「折檻」って読める? 本来の意味に学ぶ、𠮟り方の極意【パパママの国語】

意味を知っているつもりでも、なぜその字を用い、どうしてそんな意味になったのか、意外と知らない言葉は多いものです。今回とりあげるのは「折檻」。読み方・意味・故事を確認し、人を叱ることの本質について探ってみましょう。

「折檻」の読み方は?

さて、まずは読み方クイズです。上の言葉、正しく読んだものは以下のどれでしょう。

1)せつらん
2)しゃくらん
3)せっかん
4)しゃっかん

正解は
3)せっかん

「折檻」の意味

「折檻」はせっかんと読み、意味は以下のとおり。

過ちをきびしく指摘することのたとえ。転じて、責めさいなむことや、叱って体罰を加えることのたとえ。

『小学館 故事成語を知る辞典』

 

「せっかん」という言葉は、昨今では子どもへの虐待などを伝えるニュースの中で聞かれる言葉です。

でもこの「折檻」、使われている字を見ると「檻(手すり)を折る」となっていますね。「檻」はもともと罪人や動物を入れるおりや板囲いを意味する字。叱ったり体罰を与えることをなぜ「折檻」というのでしょうか。

「折檻」の由来

由来は紀元前一世紀の後半、前漢の時代。「漢書―朱雲伝(しゅうんでん)」にその逸話が記されています。

成帝(前漢の帝)が一人の大臣ばかりを重用して、その不公平な人事の弊害で朝廷は乱れていました。それを憂いて、別の臣下・朱雲(しゅうん)が帝に諫言しました。「帝に媚びてばかりの大臣を切り捨てるべきです」と。
すると成帝は怒って、朱雲を引っ立てて死刑にせよと命じました。すると朱雲は「自分の命よりも、王朝の未来が心配なんです」と叫んで宮殿の手すりにしがみつき、手すりが折れてしまったのです。

結局、他の大臣のとりなしによって朱雲は許され、成帝も折れた手すりを手元に保存することで、命をも顧みず帝を諫めてくれた臣下への感謝を胸に刻んだとのことです。

宮殿の手すりが折れるほどの大騒乱とは、いかばかり…

「折檻」は法律違反?

この逸話が物語るのは、相手の非を責めるにしても、心から相手のことを思う気持ちが大切ということです。

今では「折檻」は、「過ちをきびしく指摘する」という意味から「責めさいなむ」「体罰を加える」という意味に転じていますが、もともとは相手に肉体的な苦痛を与えることではなく、自分の身を危険にさらしてまでも、相手を正しい道に導こうとする正義感から起こった故事が由来でした。

そして、たとえ相手を思う気持ちがあったとしても、2020年4月からの児童福祉法改正で、体罰は家庭の中でも禁止されています。つまり体罰を伴う折檻は法律違反になります。

子どもへの体罰は、たとえ親であっても法律で禁止されています。

 

子どもを叱る際には、それがオリジナルの故事の折檻にあたる気持ちからなのか、転じて「懲戒としての暴力」になっていないか、ひと呼吸おいて見極める必要がありそうです。

参考:
児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律の公布について
「体罰等によらない子育てのために|厚生労働省

*  *  *

HugKumでは、ほかにも語源や由来に意外な事実が秘められたことわざをご紹介しています。この機会に下記記事についてもチェックしてみてください。

「他山の石」を正しく理解している人はたったの3割!【今さらきけない国語の常識】
「他山の石」ってどういう意味? さっそくですが、「他山の石」の意味を確認しましょう。正しい意味は以下のどれでしょうか。 1)...
「運命の赤い糸」の正体は…? 由来と故事をひもといてみた
もともとは「糸」じゃなくて「縄」 生涯のパートナーとなる人とは、出会う前から「赤い糸」で結ばれているという言い伝えがありますが、この赤い糸...
「窮鼠、猫を噛む」は間違い? 噛んだ相手は猫じゃなく○○だった…!【びっくり故事成語】
「窮鼠、猫を噛む」の意味 まずは「窮鼠(きゅうそ)、猫を噛(か)む」の意味について確認しておきましょう。 弱い者でも、追いつめられると、...

構成/HugKum編集部
協力/小学館  辞書編集部
イラスト/もとき理川

小学館 故事成語を知る辞典

編/円満字二郎 定価/1900円+税

◆日常語の由来がわかる!
「圧巻」「完璧」「杞憂」「登竜門」……日常的なことばにも奥深い語源があります。中国の故事由来から西洋・日本に起源を持つことばまで、870語を収録。

◆編者推しの詳細解説やコラムも
編者が特に知ってもらいたい100項目については1ページ大のスペースで解説、「夫婦と結婚にまつわる故事成語」「酔っ払いたちの故事成語」など、さまざまなテーマのコラムも収載。

◆役立つ巻末資料
故事成語の「出典解説」と、「愛」「人生」などのキーワードから検索できる「分類索引」も。

編集部おすすめ

関連記事