人気ブランドで見る!子供用ストロー付き水筒を紹介

カバーを開いてすぐに飲むことができるストロー付きの水筒。まだコップで上手に飲むことができない小さなお子さんにもおすすめです。今回は、おすすめの子供用ストロー付き水筒を「ステンレス製」と「プラスチック製」の2種類に分けて紹介します。それぞれの特徴やメリット・デメリットも紹介していますので、水筒選びに迷っているパパママはぜひ参考にしてみてくださいね。

ストロー付き水筒は子供の年齢や用途で選ぼう

暑い日には保冷できるステンレス製が安心

ステンレス製の水筒は保冷効果が高く、暑い夏にも飲み物の劣化を気にすることなく持ち運ぶことができます。お子さんが落としたりぶつけたりしても、破損しにくいところも特徴です。ですが、丈夫である反面プラスチック製に比べると重さがあるというデメリットもあります。

飲み物を入れるとさらに重くなることを考慮して、水筒の重さは購入前にしっかりとチェックしておきましょう。なるべく子供の年齢や体型に合った重さのものを選んであげると、ストレスなく持ち運ぶことができますよ。

プラスチック製は軽くて持ち運びに便利

小さなお子さんにも持ちやすいプラスチック製の水筒。保冷効果はありませんので、真夏以外のおでかけやちょっとしたお散歩などに最適です。また、ステンレス製に比べてデザイン製の高い商品が多いのも特徴。おしゃれな子供用品ブランドからもたくさん販売されています。お子さんの好きなキャラクターの水筒なら、お誕生日などのプレゼントにも喜ばれそうですね。

プラスチック製の水筒のデメリットは、落としたりぶつけたりした反動で壊れやすいところ。また、食洗機や食器乾燥機が使えない商品も多いので、使用したい人は購入前にチェックしておきましょう。

0〜2歳の子供にはハンドル付きがおすすめ

手の小さな0〜2歳のお子さんには、持ちやすいハンドルが付いた水筒がおすすめです。物をしっかり掴むことが苦手な小さなお子さんでも、しっかりと自分で持って飲むことができますよ。

ですがお子さんが成長するとハンドルが不要になる場合が多いです。お気に入りの水筒を長く使いたいという人は、ハンドルを取り外しできるタイプの水筒を選ぶと良いでしょう。中にはハンドル部分を持ち運び用のストラップに付け替えることができる商品もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ステンレス製のストロー付き水筒4選

ここでは保冷効果のあるステンレス製のストロー付き水筒を4つ紹介します。

真空断熱ベビーストローマグ – サーモス

ステンレス魔法瓶構造が特徴のサーモスのストローマグです。暑い日でもしっかりと保冷してくれるので、長時間のおでかけにもぴったり。キャップはワンタッチ式のため小さなお子さんでも一人で開け閉めできますよ。別売りの「トレーニング用せんユニット」に付け替えることで、トレーニングマグとして使用することも可能です。対象年齢は9ヶ月以上。

 

ステンレスクールボトル – 象印

アンパンマンのイラストが描かれたキュートな象印の子供用水筒です。独自設計により真空層を1mmまで薄くしているため、本体のコンパクトさが特徴。重たい水筒を嫌がるお子さんにも最適です。真空二重魔法瓶構造で、6時間後でもしっかり冷たさをキープできます。

また、洗い残しが多いストロー部分には抗菌効果の高い「銀イオン」が配合されています。雑菌の繁殖を抑えて、長く清潔に使うことができますよ。アンパンマンが好きなお子さんへのプレゼントにもおすすめです。対象年齢は1歳以上。

 

 

まほうびんのベビーストローマグ – サーモス

可愛いディズニーキャラクターが描かれたサーモスの子供用水筒です。両手で持てるハンドルや滑りにくい底カバーなど、小さなお子さんでも一人で上手に飲める工夫がなされています。カバーはカチッと閉まって漏れにくい構造になっているので、お子さん一人で簡単に開け閉めすることができますよ。

また、ハンドル部分は取り外しが可能なため、成長しても長く使うことができます。機能性とデザイン製を兼ね備えているので、出産祝いやお誕生日プレゼントなどにもおすすめです。対象年齢は9ヶ月以上。

