【平面認識パズル】「イメージする力」がこれでわかる! ペンキが塗られるタイルはどこ?

シンクシンク(Think! Think!)はワンダーラボ株式会社が開発した、思考センス育成教材。思考力の土台となるイメージ力(思考センス)を「空間認識」「平面認識」「試行錯誤」「論理」「数的処理」の5分野に分類し、それぞれのカテゴリにフォーカスした出題アプリです。

一度体験するとハマるその魅力に、iOS、Androidで子ども向けカテゴリー・ダウンロード数1位を獲得。全世界を対象にしたGoogle  Play  Awardsでも二度も受賞を果たすなど、150ヶ国、累計100万人以上のユーザーに支持されています。

今回はそのシンクシンクの公式ブックから、シンクシンク未体験のHugKumファミリーに体験パズルをご紹介!  「やりはじめたらとまらない!」その魅力について検証してみましょう。

「ローラーペイント」で平面認識力がわかる!

「平面認識」は「空間認識」とともに、10歳くらいまでに大きく伸びる思考能力だと言われています。

まずはパパ・ママの平面認識力を試してみましょう。お子さんといっしょに競い合っても楽しいですよ。

平面認識「ローラーペイント」

さて、それでは初級問題からウォーミングアップ。

ペンキがついたローラーがまっすぐ進むよ。白いタイルはどう塗られるかな?

アタマの中で、ふたつのローラーをコロコロコロ~っと転がしてみましょう。

ペンキはかすれたり、なくなったりしません(笑)。

結果はこうなりますね?

答えは・・・

パズルのルールがわかりましたね。

それでは、確認までにもう1問。

今度はマス目が一列増えますよ。

ペンキを塗るとどうなる?

同様にローラーをコロコロコロ~っと、アタマの中で転がしてください。

このイメージ力が大切なんですね。

答えを見てみましょう。

答えは・・・

「ローラーペイント」上級問題

さあ、ここまでは小手調べでした。

ここからはすこし難しくなりますよ。

ペンキを塗るとどうなる?

ローラーが1本増えましたね。

でも、落ちついて考えればわかるはず。

アタマの中でローラーを動かしながら、選択肢をひとつひとつ検証していきましょう。

答えは・・・

ここまでは正解だったパパ・ママも多かったのでは。

それでは、もうすこし難しくしてみましょう。

ペンキを塗るとどうなる?

マス目がさらに増えましたが、これまでと同じ要領で、アタマの中のローラーを動かしながら、その結果のイメージとひとつひとつの選択肢とを見比べていきましょう。

自分がイメージしたものと目の前のビジュアルを見比べるとき、「思考力をきたえている」という実感がありませんか?

答えは・・・

シンクシンク(Think! Think!)が1冊の本に!

シンクシンクのパズル体験はいかがでしたか。ゲーム感覚で楽しんでいただけたと思います。

このほど、そのシンクシンクが公式ブックとして書籍化され、一冊の本にまとめられました。

思考センス育成公式ブック シンクシンク

著/ワンダーラボ(小学館)

 

「自分の頭で考えてわかる喜び」「考えることが好きになる」をねらいとして、直感的にルールを理解できる問題や、アプリには未収録のオリジナル問題を厳選してまとめました。上で出題したような平面認識や空間認識などで「イメージする力」を育み、思考センスと学力を鍛えます。

初級編から上級編まで出題難度に幅があるので、幼児から大人まで年齢を問わず取り組めますが、子どもにスマホや端末は与えていない、就寝前はデジタル画面を見せたくない、というファミリーには書籍版のシンクシンクがおすすめ。

384ページ・オールカラー・全360問というボリュームには、アプリ未収録のオリジナル問題が80問も収載。本の問題をすべて解いた後には、デジタルの超難問を1問追加で挑戦できるおまけ付きなので、アプリを始めた人もぜひ手に入れたい1冊です。

カンボジアで1,500人規模で実施したシンクシンクの実証実験では、算数・IQの偏差値に大きな効果が確認されました。

HugKumではシンクシンクの体験パズルを配信しています。他のシンクシンク関連のご紹介記事とあわせて、ぜひチェックしてくださいね。

【空間認識パズルに挑戦】シンクシンクがあなたの「思考センス」をテストします!
150か国、累計120万人から高い評価を得ている知育アプリ・シンクシンク(Think! Think!)が大人気です。 iOS、...
「ゲームばかりする子どもにどう対応する?」「すぐ諦めてしまう我が子にガッカリ…」保護者のお悩みに井本陽久&川島 慶が生回答!
カリスマ数学教師「イモニイ」こと井本陽久先生と、大人気アプリ「シンクシンク」の開発者である川島慶さんによる特別対談の様子がオンラインで配信さ...

構成・文/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事