果物の絵本おすすめ11選|名作『くだもの』など0~6歳向けの人気定番をプロが厳選!

JPIC読書アドバイザーの児玉ひろ美さんと編集部が、子どもにも読ませたいくだものの絵本を厳選!小学館の児童誌掲載の人気コラムなどからピックアップしました!

果物の絵本おすすめ|読書アドバイザーが教える!

果物をテーマにしたたくさんの絵本の中から、読書アドバイザーの児玉ひろみ先生おすすめの絵本をご紹介します!

【1】『くだもの』

平山和子/作 福音館書店

◆こんな本

赤ちゃんのおはなし会は、読み聞かせというより、一緒に絵本をシェアする、という感じです。くし形に切ったスイカが描かれているページでは、9か月くらいで指で種をほじるしぐさをし、りんごが描かれたページでは、フォークに刺さったりんごの絵に、手を伸ばします。緑と紫の美しいぶどうがお皿に盛られたページになると、1歳半くらいで、緑のぶどうの粒をつまむしぐさをします。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『新幼児と保育』2016年4・5月号

【2】『はらぺこあおむし』

エリック・カール/作 もりひさし/訳 偕成社

◆こんな本

少し読み聞かせに慣れてきたころ、言葉や遊びの延長としての絵本から、お話を楽しむ絵本への移行にぴったり。食べ物の名前が連なるところは、指さしをしながら読むとよいでしょう。

◆対象年齢

2歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

【3】『ゆうれいとすいか』

くろだ かおる/作 ひかりのくに

◆こんな本

小さい人でも楽しめる、怖いけれど怖くない(?)楽しい絵本です。行事や季節のおはなし会にぜひ読んでほしい1冊です。

◆対象年齢

3歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

0歳におすすめ!果物の絵本

シンプルに繰り返す言葉を聞かせてあげたい赤ちゃんには、この本がぴったり!

【1】『りんご りんご りんご りんご りんご りんご』

安西水丸/著

◆おすすめポイント

2005年の出版以来、人気の1冊。赤いりんごと緑の大地。絵のシンプルさが言葉を生かします。「りんご りんご りんご…」は、シンプルに読むほうが音そのものを楽しめます。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2018年冬号

4歳におすすめ!果物の絵本

自然や科学にも興味を抱く4歳には、「なぜ?どうして?」を引き出す絵本をピックアップ!

【1】『みかんのひみつ』

岩間史朗/作 ひさかたチャイルド

◆おすすめポイント

身近な果物ミカンの写真絵本。ページを繰るごとに、子どもたちの体が好奇心で前のめりになってきます。

◆対象年齢

4歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

5歳におすすめ!果物の絵本

理解力も想像力も豊かになり、よりストーリー性のお話が追えるようになる5歳児さんにセレクトしました。

【1】『とらとほしがき』

パク・ジェヒョン/作 光村教育図書

◆こんな本

韓国の昔話ですが日本の『ふるやのもり』に似ています。韓国ではトラが身近な生き物だったと解ります。

◆対象年齢

5歳~

『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』

教えてくれたのは


児玉ひろ美さんさん

JPIC読書アドバイザー 台東区立中央図書館非常勤司書。日本全国を飛び回って、絵本や読み聞かせのすばらしさと上手な読み聞かせのアドバイスを、保育者はじめ親子に広めている。鎌倉女子大学短期大学部非常勤講師など、幅広く活躍。近著に『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)。

編集部おすすめの果物の絵本

編集部がおすすめする果物の絵本は、名作といわれる人気絵本や人気シリーズからピックアップしました! どれも絵のタッチや登場する果物にキャラクターがあったりと、愛される理由に思わず納得するものばかりです。

【1】『くだものさん』

tupera tupera/作 学研プラス

◆こんな本

りんごやみかんなど、子どもの大好きなくだものがユーモアたっぷりに描かれています。ダイナミックで楽しいしかけが隠されているので、ページをめくるのが楽しくなる1冊。

amazonで買う >>

【2】『くだものだもの』

石津ちひろ/文 山村浩二/絵 福音館書店

◆こんな本

「かいすいよくにはいかないスイカ」など、小さな子どもも口ずさめるリズミカルな言葉遊びがたくさん出てきます。くだものを食べるときにも、思わず思い出してこのフレーズを言ってしまいそうになる、親子で一緒に楽しめる名作です。

【3】『くだものあーん』

ふくざわゆみこ/作・絵 ひかりのくに

◆こんな本

そのままの形のくだものが、切るとどうなる? そしてそのくだものを使ったおやつもたくさん登場します!「どれが食べたいかな?」と親子で選びながら読むのも盛り上がって楽しいですね。

【4】『くだものなんだ』

きうち かつ/作・絵 福音館書店

◆こんな本

人気絵本「やさいのおなか」「やさいのせなか」シリーズの1冊。くだものの断面や枝の部分、種などがクローズアップされて、「これな〜んだ?」と問いかけてくるのですが、カンタンなようでなかなか難しい問題も! 食卓でいろいろなくだものが話題に上るきっかけになりそうですね。

◆対象年齢

2歳

いちごの絵本おすすめ

【1】『いちご』

平山和子/作 福音館書店

◆こんな本

いちごが好きという子どもは多いですね。雪に埋もれたいちごの苗が、少しずつ暖かさを感じて白い花を咲かせて、小さな緑の実がなって…真っ赤に色づいた美味しいいちごになるまでの成長が、丁寧に描かれています。思わずつまんで食べたくなるような絵は本物そっくり!

編集部おすすめ

関連記事