赤ちゃんにゼリーはいつから? 与えるときの注意点や赤ちゃん用市販ゼリーのおすすめ

誤飲や食物アレルギーなど、赤ちゃんにあげるには「危険」なイメージがあるゼリー。本記事では、赤ちゃんにゼリーを与えられる時期や、安心に与えるための注意点をお伝えの上、おすすめの市販ゼリーをご紹介します。

赤ちゃんにゼリーはいつからあげていい?

ゼリーは赤ちゃんに食べさせやすそうなイメージがある一方で、誤飲やアレルギーの危険性があります。赤ちゃんにはいつ頃から与えても良いものなのか、まずはその時期を把握しておきましょう。

市販のゼリーは1才半〜2才頃から

ゼリーの原材料には、主に動物由来のゼラチンと、海藻由来の寒天の2種類があります。この2種類のうち、ゼラチンは赤ちゃんのアレルギー反応を引き起こしやすいと言われます。

そのため、赤ちゃんに市販のゼリーを食べさせるのは、基本的に離乳食が終わる1才半〜2才くらいを目安にするのが無難です。

また、中には「こんにゃく入り」のゼリーがありますが、このようなタイプを赤ちゃんや幼い子どもが食べると、のどに詰まらせてしまうおそれがあります。こんにゃく入りのものは、3才以上〜十分に細かく切って与えましょう。

※こんにゃく入りのゼリーのパッケージには、警告マークがついているので、ゼリーを購入するときや赤ちゃんに与える前には、この警告マークや注意書きがないかしっかりチェックしましょう。

離乳食の手作りゼリーは原料により離乳食後期から

ゼラチンを原料にしたゼリーはアレルギーを引き起こす可能性がありますが、基本的に「寒天はアレルギーを引き起こす心配がない」と考えられています。そのため、手作りゼリーは寒天で作るのであれば、離乳食後期から食べさせてもOKとされています。

ただし、ゼリーが気道に入りこんでしまい喉を詰まらせることのないように、硬くしすぎず細かくして食べさせてあげましょう。

また、水溶き片栗粉でとろみをつけたゼリー風のデザートであれば、離乳食初期に食べさせても問題ありません。手作りの離乳食ゼリーの作り方は以下の記事でもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

離乳食のゼリーはいつから?ゼラチン・寒天・片栗粉での作り方や注意点、おすすめレシピ
こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。あっさりとして、口触りがよく、大人も子どもも食べやすいデザートのひとつ。わが家では、子どもが...

赤ちゃん用ゼリーの選び方

そんなゼリーですが、市販の赤ちゃん用のゼリーはどのように選べば良いのでしょうか。購入時にチェックしておきたいポイントをまとめてみました。

月齢をチェック!

赤ちゃん用のゼリーは、パッケージに対象月齢が記載されています。購入時は月齢をチェックしましょう。

原材料をチェック!

前章でも繰り返してきたとおり、原材料にゼラチンを含むものはアレルギー反応を引き起こす可能性があります。なるべくゼラチン原材料のものを避け、寒天を使用したものを選ぶようにしましょう。

タイプで選ぶ

赤ちゃん用ゼリーには、スプーンですくって与えるカップタイプと、直接吸い口からチュウチュウと飲めるパウチタイプの2種類があります。

パウチタイプは基本的に1才以上〜が対象(もちろん、パウチタイプはお皿などに出してスプーンで食べさせてあげてもOK)。お子さんの月齢や食べやすさを考慮して選びましょう。

ゼリーをあげるときの注意点

また、市販・手作りに関わらず、ゼリーをあげる際はいくつかの注意が必要不可欠。以下に、ポイントごとにまとめてみました。

食べる量に注意

つるつるとした食感のゼリーは、一度にたくさんの量を与えると、喉につまらせてしまうおそれがあります。スプーンで食べさせるタイプの場合は、一度にすくう量を控えめにしましょう。

