【鯖の保存方法】安全な保存は下処理がポイント! 生のまま・下味つけて・水煮…それぞれの保存法を伝授

栄養価のすぐれた青背の魚・鯖(さば)は、さまざまな料理に用いることもできて重宝な食材。特に脂のたっぷりのった秋鯖・寒鯖のシーズンにはたっぷり摂りたいですね。そこで今回は、鯖をおいしく安全に長持ちさせる保存方法について、冷蔵・冷凍・生のまま・下味付き・調理後…とさまざまな条件で解説します。

鯖の保存方法の導入

脂がのったプリプリの秋鯖が出回る季節!  青魚である鯖は、DHAやEPAが豊富なのが魅力。体内で合成できない必須脂肪酸であるリノール酸も含むため、積極的に摂って欲しい魚です。

ただ、傷みやすい魚なので、すぐに食べない場合は下処理や保存法が重要に。まずは、下処理の方法からチェックしていきましょう。

下処理で鮮度をキープ!鯖の下処理方法

旬の時期は、一尾まるごとを手ごろな値段で購入できます。買ってきたら最初にして欲しいのは、内臓をとること。内臓は傷みやすく、寄生虫であるアニサキスの増殖にもつながります。

ご自身で内臓処理が難しい方は、内臓や骨などの下処理をしてもらうほうがラクチン。スーパーでも魚売り場の方にお願いすれば、自宅のまな板も汚れません。

鯖の保存方法

もし安売りで多めに買って食べ切れない場合は、即保存しましょう。冷蔵と冷凍の正しい保存方法について解説していきますね。

冷蔵庫で保存

切り身で購入した場合でも、パックにいれたままはNGです。ドリップが出やすく傷みやすいので、必ずパックから取り出すこと。

最初にキッチンペーパーで水けをしっかりと拭きます。このタイミングで食べやすい大きさに切り、十字に切り目を入れておくとすぐに使えて便利です。1切れずつラップに包み、保存袋へ入れて冷蔵庫へ保存しましょう。

1)十字に切り込みを入れてラップに1切れずつ包みます。

2)保存袋に入れたら、できるだけ空気を抜き酸化を防ぐこと。

冷凍庫で保存

鯖は冷蔵庫より、冷凍庫で保存するほうが断然おすすめ。鯖の冷凍方法は、下記の記事からご確認ください。

鯖の冷凍方法を解説|冷凍前の下ごしらえはどこまでが正解? 調理後も冷凍できる?
鯖は冷凍で長期保存が可能 “鯖の生き腐れ”という日本のことわざがあるように、鯖は傷みやすいのが特徴。新鮮そうに見えても実際は腐りはじめてい...

下味をつけて保存

鯖の竜田揚げや味噌煮など、下味だけつけて冷凍しておくと便利です。何もない日のお弁当おかずや夕飯などにかなり使えます。こちらも、詳しくは下記記事をチェック!

鯖の冷凍方法を解説|冷凍前の下ごしらえはどこまでが正解? 調理後も冷凍できる?
鯖は冷凍で長期保存が可能 “鯖の生き腐れ”という日本のことわざがあるように、鯖は傷みやすいのが特徴。新鮮そうに見えても実際は腐りはじめてい...

鯖を保存食にしてから保存

長く楽しむために、保存食を作るという手も。1尾まるごと売っていたら試して欲しいのが、「鯖の水煮」。鯖缶ブームでかなり定着してきた水煮ですが、実は自宅でも簡単に作ることができるんです!  缶詰より食感がしっかり残るため、食べ応えのある鯖の水煮が味わえますよ。

鯖の水煮

【材料/作りやすい分量】

鯖(小)…2尾
生姜(皮つきのまま薄切り)…1かけ分
酒、水…各適量
塩…小さじ1

【作り方】

1)鯖は内臓をとって筒切りにする(魚屋さんにお願いしてしまうのがラク)。

2)塩少々(分量外)をふってしばらく置き、水分が出てきたらキッチンペーパーなどで拭きとる。

3)圧力鍋に(2)の鯖を入れる。鯖が浸る程度に同量の酒と水を注ぎ、生姜、塩を加える。圧力鍋の強に設定し、約20分ほど加熱したら火を止め、圧が下がるまで放置しておけば完成!

ほんのり塩味のきいた鯖の水煮は、大根おろしも合います。他にカレーの具はもちろん、チーズやマヨネーズをかけてグリルなどで焼くのも◎。パラリと七味をふれば、パパのお酒の肴にピッタリです。

鯖の保存期間

それぞれの保存期間を確認していきましょう。

冷蔵庫で保存した場合

冷蔵庫での保存は、1~2日が限度です。ドリップが出てきたらマメにキッチンペーパーで拭いて保存しましょう。

冷凍庫で保存した場合

生の鯖を冷凍庫で保存した場合で、約2週間が目安です。

下味をつけて保存した場合

調味料で下味をつけてから冷蔵した場合で、3~4日ほど。
※味が薄まるので、なるべく早めに調理すること。

冷凍保存した場合で、2~3週間ほど。
※冷凍焼けする前に早めに食べ切りましょう。

鯖を保存食にしてから保存した場合

鯖の水煮は、冷蔵庫で保存した場合では4~5日保存が可能。
水煮を冷凍用保存袋に入れて、冷凍保存すれば、2~3週間は保存できます。

*  *  *

撮影・文/川越光笑(たべごとライター・栄養士)

ひき肉の消費期限はどれくらい? 鮮度を保つ保存方法とは
気になるひき肉の消費期限 ひき肉は、ハンバーグや炒め物などの幅広いメニューに利用できます。便利なひき肉ですが、消費期限は普通の肉に比べて短...
アンチョビの正しい保存方法|使いきりレシピや人気の商品もご紹介!
アンチョビとは アンチョビはカタクチイワシを塩蔵(えんぞう)油漬けにしたものです。塩蔵とは、濃度の高い塩の作用によって微生物の繁殖を抑え、...

長期保存も◎鯖の缶詰のおすすめ商品

ここからは、ちょっと趣向を変えて、そもそも長期保存用に市販されている「サバ缶」のおすすめをご紹介します。分量やセット売りの単位なども見比べながら、使い勝手のよいものを常備しておくと、何かと便利なアイテムです。

伊藤食品 美味しい鯖(さば) 缶詰3種 各4個セット

サヴァ缶 国産さばのアソート 10缶セット

キョクヨー さば水煮

TOMINAGA SABA オリーブオイル漬け ガーリック 缶詰

缶詰のレシピ14選|ホタテ貝柱、焼き鳥、ズワイガニ、サバ水煮の缶詰をアレンジしたおつまみ、パスタなど
栄養豊富・下処理いらず・低価格の缶詰は忙しいママの味方!ホタテ貝柱、焼き鳥、ズワイガニ、サバ水煮缶使用の、おかず、おつまみ、パスタなどを、幼...

鯖のおすすめレシピ 11選

次ページからは、鯖を使ったおすすめレシピをHugKum編集部がセレクトしました。献立に迷ったときにチェックしてみてくださいね。

編集部おすすめ

関連記事