オリジナルのハンコを作ろう! 話題の「消しゴムハンコ」を徹底解説

日本だけではなく海外でも人気を集めている消しゴムハンコ。そんな消しゴムハンコの魅力や作り方などを徹底解説します。消しゴムハンコに興味がある人、これから始めてみようという人はぜひ参考にしてみてください。

消しゴムハンコとは?

消しゴムハンコとは、消しゴムをカッターナイフで彫って作るハンコのことです。自分で描いた図案のハンコができるので、世界にひとつだけでのオリジナルハンコが作れます。

消しゴムハンコの魅力

自分だけのオリジナルハンコを作ることができる

消しゴムハンコの最大の魅力は、自分の好きなデザインのハンコが作れるところ。お店で買うことができない世界にひとつだけのハンコなので、誰ともかぶることがありません。手紙や年賀状などに押せば注目を集めるでしょう。自分の名前を彫って持ち物に押すのも良いですね。

親子で楽しめる

消しゴムハンコは子どもだけではなく大人も楽しめます。親子で一緒に作ってみるとより一層楽しめますよ。子どもが小さい場合はパパママが作ってあげましょう。パパママが作った手作りハンコ、子どもはきっと喜んでくれるはず!いろんなところに押して楽しんでくれそうですね。

材料費が安い

消しゴムハンコに必要な材料は100円ショップなどで手に入るものばかり。手軽に楽しめます。ひとづずつ揃えるのが面倒だという人はキットになったものを選ぶと良いでしょう。

消しゴムハンコを作る前に準備するもの

参考サイト:シヤチハタクラフト

消しゴム(消しゴムハンコ用あり)
シャープペンシル
ペン型カッターナイフ
大きめのカッターナイフ
カッティングマット
ねりけし
トレーシングペーパー
紙(試し押し用)

消しゴムハンコの作り方

1図案を描く

消しゴムハンコを作るのに最初の作業は図案を描くことです。オリジナルのデザイン、好きな動物やキャラクターの絵など、自由に描いてみてください。絵をかくのが苦手だという方は無料で絵をダウンロードできるサイトを利用してみましょう。

2図案をトレーシングペーパーに写す

図案にトレーシングペーパーを重ねてシャープペンシルや鉛筆で写します。写せたらそのトレーシングペーパーを裏返して消しゴムに当て、鉛筆など先の丸いものでこすりましょう。消しゴムに図案の絵が写ればOK。

3消しゴムをハンコの大きさに切る

カッターナイフを使って消しゴムをハンコの大きさに切り出します。図案の周りには3~4mmほど余白をつけておくと良いでしょう。

4線に沿ってカッターで彫る

今度はペン型カッターナイフで消しゴムに写った図案の線に切り込みを入れていきます。このとき、刃の角度を45度くらい斜めにするときれいに彫ることができます。

5周りの部分をカットする

周りの余分な部分を彫り上げていきます。こうすることで余分なところにインクが付かず、きれいにスタンプを押すことができますよ。

6ゴミなどを取る

ねりけしを押し付けて消しゴムのかすや鉛筆の粉などを除去します。ねりけしは必須ではありませんが、ねりけしを使うと簡単にきれいにできますよ。

削って絵を描く「スクラッチアート」が大流行中! 遊び方&おすすめ商品
削って絵を描くスクラッチアート。色紙を削れば別の色が現れ、鮮やかな絵が完成します。 必要な道具はペンが1本のみ。無心になって楽...

消しゴムハンコのおすすめ商品

ほるナビ スタートセット – seed

消しゴムハンコを初めて作る方におすすめのセットです。
セット内容は、ほるナビ(はがきサイズ)、彫刻刀(三角刀)、ねりけし、布用インク(赤と茶)、トレーシングペーパー(はがきサイズ)、スタートBOOKの計6点。

スタートBOOKにはカッターで彫る方法や消しゴムハンコの保管方法などが詳しく紹介されています。すぐに使える図案も入っているので嬉しいですね。

ほるナビデラックスセット2 – seed

ほるナビスタートセットをより充実させたデラックスセットです。
セット内容は、ほるナビ(はがきサイズ)、彫刻刀(三角刀)、そうじねりけし、スタンプインク(紙と布用、茶色)、カッティングマット(A5サイズ)、デザインカッター、そのままはんこ、専用ケースの計8点。
これさえあれば消しゴムハンコに必要なものは全部そろいますよ。

