ドーナツの冷凍「アイスドーナツ」が美味! ミスドの冷凍推奨商品と、作り置きドーナツのレシピを紹介

ミスタードーナツ、スターバックスや街のパン屋さんなど、おいしいドーナツはどこでも手軽に手に入ります。なるべく早く冷凍保存をすることで、2週間の保存ができますから、まとめ買いも安心。その他、ドーナツの冷凍は、新しい食べ方ができるってご存じでしょうか?

ドーナツは、冷凍できる

ドーナツは高温での加熱により、含まれる水分が少ないため、冷凍や解凍によって味が落ちにくい食品のひとつに挙げられます。市販・手作りに関わらず、また、チョコレートやクリームのトッピングがあっても冷凍することができますよ。

ドーナツの冷凍方法

簡単にできるドーナツの冷凍方法をご紹介します。

【1】なるべく空気に触れないよう、ドーナツをひとつずつラップに包んでください。

【2】その後、フリーザーバックに入れて空気を抜き、封をしてください。冷凍庫で保存します。

解凍方法

【1】冷凍庫から出したドーナツのラップをはがし、お皿に置いて30分程度で食べることができます。

【2】または、冷凍庫から冷蔵庫に移し、2時間程で食べ頃です。

解凍後の温め方

自然解凍した後は、ほんの少し温めるとよりおいしく食べられます。

【1】自然解凍したドーナツを、電子レンジ600wで10秒ほど温めます。トースタ−なら2分ほどです。

コーヒーとドーナツ、ホッと一息。

注意は保存期間

ドーナツに使われる油は酸化すると食あたりの原因になるため、冷凍で保存しても長期間の保存は避けます。冷凍と解凍はできても、1か月を超えるような長期保存にはむいていないのです。

作ったらなるべく早く冷凍保存をし、2週間程度のうちに食べきることが大切です。

凍らせるとおいしいドーナツ

冷凍保存ができるドーナツ。さらに、冷たいまま食べる方法も、おいしいんですよ。

ミスドの冷凍推奨ドーナツ

ドーナツの人気店、ミスタードーナツ公式の、「凍らせてもおいしいドーナツ」をご存じでしょうか。2016年夏、公式発表された「凍らせ推奨ドーナツ」のラインナップより、現在も発売されているものがこちらです。

・エンゼルフレンチ
・エンゼルクリーム
・チョコファッション

生地やクリーム、チョコレートの食感が冷凍によってさらにおいしさを増すことから、推奨されているそうですよ。実際に冷凍してみました。

冷凍方法

購入後、ご自宅でラップに包み、冷凍庫で3時間以上冷凍します。

ひとつずつラップに包み、冷凍します。

食べてみた感想は

冷凍後は、冷凍庫から出してすぐに食べるか、常温で10分程度の半解凍で冷たいままいただきます。

冷凍庫から出してすぐに、包丁で切ることができます。

「エンゼルフレンチ」の生地を凍らせると、まるでシューアイスに似たバニラの香りを感じます。生地の厚みから、シューよりも食べごたえは抜群。

また、クリームが入った「エンゼルクリーム」は、ヒンヤリとしたクリームと、凍ったチョコのパリパリ感が追加され、3種類の食感がお口の中で入り混じります。まさに、新食感。

生地の表面が、ザクッとします。

一方の「チョコファッション」は、冷凍といっても氷の冷たさではありません。ヒンヤリと冷えた生地の端がザクザクになり、薄がけのチョコがパリパリ割れるので、冷凍ならではの食感を感じました。凍らせる前よりも全体の食感がハードになります。ほろ苦さが引き立つので、甘さを苦手に感じる人の好みにシフトしている印象。大人の味にハマる人、続出の予感!?

