【みかんの保存】長持ちの秘訣は置き方にあり! 常温・冷蔵・冷凍保存のコツ、みかんを使ったおすすめレシピも

寒さが増してくると、おいしくなる果物が「みかん」。店頭にも大量に出回るようになり、中にはに「箱買い!」なんて方もいらっしゃるかもしれません。上手に保存して、おいしく食べたいですよね。ここでは保存のコツなどをご紹介していきます。

みかんの保存期間はどれくらい?みかん保存のポイントは?

みかんの保存期間は2週間から4週間。冬場であれば、みかんは常温で保存できます。家の中の風通しの良い涼しい場所においておくと、日持ちします。

みかんの保存に適した温度は5℃~15℃

みかんは、かごなどに入れて通気性を良くして保存するのが良いでしょう。保存に適した温度は、5℃~15℃くらいと言われており、コタツでみかんを食べるのは最高においしいんですが、コタツの上にみかんを置きっぱなしにして置くのはやめましょう! 食べるときに、必要な分だけ持ってくると良いでしょう。

保存時の置き方は、みかんは「逆さま」にするべし!

そしてもう一つ、保存する際にポイントが。

みかんは、ヘタの部分を下にして保存しましょう。みかんはヘタの周り(上の部分)の方が皮が固いので、逆さまにして置いた方が、重みに耐えて長持ちするんです!

「箱買いみかん」は、〝裏から開ける〟べし!

この季節、段ボールなどで箱買いする方もいらっしゃると思いますが、そのときは、裏から開けるのがおすすめです。

みかんは、重さで押しつぶされる部分から傷んでくるため、箱に入ったみかんは下のみかんほど、重さに耐えてきたことになります。それゆえ、傷みの早い底にあるみかんから食べていくと良いでしょう。

★箱のまま、保存するときのポイント

箱のまま保存するときは、ときどき中のみかんの上下を入れ替えてあげると良いでしょう。風を通すことにもなるのでおすすめです。また、段ボールのふたは開けたままにしておいてください。

もし、傷んだみかんを見つけたらすぐに取り除きましょう。カビが生えたみかんは、接しているところからどんどんカビが広がっていきます。皮の部分だけカビが生えているように見えても、カビの胞子が内部まで浸透していることもあるので、カビが生えたみかんは絶対に食べないようにしましょう。

冷蔵庫で保存するときは、包んでから!

冬以外の季節は、みかんの保存は冷蔵庫へ。みかんの乾燥を防ぐため、できれば1個ずつキッチンペーパーや新聞紙などで包みます。ポリ袋や保存袋などに入れて、冷蔵庫で保存します。

このときも、ヘタの部分を下にしておきましょう!

さらに、ポリ袋や保存袋などに入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。

温度が安定している野菜室で保存するのがベスト

冷蔵庫での保存期間

長期間の保存は甘さが抜けてしまうので、2週間位を目安に食べ切りましょう。

みかんの冷凍保存のやり方

みかんがたくさんあるときには、冷凍保存してみませんか? 給食や駅の売店などでも人気ですよね。

みかんを皮ごと冷凍するときは、一度凍らせたみかんを水にくぐらせ、再び凍らせると乾燥を防げて美味しく保存できます。解凍時は自然解凍で、半解凍のシャーベット状が一番美味しい食べごろです。

おいしい冷凍みかんを作るには、手順が大事なので、下記「冷凍みかん」の記事を参考にしてみてください。

お家で「冷凍みかん」を作るときのコツ!みかんは、凍らせるとメリットがいっぱい♪作り方の手順や美味しい食べ方を紹介
みかんの美味しい食べ方のひとつに、「冷凍みかん」を思い浮かべる人も多いのでは? 実はこれ、とても理にかなっているんですよ!というのも...

 

文/斉藤和美(フードコーディネーター)

みかんを使ったおすすめレシピ

みかんは、そのまま食べてももちろんおいしいのですが、アレンジもしやすいフルーツ。スイーツやサラダに入れて、より一層みかんを楽しんでみませんか。

【1】甘酒ホットスムージー

アミノ酸や食物繊維、ビタミン類をバランス良く含む栄養の宝庫!

◆材料

(3人分)
みかん 中2個
れんこん 100g
甘酒(アルコールを含まないもの) 200ml
しょうが 1片
牛乳 100ml

◆作り方

【1】みかん、れんこんは皮をむく。
【2】【1】、甘酒、しょうが、牛乳をミキサーにかけてなめらかにし、鍋に移して中火で温め、器に注ぐ。

教えてくれたのは


牛尾理恵さん

うしおりえ/料理研究家。フードコーディネーター。栄養士の資格ももつ。病院での食事指導、料理研究家の助手、料理専門の制作会社を経て独立。おいしく、作りやすく、体にやさしい家庭料理が人気。

『めばえ』2018年2月号

【2】にんじんみかんムース

みかんの酸味がにんじんと相性◎!白ごま油を加えるのがポイント。ツルンと喉ごしのいい自然の甘味のゼリーです

◆材料

(110g入るグラス×4個分)
にんじん 120g
みかん果汁 120g

【A】
コーンスターチ 10g
粉寒天 小さじ1/2(3g)
水 60g
牛乳 50g
グラニュー糖 30g

白ごま油(またはサラダ油) 20g

◆作り方

【1】にんじんはすりおろす。
【2】鍋に【1】と【A】を入れて混ぜながら火にかけて加熱し、沸騰したら弱火にして3分ほど加熱し、火から下ろして粗熱をとる。
【3】【2】に白ごま油を加え、泡立て器でしっかりと混ぜ、器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
*みかん果汁はみかんを絞るか、オレンジジュースでもOK。好みでホイップクリームをのせ、にんじんの葉を飾っても。

教えてくれたのは


柿沢安耶さん

世界初の野菜スイーツ専門店『パティスリー ポタジエ』のオーナーパティシエ。野菜などの素材を厳選し、「おいしくて、体にやさしいスイーツ」を提供。食育活動にもいそしむ。

『ベビーブック』2011年9月号

【3】マカロニとみかんの ヨーグルトサラダ

生野菜はよく塩もみして、水分を出すのがポイント。マヨネーズ+みそを隠し味に。

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
白菜(芯の部分) 2枚分
にんじん 1/3本
マカロニ 50g
みかん 1個

【A】
プレーンヨーグルト 大さじ5
マヨネーズ 大さじ2~3
みそ 小さじ1
砂糖 小さじ1

塩 少々

◆作り方

【1】白菜とにんじんは細切りにする。ポリ袋ににんじんと塩を入れ、袋の上からもんでなじませ、白菜を加えてさらによくなじませる。
【2】マカロニは表示通りにゆでる。
【3】ボウルに【A】を入れ、みかんの果汁を搾り、実をほぐして加えて混ぜる。【1】と【2】を入れて和え、冷蔵庫で冷やす。

教えてくれたのは


井澤由美子さん

調理師、国際中医薬膳 師・中医師。旬の食材 の効能と素材の味を生かしたシンプルな料理 が人気。NHK『あさイチ』などテレビでも活躍 中。一女の母。

『ベビーブック』2017年2月号

 

構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事