消しゴムはんこ、ことはじめSET – 消しゴムのヒノデワシ株式会社

消しゴムハンコ作家、津久井智子先生監修消しゴムハンコ初めての方向けの商品です。
セット内容は、はんけしくんハガキ1/4サイズ1枚、彫刻刀(三角刀)、 おそうじ用ねりけし、てん刻2本、スタンプインク2つ、トレーシングペーパー、ことはじめBOOKです。
ことはじめBOOKには丁寧で分かりやすい彫り方アドバイスや、年賀状などに使える図案がいっぱい載っていますよ。

田口奈津子365日かわいく使える消しゴムはんこ決定版 – ブティック社

消しゴムハンコ作家、田口奈津子さんの著者本です。消しゴムハンコを彫るテクニックとさまざまな図案を1000点以上掲載しています。

見て、彫って、押して楽しい消しゴムハンコが満載の1冊。消しゴムハンコを作ってみる前に一度読んでみてはいかがでしょうか。

消しゴムハンコに使えるデザインを無料で入手できるサイト7選

図案のデザインを考えるのが苦手という方は必見!無料でダウンロードできるWEBサイトをご紹介します。サイトによってデザインの雰囲気が異なるので、自分のイメージに合うものを見つけてみてくださいね。

ハンコでアソブ

ハンコでアソブ
名前の通り、無料のハンコ素材サイトです。載っている画像がハンコを押したようなデザインなので、完成後のイメージが掴みやすいです。シンプルですが味があり、フリー素材とは思えない高クオリティなデザインですよ。
会員登録は不要。

illust box

illust box
月間約500万人が利用しているイラストボックス。投稿したイラストのダウンロード数に対して投稿者に報酬が支払われる仕組みです。投稿者がイラストについて解説を記載しているので、使う場面をイメージしやすいです。
会員登録(無料)が必要。

esp素材無料ダウンロードサイト

esp素材無料ダウンロードサイト
食べ物や植物などのデザインはもちろん、季節のイベントやサービスロゴ、ウェブページのアクセントとして使えそうな素材まで幅広く無料配布しているダウンロードサイトです。他のサイトでは見かけないようなデザインと出会えるでしょう。
会員登録は不要。

ガーリー素材

ガーリー素材
カテゴリーは人物、花、生物、食べ物、雑貨、その他の6種類です。優しい印象を受けるイラストばかりで、見ているだけで癒されますよ。女性の方におすすめのサイトです。
会員登録は不要。

イラストAC

イラストAC
約130万点のフリーイラスト素材がダウンロード可能。他のサイトと比べると素材の数が非常に多いです。他のサイトで気に入ったデザインを見つけることができなければ、イラストACで探してみてはいかがでしょうか。イラストのタッチがさまざまなので、お気に入りのデザインを見つけることができるでしょう。
会員登録(無料)が必要。

無料イラスト素材集「ピクト缶」

無料イラスト素材集「ピクト缶」
「ピクト缶」はくうたろうという方が個人で管理・運営されているサイトで、シンンプルなイラスト素材をダウンロードできます。ダウンロードできる形式はAI形式とPNG形式です。
利用登録は不要。

いらすとん

いらすとん
ゆるかわイラストが満載のいらすとん。季節の行事、イベント、人物、動物など種類も豊富です。
利用登録は不要。

お気に入りのハンコを作ろう!

シンプルなデザインを選べば不器用な方でも楽しめる消しゴムハンコ。手紙や年賀状に押したり持ち物に押したり、さまざまなシーンで大活躍してくれますよ。
世界にひとつだけのオリジナルハンコをぜひ作ってみてくださいね。

文・構成/HugKum編集部

名前スタンプが便利!入園・入学準備やおむつにも使えるおすすめセット&インク11選
保育園や幼稚園に通うお子さんを持つママ&パパが、あったら便利だと思うグッズとして挙げることの多いお名前スタンプ。必ずしも必要...

編集部おすすめ

関連記事