食べることに集中して、よく噛むように促す

誤嚥を防ぐためには、食べることに集中させることも大切。遊んだりふざけたりしながらゼリーを食べることは、誤嚥の原因になり得ます。集中してよく噛んで食べるように促しましょう。

飲み込むまで大人が必ず見守る

子どもにどんなに注意を促しても、思わぬことが起こる場合も。ゼリーを与える際は、すべて飲み込むまで必ず大人がそばで見守るようにしましょう。

赤ちゃん用 市販ゼリーのおすすめ

ここからは、具体的な人気商品を見ていきましょう。赤ちゃん向けの市販ゼリーのおすすめは以下の通りです。

森永 フルーツでおいしいやさいジュレ 黄色の野菜とくだもの

森永 フルーツでおいしいやさいジュレ 黄色の野菜とくだもの

赤ちゃんゼリーの定番商品といえば、森永の『フルーツでおいしいやさいジュレ』。8種類の野菜と果物の味わいと栄養素がぎゅっと詰まった商品です。手に持って食べやすいストロー付きパウチ容器で、子どもの「自分で食べたい・飲みたい」を支えてくれます。

森永 果実とミネラルのうるジュレ PINK

PINK (ライチ・さくらんぼ・レモン) 果実とミネラルの水分補給ジュレ

おなじく森永の、香り豊かなライチフレーバーのジュレ。ほんのり甘くまろやかな味わいで、やさしく水分補給ができます。こちらもストロー付きパウチ容器なので、お子さんが手に取ってチュウチュウと直接飲むことが可能。もちろん、お皿に出してスプーンであげても◎

キューピー ベビーデザート ももとりんごのフルーツジュレ

キューピー ベビー デザート ももとりんごのフルーツジュレ

ももとりんごの果肉と果汁を使用した、フルーティーでやさしい甘さのジュレ。フルーツ本来の「色」「香り」をいかした自然な味わいが特徴です。「ぷる」っとしていて、「ぴた」っとスプーンにのりやすいやわらかさもうれしいポイント。お出かけにも便利なカップの容器入りです。

グリコ こどもスムージー りんごとぶどう

グリコ 幼児のみもの こどもスムージー りんごとぶどう

フルーツピュレを贅沢に使った子ども向けのスムージー。正確にはゼリーではありませんが、ジュレ系を食べさせてみたい、けれどまだ不安な場合の「はじめの一歩」としておすすめの商品です。自然の甘みと酸味、そしてつぶつぶの食感を楽しむことができます。お子さんのこばら満たしにもぴったり。

アサヒ はじめてのカルピスジュレ6袋入り

アサヒ はじめてのカルピスジュレ6袋入り

アサヒのカルピスジュレも1才〜のお子さんにおすすめの商品。カルピス特有のすっきりとした風味と、やさしい甘さを楽しめます。カルシウムと乳酸菌入りで、足りない栄養の補給にも役立ってくれます。

ゼリーは正しく与えれば、食べやすく美味しいおやつに!

ここまでお伝えしてきたとおり、ゼリーを赤ちゃんにあげる際は十分な注意が必要です。けれども、お子さんの発達段階を考慮しつつ正しく与えれば、食べやすく、水分補給・栄養補給に役立つおやつとして活用できます。今回お伝えしてきたポイントに注意しつつ、安全にゼリーを与えてあげましょう。

あなたにはこちらもおすすめ

寒天ゼリーの人気レシピ11選|フルーツや野菜たっぷり!子どもにも大人気の寒天ゼリーのレシピまとめ
暑い季節にうれしいひんやり冷たい寒天ゼリー。幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたなかから人気レシピを厳選しました。フルーツ...
離乳食にメロンはいつからOK?まずは果汁から!おすすめアレンジレシピも紹介
離乳食のメロンはいつから? 赤ちゃんがメロンを食べられるようになるのは、離乳食初期(5~6カ月ごろ)からです。離乳食の最初は、まず...

構成・文/羽吹理美

編集部おすすめ

関連記事