 

 

保冷ストローマグ – リッチェル

子供の成長に合わせてカスタマイズ可能なリッチェルの水筒です。スパウトからストロー飲み、コップ飲みへとステップアップできるのが特徴。用途に合わせて飲み口パーツを買い換えることができるので、大きくなってからも長く使いたい人におすすめです。

また、真空断熱構造のため、飲み物を長時間冷たいままキープすることが可能です。暑い夏のおでかけにも最適。すべてのパーツが煮沸消毒や食洗機対応なので、毎日清潔に使うことができますよ。対象年齢は7ヶ月以上。

 

 

プラスチック製のストロー付き水筒3選

ここではデザイン製の高いプラスチック製のストロー付き水筒を3つ紹介します。

コミック風ストローホッパー – ミキハウス

コミック風のプッチーとうさこが可愛らしいミキハウスのストロー付き水筒です。男の子用のブルーと女の子用のピンクの2種類のカラーから選ぶことが可能です。万人受けするデザインとブランドの知名度の高さから、出産祝いやお誕生日プレゼントなどのギフトシーンにも最適です。食洗機や食器乾燥機も使用できるため、使い勝手の高さもポイントです。対象年齢は1歳以上。

 

 

アクリア おでかけストローマグ – リッチェル

たくさん飲むお子さんにも安心な大容量の水筒です。まるでガラスのような透明感のクリアボトルタイプで、残量が分かりやすいというメリットもあります。カラーはネイビーブルー・イエロー・ピンクの3種類で、どれも派手すぎないおしゃれなデザイン。離乳食に慣れた7ヶ月頃から使用することができます。

また、肩掛けベルトにはネームプレートが付いていたり、カバーが全開位置で固定できたりと細かい配慮が嬉しいですね。蓋カバーはワンタッチタイプのため、小さなお子さんでも自分で簡単に開くことが可能です。対象年齢は7ヶ月以上。

 

 

ストローマグ サーカス – ベッタ

特徴的な多角形加工がおしゃれなベッタのストロー付き水筒です。本体はマット加工が施されているため、オシャレなだけでなく滑りにくいというメリットも。すらっとしたデザインはママバッグの中でも邪魔になりません。ハンドル部分は上部で固定して、持ち運び時のストラップとして使うことも可能です。

また、各パーツに分解して洗いやすいように作られているため、毎日清潔に使うことができます。水筒本体の内側には目盛りがついているのでお子さんが飲む量も一目瞭然。カラーはペールピンクとライムグリーンの2種類で、お子さんの性別や好みに合わせて選ぶことができますよ。赤ちゃんとのおでかけが楽しくなりそうなキュートで使いやすい水筒を探している人におすすめです。対象年齢は7ヶ月以上。

 

 

子供にぴったりなストロー付き水筒を選ぼう

さまざまなメーカーからストロー付き水筒が販売されていますが、それぞれ材質やデザインが異なります。保冷機能が欲しい人にはステンレス製、おしゃれで軽い水筒が欲しい人にはプラスチック製のストロー付き水筒がおすすめです。中にはハンドルが取り外すことができたり、飲み口をストローからコップに交換できたりするものもあります。使用するシチュエーションや、子供の年齢を考慮して、最適な水筒を選んであげましょう。

文・構成/HugKum編集部

ストローマグはいつから?上手に吸えるようになるためのコツ、おすすめストローマグも紹介
赤ちゃんがストローマグを使って上手に飲料を飲めるようになるのはいつからでしょうか?初めからストロー飲みが上手にできる赤ちゃんはいません。まず...
離乳食と一緒にはじめるベビーマグ、スパウト・ストロー・コップの違いがわかる?
母乳や哺乳瓶でミルクを飲んでいた赤ちゃんも、離乳食が始まるころになるとストローやコップの練習を始める子も多いですよね。母乳や哺乳瓶しか使...
赤ちゃんのコップ飲みの練習方法。始める時期やおすすめコップは?
離乳食が順調なら、コップ飲みの練習を開始しましょう。大人にとっては何でもないコップで飲む動作ですが、母乳や哺乳瓶に慣れた赤ちゃんには...

編集部おすすめ

関連記事