【名づけ】冬生まれの赤ちゃんにはどんな名前がおすすめ?

冬に生まれる予定の赤ちゃんに、季節にちなんだ名前はいかがでしょうか。この記事では、「冬」という漢字を使った名前や冬の季語、冬のイメージの漢字など、冬にちなんだ名前をたくさん紹介します。

 

季節を感じさせる名前は人気の名づけの1ジャンルです。凛としたイメージから可愛らしいものまで、「冬」にちなむおすすめの名前をたくさんピックアップしてみました。

冬生まれのお子さんの名前の選び方

まずは、冬に生まれるお子さんの名前の選び方から解説していきます。

冬のイメージから名付ける

冬のイメージから漢字を選ぶなら、「澄」「清」「透」「凛」など澄んだ空気やきりっとした寒さを連想させる言葉がおすすめです。また、静かな冬の朝のイメージから「静」、雪の白さをあらわす「白」や「銀」などを選んでも良いでしょう。

冬の季語から名付ける

俳句や短歌で用いる冬の季語から漢字を選ぶのも一つの方法です。例えば、「雪」「氷」「椿」「星」「冴」「柚」などが当てはまります。
また、「柊」「松」「豆」など正月やクリスマス、節分などの冬の行事にちなんだ漢字を探してみるのもおすすめです。

暖かさを感じる名前でも◎

寒いイメージの冬ですが、冬の生活では暖を取る場面も多いですよね。冬生まれのお子さんの名前に、あえて暖かさを感じる漢字を選ぶことで、厳しい冬の寒さから守られるイメージを付けることもできますよ。
例えば「温」「暖」「灯」「明」など。見る人の心がほっと暖かくなるような漢字を探してみましょう。

「冬」を使った名前にはどんなものがあるの?

季語やイメージだけでなく「冬」そのものを使った名前も冬生まれのお子さんに使えます。ここからは、「冬」を使った名前をいくつか見ていきましょう。

冬葉(かずは)

冬も瑞々しい緑を保つ常緑樹をイメージさせる名前です。厳しい季節を生き抜く強さと賢さを持ってほしいという願いを名前に込めることができるでしょう。
冬葉は、男女両方に使える中性的な名前でもあります。

千冬(ちふゆ)

「千」はたくさんの数を意味する言葉でもあります。千冬という名前には、千の冬が訪れる=長寿の願いが込められますよ。

美冬(みふゆ)

心身の美しさを願って女の子の名付けによく使われるのが「美」という漢字です。美冬は、人の心を惹きつける冬の風景の凛とした美しさのイメージが込められる名前です。

明冬(あきと)

人によっては暗いイメージを持たれることもある「冬」に、明るさを足した名前が明冬です。寒い季節に明かりをともせるような、暖かい人になってほしいという願いが込められます。

冬一(とういち)

「一」は数字を示すだけでなく、唯一無二、最も優秀などの意味も持っています。名付けでは長男や長女の名前にも好んで用いられる漢字です。お子さんがかけがえのない、大切な存在であるというママパパの思いを込めて。

陽冬(はると)

暖かく、人をほっとさせる冬の陽の光のようなイメージの陽冬。日だまりのような暖かい心を持った人になってほしいという願いが込められる名前です。

まだまだある!冬生まれの女の子の名前おすすめ5選!

ここからは、「冬」以外の漢字を使った冬にちなんだ女の子の名前を紹介していきます。

雪乃(ゆきの)

女の子の止め字に人気の「乃」。しなやかさや、美しさといった意味が込められる漢字です。純白の雪のような清らかな美しさ、たおやかさをお子さんに願う方におすすめです。

沙柚里(さゆり)

砂や水辺といった意味を持つ「沙」は、名前では洗われた砂のような清らかさをイメージして用いられる漢字です。また、「柚」は冬の果実・柚子を連想させ、実りある人生といった意味が込められます。
沙柚里は、冬の季語が入った可愛らしいイメージの名前を探している方におすすめの名前です。

柑那(かんな)

冬が旬の蜜柑を連想させる「柑」もまた、冬にちなんだ名付けに使える漢字です。また、「那」はしなやかな美しさを願って女の子の名前によく用いられます。
実りある豊かな人生を切り開く、しなやかな強さをお子さんに願う方におすすめです。

咲凛(えみり)

きりっとした冬の空気を思わせる「凛」に、花が咲くような華やかな「咲」をプラスした名前です。凛と咲く冬の花のような美しさをお子さんに願う方に。

静華(しずか)

冬の清かで静かなイメージに、美しさや華のある雰囲気を持つ「華」を組み合わせた名前です。「しずか」という読みからも、華やかながら派手すぎず、知性と美しさ、たおやかさを感じられます。

【女の子の名前】2021年版人気ランキング文字数別、珍しさ、響きがいいなど名前一覧&センスのいい付け方も紹介!
子供の名前の流行は? 2021年「女の子の名前」ランキング発表 2021年の女の子の名前ランキングが発表されました。ご紹介するランキングは...