保存期間

凍らせたドーナツは、購入日の翌日中に食べるように薦められています。長期間の保存を目的にした、冷凍方法ではないようです。

手作りドーナツを冷凍したい

ここからは、手作りのドーナツを保存する冷凍活用術をご紹介します。後半にある、ドーナツのレシピも合わせてご参考にしてください。

ドーナツは生地での冷凍がおすすめ

ドーナツの保存時には、油の酸化に気をつけなくてはいけませんが、生地のまま冷凍するならその心配がありません。仕上がりもサクサクです。

生地の冷凍

【1】ドーナツ生地をまとめてラップで包みます。箸などで切れ目を入れておくと、小分けのまま取り出せます。

【2】フリーザーバックに入れて、空気を抜き、封をします。できるだけ密閉するように心がけてください。冷凍庫で保存します。

解凍方法

完全に解凍すると、ドーナツ型に成形をして作ることができます。半解凍で進めると、丸形や棒状になります。場面によって使い分けてください。

生地の完全解凍

冷蔵庫に移して、一晩おいて自然解凍することができます。その後、通常の工程で調理をすすめます。

半解凍で調理

冷凍した形のまま、解凍せずに揚げることもできます。仕上がりは、真ん中に穴が開いていない形です。

【1】冷凍した生地を常温に置き、5分〜10分程度で表面が柔らかくなり、成形ができます。丸形や、棒型に整えてください。中心部分は凍ったままの半解凍で次に進みます。

【2】多めの油を160℃〜170℃に用意して揚げます。

保存期間

2週間から1か月をめどに、お召し上がりください。

ドーナツのレシピ:チョコドーナツ

Hugkumのサイト内より、人気料理家によるドーナツのレシピをご紹介します。ミックス粉を使い、手軽に作ることができます。

◆材料

(直径7cmのドーナツ5個分)
【A】
ホットケーキミックス 160g
ココアパウダー 15g

卵 1個
砂糖 大さじ1
牛乳 40ml
チョコレート(ブラック、ホワイト) 各50g

◆作り方

【1】ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖、牛乳の順に入れて、その都度、泡立て器で混ぜる。

【2】別のボウルに【A】をふるいにかけながら入れる。中央をこぶしでくぼませて【1】を入れ、ゴムべらで中心から粉を崩しながらゆっくりと混ぜる。

【3】粉っぽさが消えたらラップに包み、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

【4】【3】のラップを外して打ち粉(分量外のホットケーキミックス)を広げた台におき、めん棒で1cmの厚さに伸ばす。直径7cmのドーナツ型で抜く(型がない場合は大小のコップなどを組み合わせて使用)。残った生地を再度伸ばして抜く。

【5】【4】を160~170℃の油(分量外)で片面1~2分、裏返して2分ほど揚げ、油を切って冷ます。

【6】チョコレートを湯煎にかけて溶かし、【5】にスプーンなどで線描きして乾かす。【5】を4等分に切ってピックで刺し、溶かしたチョコレートにつけてもよい。

教えてくれたのは


下迫綾美さん

お菓子研究家。人気の洋菓子店で7年間修業を積み、2008年に独立。2010年より、少人数制のお菓子教室『Thinglike』を主宰。おいしさはもちろん、かわいくて夢のあるデコレーションにも定評あり。

『めばえ』2016年11月号

冷凍ドーナツをお取り寄せ

通販なら冷凍ドーナツを買うこともできます。なんと、生地を取り寄せることもできるんですよ。

お好きなドーナツを10個選べるセット MISAKI DONUTS

多くの種類の中から、お好きなドーナツを選べる楽しい通販があります。人気NO.1は「レモンクリームチーズ」。アールグレイや、クッキー&クリームなど、ワクワクする組み合わせが揃っています。

【HIGUMA Doughnuts】冷凍ドーナツ 9個入り

こちらは揚げる前の生地が冷凍で届くタイプです。最後の工程をお家で仕上げるので、揚げたてを食べることができます。

子育てにつかえるドーナツの冷凍術

ドーナツは案外、手作りも簡単です。生地にアレンジを加えるのも、焼きドーナツにするのも、自由自在。お子さんのおやつはもちろん、身近な方へのプレゼントにしても、喜ばれますよ。

たくさん作れるように、日頃から保存しておけば、役に立つ場面は多いことでしょう。市販のドーナツでも、食感が落ちずに保存ができるので、ぜひ上手に冷凍保存術を活用してください。

あなたにはこちらもおすすめ

蒸しパンの冷凍保存 活用術。「チーズ蒸しケーキ」を凍らせて食べる人も急増中
ロングセラー、チーズ蒸しパンの冷凍 いわずと知れたロングセラー、山崎製パンの「北海道チーズ蒸しケーキ」を、冷凍してから食べる方法が、注目を...
「五円玉の穴の意味って?」「地球上でいちばん深い穴は?」「ドーナツの穴を売ってはいけない法律?」穴トリビアで雑談力をUP!
五円玉の穴は何を表しているの? どうして穴が空いているの? 日本の硬貨でいうところの、5円玉や50円玉のような穴の空いた硬貨。 この穴っ...

構成・文・写真(一部を除く)/もぱ(京都メディアライン)

編集部おすすめ

関連記事