【空間認識パズルに挑戦】シンクシンクがあなたの「思考センス」をテストします!

150か国、累計120万人から高い評価を得ている知育アプリ・シンクシンク(Think! Think!)が大人気です。

iOS、Androidで子ども向けカテゴリーでダウンロード数1位を獲得。Google  Play  Awardsでは2017年と2019年の二度にわたって受賞を果たすなど、アプリ教材のなかで群を抜いているそのシンクシンクが、このほど書籍化され1冊の本になりました!

その公式ブックから、シンクシンク未体験のパパ・ママに出題!  お子さんに教材として与える前に、「やりはじめたらとまらない」シンクシンクの魅力を、まずはご自身で体験してみてください。

「シャッターチャンス」で空間認識力を鍛えよう!

今回は空間認識をきたえる「シャッターチャンス」の思考力パズルを体験してみましょう!

空間認識「シャッターチャンス」

カメラの位置からどんなブロックの写真が撮れるかな?

立体を平面に置き換える思考力パズルです。

上の問題の答えは、以下の図形になります。

答えは・・・

コツをつかむために、慣らし問題をもう1問。

次の問題にもトライしてみましょう。

どの写真が撮れる?

1問目とはカメラの位置が変わりましたが、それほど難しくないですね。

答えを見てみましょう。

答えは・・・

要領がつかめましたか?

それでは、ここからは上級問題です。

上級といっても、小学生でも解けちゃう子はいますから、パパ・ママもがんばって。

「シャッターチャンス」上級問題

どの写真が撮れる?

急に被写体のキューブの数が増えました!

でも、落ちついてよーく考えると答えが見えてきますよ。

正解を見てみましょう。

答えは・・・

まだまだ余裕。

そんなパパ・ママに、上級問題をもう1問。

こちらもチャレンジしてみください!

どの写真が撮れる?

キューブの形がでこぼこしてきて、全体像をイメージしづらくなってきました。

キューブの数が見えにくいところは、となりの列のキューブの高さと比較して割り出すのがコツ。

答えは・・・

シンクシンク(Think! Think!)の公式ブックが出た!

いかがでしたか。シンクシンクが多くのユーザーに支持されるその魅力が伝わったでしょうか。

思考センス育成公式ブック シンクシンク

著/ワンダーラボ(小学館)

 

シンクシンクはワンダーラボ株式会社が開発した、思考センス育成教材。思考力の土台となるイメージ力(思考センス)を「空間認識」「平面認識」「試行錯誤」「論理」「数的処理」の5分野に分類し、それぞれのカテゴリにフォーカスしています。

その教材アプリの公式ブックとして誕生したのがこちら。384ページ・オールカラーというボリュームで、360問中アプリ未収録のオリジナル問題が80問。

スマホや端末はまだ与えていないというご家庭では、パパママの脳トレにはアプリ、お子さんには書籍でシンクシンクを体験中という方も。すべての教科のもとになる「思考センス」をパズルゲーム感覚で10歳までに鍛えておくことで、その後の学力アップが期待できます。

本の問題をすべて解いた後には、デジタルの超難問を1問追加で挑戦できるおまけ付き。

カンボジアで1,500人規模で実施したシンクシンクの実証実験では、算数・IQの偏差値に大きな効果が確認されました。

HugKumでは、シンクシンクの体験パズルを配信中。シンクシンクのご紹介記事とあわせてチェックしてみてください。

【思考力磨きパズル】「平面認識」は10歳くらいまでに大きく伸びる?
150か国、累計120万人から高い評価を得ている知育アプリ・シンクシンク(Think! Think!)を、今ここでちょっとだけ体験し...
知りたい!Googleが認めた話題の知育アプリ「シンクシンク(Think!Think!)」で育まれる知的ワクワクとは?
1日10分で思考センスが育つ大人気アプリ 思考センス育成教材アプリ「シンクシンク(Think!Think!)」を知っていますか? 空...

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事