ホットケーキとパンケーキの絵本おすすめ9選|『しろくまちゃんのほっとけーき』など編集部が厳選&解説!

HugKum編集部が、子どもが大好きなホットケーキとパンケーキの絵本!『しろくまちゃんのほっとけーき』などおすすめ作品の読みどころなどを一挙にご紹介します。

ホットケーキの絵本おすすめ

【1】『ちびくろ・さんぼ』

ヘレン・バンナーマン/文 フランク・ドビアス/絵 光吉夏弥/訳 瑞雲舎

◆こんな本

人種差別問題で、相次いで出版社が絶版にしていたが、2005年に瑞雲舎から17年ぶりに復刊。「トラが溶けてできたバターでホットケーキを焼いて食べる」シーンは印象深く、ママパパ世代は懐かしく感じるのでは。良書ゆえ、次の世代にも、ぜひ受け継いでいってほしい1冊です。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳、6歳

◆ママパパの口コミ

「トラに追いかけられ衣服を取られ、そのトラたちが衣服を奪い合いバターになってしまう。そのバターでホットケーキを焼いて食べるというユニークなお話で子供も大好きな絵本です。」(40代・埼玉県・子ども2人)

【2】『おいし~い』

いしづ ひちろ/作 くわざわ ゆうこ/絵 くもん出版

◆こんな本

作者のいしづちひろさんは、『おいし~い』を作りたいと思ったきっかけを「親戚の幼い子どもたちに接したことから」と語っています。そのときに、子どもたちというのは、ただ存在しているだけで、こちらを幸せな気持ちにさせてくれるものと感じたようです。 絵を担当されたくわざわゆうこさんは、「『おいし~い』では、スープを『ごっくん』しているシーンが特にお気に入り」とか。2人タッグは、ほかに「に~っこり」「おやすみ~」(くもん出版)などもあります。どれも、思わず笑顔がこぼれるシリーズです。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

【3】『しろくまちゃんのほっとけーき』

わかやま けん/作 こぐま社

◆こんな本

「ぽたあん どろどろ ぴちぴち ぷつぷつ…」ホットケーキが焼けていく名場面は、ママパパ世代が子どもの頃も、今の子ども達の目も釘付けにしますよね。主人公こぐまちゃんは、2~3歳の男の子で一人っ子、しろくまちゃんという仲良しの女の子が隣に住んでいるという設定。作者のわかやまけんさんのお子さんがまさにこぐまちゃん世代だったため、そこからヒントを得ていたそう。絵にもこだわりが。こぐまちゃんの左右アシンメトリーの耳にも注目して読んでみて。

◆ママパパの口コミ

「子供がとても喜んで何度も読んだ本。ホットケーキが焼けていくシーンが一番のお気に入りで、本が傷むまで読み込んだ。」(40代・東京都・子ども1人)
「ホットケーキを焼くページが好きで何回も読んだ記憶がある。料理が難しい年齢でも食べ物はこうやって作るんだと言うことがわかる内容で良かった」(20代・北海道・子ども2人)

【4】『おばけとホットケーキ』

新井 洋行/作 くもん出版

◆こんな本

かわいいおばけたちと遊ぶ、新井洋行さんのおばけの絵本シリーズ。こちらは、おばけたちとホットケーキ作り。
お話しをガイドしてくれるのは、ピンクのおばけルララちゃん。ルララちゃんがホットケーキに必要な材料を教えてくれるので、親子で一緒に絵本の中で探してみて。

◆ママパパの口コミ

「絵が可愛く、文章もわかりやすく短いので子どもも飽きずに楽しめた」(30代・愛知県・子ども2人)

【5】『ねずみくんとホットケーキ』

なかえ よしを/作 上野 紀子/絵 ポプラ社

◆こんな本

「ねずみくんの絵本」シリーズは、31巻続くロングセラー絵本。こちらの「ねずみくんとホットケーキ」のあらすじは、お友達のねみちゃんがホットケーキを作るとねずみくんたちを誘ったのですが、みんなはそれぞれ違う食べものを物のリクエスト。困ったねみちゃんは、いったいどうしたのでしょう。続きは絵本で、驚きの展開を楽しんで。

◆ママパパの口コミ

「ねずみくんシリーズが好きで、これも喜んで見ていた。」(40代・東京都・子ども2人)
「ねずみくんとねみちゃんの様子がとても面白かった」(40代・東京都・子ども3人)

【6】『また!ねずみくんとホットケーキ』

なかえ よしを/作 上野 紀子/絵 ポプラ社

◆こんな本

ねみちゃんが
また ホットケーキを
つくってくれるんだって

ウキウキしながらやってきたねずみくんと仲間たち。でも「3時になったらホットケーキのおやつよ」といわれたみんなは待ちきれず、時計の針を進めてしまい、あっという間に3時。ねみちゃんは大慌て。
でも今回も、ねみちゃんのほうが一枚ウワテ。物語の結末は、ホットケーキのように、丸く収まり、ハッピーエンドです。

【7】『ぐりとぐら』

なかがわ りえこ/作 おおむら ゆりこ/絵 福音館書店

◆こんな本

みんなの大好きな「ぐりとぐら」シリーズは、この絵本からスタート。きっと、読み聞かせをするママやパパも「ぐりとぐら」の絵本を一度は耳にしたことがあるのでは。ママたちも子供の頃に読んだよ、と子どもに伝えてあげるのもいいですね。

◆ママパパの口コミ

「自分が子供の頃にも好きだった絵本です。みんなで森の中で囲んで食べているページが私も娘もお気に入りです。」(30代・東京都・子ども3人)
「ぐりとぐらは昔から自分も読んで貰った本なので受け継がれてる喜びと、ぐりとぐらは日常が描かれている話がしやすかったです。」(30代・鹿児島県・子ども2人)

【8】『ころころパンケーキ』

アスビヨルンセン/作 モー/作 スヴェン・オットー/絵 やまのうち きよこ/訳 偕成社

◆こんな本

物語のあらすじは、お腹がすいた7人の子どもたちに、お母さんがパンケーキを焼きます。ところが、こんがり焼きあがったパンケーキは、子どもや動物たちに食べられまいと逃げ出してしまいます。ノルウェーの民話のため、ノルウェーらしさもちりばめられています。

【9】『ころころパンケーキ』

苅田 澄子/作 西村 敏雄/絵 学研プラス

◆こんな本

「登場人物カード」付き名作絵本。0~3歳にも分かるようストーリーもシンプルになっています。パンケーキのカードを「ころころり~ん」とお話に合わせて動かせば、文字がまだ読めない子どもも、楽しく聞いてくれるはず。人気絵本作家・西村敏雄さんの描くユーモラスなイラストにも注目。

◆ママパパの口コミ

「喜んでたと思います。何度も何度も読み聞かせさせられたと記憶してます。」(50代・東京都・子ども2人)

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事