラブル、予防や対処法を解説【小児科医監修】

暑い季節になると様々な肌トラブルが出てきます。それらの対処法・予防法などを小児科専門医の森戸やすみ先生にお聞きしました。

Q:息子の背中に赤いブツブツが……。これって、あせも?それとも別の病気?

「あせも」ってどんな病気?

あせも(汗疹)は、汗や汚れによって汗腺がつまり、蒸発できなくなった汗がたまることで起こります。発疹にはかゆみのない白く小さなブツブツと、かゆみのある赤いブツブツの2種類があります。子どもの場合、汗をかきやすい背中や脇、太ももなどのほか、頭やおでこなどにもよく見られます。

かゆみのあるあせもができたときは、小児科や皮膚科で塗り薬を処方してもらいましょう。薬は、入浴後などの清潔な肌に塗ります。予防のためには、汗を肌に残したままにしないことが大切。シャワーなどで洗い流すのが理想ですが、それができない場合は汗をこまめにふいたり、下着を取りかえたりするようにします。また、エアコンなどで室温を調節し、汗をかきすぎないようにすることも大切です。

【医師監修】子供の「虫刺され」や「あせも」、かゆみへの対応と予防法は?
Q. 外で遊ぶことが多いせいか、子供が夏はよく蚊に刺されます。あせももよくできてしまい、かゆみがつらそうなのですが……。 A. 細菌感染で...

「とびひ」ってどんな病気?

暑い季節に多いとびひ(伝染性膿痂疹)は、傷ついた肌に黄色ブドウ球菌などが入り込むことで起こります。強いかゆみのある水疱ができ、水疱が破れて中の滲出液が肌につくと、その部分にも水疱が広がっていきます。

とびひが疑われる場合は、すぐに病院へ。症状に合わせて塗り薬と飲み薬が処方されます。患部を清潔にして薬を塗ったら、感染の広がりを防ぐためにガーゼなどで患部を覆っておきます。人から人へも感染するので、他人との肌の接触やタオル、寝具などの共用は避けます。患部をきちんと覆っていれば登園して構いませんが、治るまでプールは控えます。予防のためには肌を清潔にし、あせもや虫さされなどをかきこわさないことを心がけましょうう。

【小児科医監修】子供のとびひ(伝染性膿痂疹)って?予防法や治療を解説
虫刺されやあせもなど、肌トラブルの絶えない夏。小さなかき傷をきっかけに、子どもたちの間で流行しやすいのがとびひ(伝染性膿痂疹)です。かゆみの...

「水いぼ」ってどんな病気?

水いぼ(伝染性軟属腫)は伝染性軟属腫ウイルスの感染によって起こります。直径1~5ミリ程度のいぼができ、つぶれて中のウイルスが肌につくと、その部分にもいぼが広がっていきます。

水いぼは成長すれば自然に治る病気です。ただし完治までに数年かかることもあるため、数が少ないうちに小児科や皮膚科で治療するとよいでしょう。病院では患部に小さな麻酔のテープを貼り、1時間ほどおいてからピンセットでいぼをとり除きます。少し出血しますが、治療後は絆創膏を貼っておくだけできれいに治ります。

いぼの中のウイルスがつくことで人から人へもうつるので、治療をしない場合は患部を衣類や絆創膏などで覆っておきます。プールに入っても構いませんが、水着で隠れない部分に水いぼがある場合は、直接肌に触れる水泳用具やタオルなどの共用を避けましょう。

【小児科医監修】子供の「水いぼ」とは?治療法、プールや水遊びを解説
「水いぼ」とはどんな病気?治療法は? 小さないぼが肌にできる病気。自然治癒も可能です 猛暑日が続くこの夏…。毎日の...

「日焼け」の対策、どうすればいい?

太陽光に含まれる紫外線は、肌が赤くなる日焼け(サンバーン)を起こします。子どもは肌が敏感なので、強い紫外線を浴びすぎないように注意しましょう。暑さ対策も兼ねて、外遊びは風通しのよい日陰のあるところで。外出時は日よけのある帽子をかぶり、服は風通しのよい素材・デザインのものを選びます。屋外で長時間遊ぶときは、日焼け止めも利用しましょう。

ただし、紫外線には体に必要な働きもあります。骨の発育などにかかわるビタミンDは、紫外線を浴びることで生成されるのです。あえて強い紫外線を浴びる必要はありませんが、紫外線対策の行きすぎにも注意が必要です。

子ども用の日焼け止め人気商品をアンケートでリサーチ!日焼け止め選びで重視することなど口コミも
日差しがますます強くなる夏、レジャーやスポーツを楽しんでこんがりと日焼けする子どもたち。「子どもの日焼けは健康的だから、日焼け止めは...

記事監修

小児科専門医 健康アドバイザー
森戸 やすみ 先生

一般小児科、NICU(新生児特定集中治療室)などを経て、小児科クリニック勤務。著書に『小児科医ママの子どもの病気とホームケアBOOK』(内外出版社)など。

『めばえ』2020年7月号 イラスト/原あいみ(京田クリエーション) 構成/野口久美子

コロナだけじゃない「ウイルス性感染症」の基本と感染予防法を解説【小児科医監修】
毎年流行る「ウイルス性の感染症」にはいろいろな種類があります。それらの対処法・予防法などを小児科専門医の森戸やすみ先生にお聞きしました。 ...
【子どもの新型コロナウイルス】0歳児も感染!感染症を疑う基準は?小児ぜんそくなどの合併症を持っている子どもは重症化するの?
2020年12月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、世界的に感染が拡大し、4月1日には、山梨で0歳児の感...
2歳までに100%の子供が感染!「RSウイルス感染症」重症化のリスクや治療の基本【小児科医監修】
毎年、園などで流行するRSウイルス感染症と溶連菌感染症。どんな症状で、どんな違いがあるの?対処法は? 小児科医の金井先生にお話を伺いました...
溶連菌感染症。3歳以下の子どもは風邪とまちがわれやすいので注意!【小児科医監修】
溶連菌感染症はのどが腫れて痛み、高熱が出る病気です。病院で処方される薬による治療が必要です。 「溶連菌感染症」とはどんな病気?おもな症状と...

編集部おすすめ

関連記事