ハロウィンはおうちの廃材でライト&バックを作ってみよう!【カケラージュ作家・石坂香さんのリサイクル工作】

ハロウィンのイベントやパーティーのときに、かわいい飾りやバックがあるとテンションが上がりますよね。みんなで工作しても楽しいものです。 今回はカケラージュ作家の石坂香さんに、おうちでは捨ててしまいがちなものを使って作る素敵なハロウィン・アイテムを教えていただきました。ハロウィンのランプやバッグをぜひ作ってみてください!

オバケちゃんライト

ガチャ容器とトレーで作る、オバケ型のライト。ゆらゆらゆれる電池式ライトを入れれば、雰囲気抜群。 入口に飾ったり、カゴに入れて持ち運んでもかわいい!

<材料>

・野菜などが入っているトレー(あれば黒いもの)
・ガチャの空き容器
・ライト(100円ショップの電池式炎風ライト)
・白い布(端切れ)
・黒い紙
・黒い糸
・ボタン(目に使用)

<作り方>

1.黒いトレーを半分にカットして、フタ側に十字架をカッターでカットする

2.トレーのカットしていない側同士を合わせて、外側に黒い紙をボンドで貼る


3.内側にも黒い紙を貼る(補強)

4.白い布にボタンで目をつけて、口はチクチク縫う

5.ガチャの空き容器にライトを入れて閉じる


6,5に4の布を被せてオバケを作り、3の棺の中へ忍ばせて完成~!

カボチャとコウモリのハロウィンバック

牛乳パックを使ったバックは、ちょっとしたお菓子を入れてもらうのにぴったりのサイズ。牛乳パックのあけ口をうまく使えば、コウモリの羽根みたいに!

<材料>

・牛乳パック
・折り紙
・マスキングテープ(あれば)

<作り方>

1.牛乳パックの底から7cmの部分を1周分カットし、更にその上2cmの部分を1周分カットする

2.折り紙を半分にカットして、1で作った牛乳パック7cmの側面に貼る

3.2の上から2cm、左右から各2cmの部分に、カッターで切り込みを入れる(横に3cmの切り込み。バックの持ち手をつける部分)

4.1でカットした牛乳パック2cmは、側面の真ん中を1カ所をカットして、3の切り込みに左右から挿し込む

5.折り紙を1cm幅に切り(orマスキングテープでも)、持ち手をとめるようにくるくる巻いて貼っていく

6.折り紙で作った目と口を貼って、完成。

※反対面は違う目と口を貼って、表情の違いを楽しんでも!

7.コウモリ型のバックにする場合は、羽根をつけるので、牛乳パックの口部分をカットして黒い紙を貼り、持ち手とバックの間に挟むようにボンド付けする

立体ハロウィンモビール

フィギュアのような立体物を作るのは難しい子にも、トイレロール芯で形を作れば、ちょっと飛び出したデザインになります。子どもならではのおもしろい形ができるかも!

<材料>

・トイレロール芯
・折り紙
・針 ・糸 ・枝

<作り方>

1.トイレロール芯を、2cm間隔でカットする

2.折り紙を、2cm間隔でカットする

3.1のロール芯をカボチャやオバケ、月など好きな形に指で曲げて形を作り、まわりを折り紙で糊付けする

4.3をカットしていない折り紙の上にボンド付けする

5.それぞれに合った目と口をペンで描くか、折り紙で貼る

6.貼った折り紙を、形より少し大きめにカットして、針で穴を開ける

7.糸を通して枝に巻き、動かないようにボンド付けしたら完成~!

 

顔の作り方や形にオリジナリティが出るので、みんなで作ってもおもしろいです。どのクラフトも簡単にできるので、お子さんと一緒に楽しんでみてくださいね!

 

教えてくれたのは…

イラストレーター・カケラージュ作家 石坂香さん

玩具メーカーの子会社でアイデアスケッチを担当したり、広告代理店でイラストを制作。結婚・子育てを経て、イラストレーターとしてフリーで活動している。同時にカケラージュ作家として、日常の捨てられそうなカケラや想いのカケラを集めて、作品として発表。ワークショップなども行っている。
https://ishizakakaori.wixsite.com/gekko/home

文・構成/日下淳子

構成/HugKum編集部

あなたにはこちらもおすすめ

ハロウィンを折り紙で楽しもう!定番の黒猫やコウモリの折り方から、帽子や箱の立体折り紙まで
10月31日はハロウィンです。仮装をしたり、お菓子をもらったりするのもいいですが、折り紙でハロウィンを楽しんでみませんか。そこでこの記事では...
風船で作る「光るジャック・オー・ランタン」|かんたんにできて、ハロウィン感たっぷり!【 KITTE OTTE 】
これひとつでハロウィン気分が盛り上がる! ハロウィンの季節がやってきました!  仮装をしたり、お店に時期限定のお菓子やオーナメントが並...

編集部おすすめ

関連記事