バターの保存は常温保存が新常識! 気になる保存容器と冷蔵時の注意点も

乳脂肪の滋味豊かなコクと香り、芳醇な香ばしさを与えてくれるバターは、食卓になくてはならない食材です。ですが、柔らかいパンにすんなりとは塗りづらく、また乳製品ですからその扱いには注意が必要です。柔らかいままで新鮮さを保つ方法はないのでしょうか。
バターの保存方法についてご紹介します。

バターの特徴

基本的なバターについての知識と、保存期間についてご紹介します。

温度で固さが変化する

乳脂肪であるバターは、温度によって固さが変化する食品です。室温に15分ほどおいておくと塗りやすくなる、というのは、この特性があるためです。

固いバター:5℃前後まで

一般的な冷蔵庫の平均温度は5℃前後です。この温度で保存しているバターは固く、包丁で切る際もゆっくりとしかできません。柔らかい食パンには塗りづらいものです。

一方で、さらに低温に冷やして冷凍することもでき、劣化せずに長期間の保存ができます。必要な量だけを解凍しながら使っていく方法は、プロの料理家がよく使う保存方法です。

室温のバター:15℃前後

お菓子作りの時などには「室温に戻したバター」を準備することがあります。温度が上がると柔らかくなる脂の性質から、材料と混ざりやすくなるのがこの温度です。

これなら固めのクリーム状なので、バターナイフで食パンに塗ることもできます。

溶かしバター:30℃前後

熱したフライパンにバターを入れると、端から液状に溶け、炒めものの油として使うことができます。この温度では豊かなコクと香りが立ち上り、味わいを深く楽しむことができます。

ただし、一度液状になったバターをもとのように戻すことはできません。

空気にふれると劣化する

長時間空気にさらされたバターは、脂肪分が酸化して嫌な臭いへと変わります。味、色の劣化もあります。

開封した後は、バターの切り口をラップで包み、空気から遮断することで変質から守られます。

開封後の保存期間は、冷蔵で1か月

未開封のバターなら賞味期限は1年ほどあります。ですが、一度開封してしまうと風味が保てるのは2週間程度で、1か月程度で期限がきます。空気にふれたところから酸化が進みます。

常温で保存ができる

バターをマーガリンのような柔らかさでパンに塗れたら、と多くの人が思っていることでしょう。バターは柔らかいまま保存することはできないのでしょうか。

常温保存のメリット

バターを常温保存すると、柔らかいままで常備ができます。朝の忙しい時間に、スムーズにトーストが食べられます。冷凍庫に保存していたバターを室温に戻したり、溶かしたりする必要もありません。お菓子やパンを作る際には手間がいらず、思い立ったらすぐに作り始めることができますよ。

ホテルでの朝食のような、バターの柔らかさ♪

常温保存ができる容器

19世紀のフランスではすでに普及していた保存容器で、1995年にアメリカでこのバターケースを販売する会社が創業されました。

「バターベル」と呼ばれるこの商品がヒットしたことから、今では数多く売り出されています。この容器を使えばバターの常温保存ができますよ。

 ・バターキーパー バターベルA Yi Wanle

容器は2重構造です。内側の容器に隙間なくバターを詰めて、外側には水を入れて収納します。こうするとバターが空気にさらされないため、酸化による劣化がありません。バターの表面が水に接しますが、乳脂肪が水をはじくため溶けたり薄まったりすることもありません。

常温保存の気になる保存期間

先程説明したとおり、バターは温度で形を変える繊細な食品です。しかも原料は牛乳です。常温保存で腐ってしまうことはないのでしょうか。

200gのバターを作るために必要な牛乳の量は4.4リットルです。そこから水分を取り除き、残った乳脂肪だけを固めて練った食品がバターです。ほとんどの水分が残されていません。脂肪というのは食用油と同じで、劣化は酸化によって進みます。つまり、しっかりと空気から遮断される仕組みがあれば品質は保たれ、常温で1か月の保存が可能になるのだそうです。

常温保存での2つの注意点

過酷な日本の夏に、常温のバターは溶けて液状になる恐れがあります。ベル状の容器の中から丸ごと落ちることもあるそうなので、夏場だけは冷蔵保存に切り替えることも考えてください。

また、容器内に新鮮な水を保つことも怠ってはいけません。2〜3日に1回は水を新しいものに替え、バターの鮮度を保つ心がけを忘れないでください。

手軽な冷蔵保存

馴染みの薄い常温保存でなくても、冷蔵で保存する方法は一般的です。

2週間で使える量を目安に

人数が少ないご家庭では、少量で冷蔵保存しても良いです。

 

2週間で使い切れる分を目安に切り分けてバターケースに入れて冷蔵保存してください。いつも新鮮なバターを食べることができます。また、冷蔵庫内で他の食品から移る臭いにも気をつけてください。

切り分けた残りの分は冷凍保存をすれば長持ちします。

▼関連記事はこちら

バターは冷凍保存が便利! カットしても風味を損なわない方法や、アレンジバターレシピ
バターは冷凍できる! バターは牛乳に含まれる乳脂肪分を集めたもので、豊かな味わいと風味で料理を引き立ててくれます。空気中の酸素による成分の...

冷蔵での保存期間

開封前のバターは冷蔵保存で1年間です。開封してしまうと、1か月ほどと、途端に短くなります。

おすすめのバターケース

カットできちゃうバターケース ニトリ

話題のバターケースがこちらです。ケース内蔵の針金にバターを押し付けることで、5gずつカットができる優れものです。1枚のトーストに塗りやすいサイズで、さらに計量がしやすいため、人気を集めています。

 液体とニオイが漏れないバルブ付き密閉ホーロー保存容器 小 無印良品

無印良品にはバター専用のケースがありません。ホーローの容器に密閉できる蓋がつくこの商品を、バターケースとして使う方が多いようです。シンプルで整頓がしやすい容器です。

生活に合うのは常温? 冷蔵?

あまり普及していなかったバター常温保存用の容器ですが、使ってみるのはいかがでしょうか。また一般的な冷蔵保存もできますが、どちらにせよ繊細な食品であるバターのおいしさを保つためには、少々気を遣う点がありますね。早めに使い切れて生活に合うスタイルをヒントに、保存方法を考えてみてください。

あなたにはこちらもおすすめ

バター好きは必見! ワンランク上の絶品バター、特別な日のアレンジバターなど10選
クリーミーで香り高いバター。シンプルにパンに塗るだけでなく、料理にコクや香りを加える優秀な調味料でもあり、もちろんお菓子作りにも欠か...
バターを使ったレシピ21選|子どもも喜ぶバターライス♪バター炒め、じゃがバタなどのおかず、無塩バターを使ったお菓子のレシピ
コク深く美味しいバター使用の、バター醬油味、じゃがバターアレンジ、バターライス、バター炒め、無塩バター使用などのレシピを幼児誌『ベビーブック...

構成・文・写真(一部を除く)/もぱ(京都メディアライン)

編集部おすすめ

関連記事