冬生まれの男の子の名前おすすめ4選!

続いて冬生まれの男の子にぴったりな名前も紹介していきます。

雪矢(せつや)

対象にまっすぐ飛ぶ矢は、そのイメージから名前に用いれば正直さ、誓いといった意味を持たせることができる漢字です。
雪矢は、汚れのない雪のような、純真でまっすぐな心を持ってほしいと願うママパパにおすすめの名前です。

柊司(しゅうじ)

トゲのある葉をつける柊(ヒイラギ)は、冬にもつややかな緑の葉を保つ植物です。クリスマスや節分に魔除けとして飾ることでも知られていますね。
柊司は、お子さんに悪いものを寄せ付けず、その身を守ってくれる名前になるでしょう。

ヒイラギ

暖士(あつし)

博士、士業といった言葉があるように、「士」は何かの道を極めることを指す漢字です。暖士という名前には、一つのことを極める賢さや粘り強さと、人柄の暖かさを兼ね備えてほしいという願いが込められます。

泰静(たいせい)

「泰」はゆったりと落ち着いたさまをあらわす漢字です。「静」も同様に、名付けでは冷静さや動じない心といった意味を持ちます。泰静という名前には、何があっても動揺せず冷静に対処できる賢さや芯の強さを願うことができます。

【男の子の名前】2021年版人気ランキング自然にちなんだ名前や漢字一字が人気?響きや珍しさなど、傾向をチェック
子供の名前の流行は?2021年「男の子の名前」ランキング発表 2021年に人気だった男の子の名前はどんな名前だったのでしょうか。妊娠や出産...

名付けのポイント・注意点

最後に、赤ちゃんの名前を考えるときに押さえておきたいポイントや注意点を解説していきます。

名前の響き

名前は字面など見た目だけでなく、響きも重要な要素です。声に出して呼び合うことも多いため、耳で聞いてみて気に入るものかどうかもよく検討してみる必要があります。名字ともつなげて、フルネームの響きに違和感が無いかどうかも確かめてみましょう。

名前の響きだけを聞いたときにネガティブな連想をしてしまうようなら、その読みは避けた方が無難です。同じ漢字でもさまざまな読みがあるので、いくつか候補を出してみて聞き比べてみても良いでしょう。

漢字の意味

漢字の意味や由来も、名付けの際にはよく調べておきましょう。どんな人に育ってほしいのか、どんな人生を願うのか、またお子さんがママパパにとってどんな存在なのかなど、願いや思いが込められる漢字を選ぶことが大切です。

姓名判断

名前の字画からその人の性格や運命を占う姓名判断は、古くから日本でも名付けの際に行われてきました。重視するあまり神経質になる必要はありませんが、例えばいくつかの名前候補で迷った際は、判断材料の一つとして姓名判断をしても良いでしょう。

姓名判断は、手軽なものならWebサイトで簡単に調べられます。より本格的に占いたければ、鑑定を行う神社やお寺に出向いて相談してみるのがおすすめです。

【赤ちゃんの名前】画数にはどんな意味があるの? おすすめの姓名判断本も!
名づけに姓名判断って必要? 赤ちゃんの名前を考えるときは、画数を気にすべきかどうか迷いますよね。名前の画数には吉数や凶数があり、それによっ...

冬の魅力がたくさん詰まった名前にしよう!

冬は、冬だけに咲く花や、冬が旬の果物、冬にしか見られない美しい風景といった魅力がたくさんある季節です。
冬の魅力にあやかった名前をぜひ探してみてはいかがでしょうか。

※ HugKum の記事から「名付け」に関する記事をピックアップしました。参考にしてみてください。記事はこちら

 

文・構成/HugKum編集部

参考:
赤ちゃん命名ガイド1
赤ちゃん命名ガイド2
赤ちゃん命名ガイド3
赤ちゃん命名ガイド4

編集部おすすめ

関連記事