そろそろ赤ちゃんにスパウトマグをチャレンジさせたい方、必見! おすすめのスパウトマグ大紹介

離乳食が始まる赤ちゃんは、母乳やミルク以外での水分補給もできるようになっていきます。しかし、いきなりストローやコップを使わせようとしても、上手く持てなかったり飲み物を吸えなかったりと、赤ちゃんにとっては難易度が高そうですよね。
そこで、練習として使えるのがスパウトマグです。スパウトマグはさまざまなメーカーや種類があるので、どれを買えば良いのか迷ってしまうもの。今回は、上手な選び方やおすすめ商品についてご紹介するので、参考にしてみてください。

スパウトマグとは?

スパウトマグとは、飲み口の部分が少し潰れたような筒状になっているコップです。哺乳瓶の乳首の形状とストローの形状の間くらいの形になっていて、赤ちゃんが吸い付きやすい設計なのが特徴です。
飲み口の形状や柔らかさはメーカーによって違うので見比べてから購入すると良いでしょう。

スパウトマグを使い始める時期

スパウトマグは、離乳食が始まる生後5〜7ヶ月ごろから使い始めることができます。初めは慣れずに嫌がる赤ちゃんもいると思いますが、パパママは一度嫌がられたからといって焦らないでください。母乳やミルクで十分な水分補給をしながら、赤ちゃんのペースで練習していきましょう。

スパウトマグは必要?

スパウトマグは、赤ちゃんが母乳や哺乳瓶以外で水分補給をする練習として使うのに最適です。ストローマグに移行するための練習として使ってみるのも良いでしょう。
ただし、スパウトマグは自分で吸わなければ中身が出てこないため、それを赤ちゃんに教えてあげるのがなかなか難しいもの。赤ちゃんのセンスやスパウトマグの形状が赤ちゃんの好みに合うかどうかを気にしておく必要があります。
スパウトマグから練習を始めるのか、いきなりストローマグを使うのかはパパママの判断によります。ストローマグから使い始めて、難しそうであればスパウトマグを使うという方法でも良いでしょう。

スパウトマグの飲ませ方、練習方法

スパウトマグは、飲み口の部分がゴム製やプラスチック製です。離乳食が始まるまで柔らかい乳首しか知らなかった赤ちゃん。
すんなりスパウトマグを受け入れられる赤ちゃんもいれば、嫌がってしまう赤ちゃんもいるでしょう。
パパママが手助けしてあげることで、スパウトマグへの抵抗感を減らせてあげられるでしょう。

少し傾け、手を添えてあげる

赤ちゃんに飲ませるときは、スパウトマグを少し傾けてあげます。赤ちゃんの手をスパウトマグの持ち手に添えてあげることで、赤ちゃんが自分で持てるものだと認識して次第に持てるようになるでしょう。
赤ちゃんの機嫌が良いときや、喉が乾いていそうなときを狙って使ってみるのも良いかもしれませんね。それでも難しいようであれば、赤ちゃんの前でパパママが見本を見せてあげるのもおすすめです。
スパウトマグで飲めなかったとしても、落ち込む必要はありません。いつか自然と飲める日が来るものですよ。

スパウトマグの選び方

スパウトマグの選び方には3つのポイントがあります。購入前に確認してみてくださいね。

2つの持ち手があること

握力が弱い赤ちゃんのために、両手で持てるマグを選びましょう。両手で持つことでマグをしっかりと安定させて飲むことができます。また、持ち手の部分が少し傾いているものを使うと、赤ちゃんの口の角度と手の動きが連動して飲みやすくなるのでおすすめです。

柔らかい素材でできた飲み口であること

赤ちゃんに慣れてもらえるように、シリコン製など柔らかい素材でできたマグを選びましょう。ママの乳首や哺乳瓶の乳首のように柔らかい素材の飲み口を選ぶことで、吸い付きを良くし、スムーズに飲む練習をすることができます。

洗いやすく乾かしやすいこと

部品が大きく洗いやすい部品を選ぶことで、清潔な状態で赤ちゃんに使わせることができます。部品の数が少ないものは組み立てしやすく、外して洗いやすいためおすすめです。
また、衛生的に使うためには消毒が欠かせません。煮沸消毒、電子レンジ消毒、薬液消毒など商品によって可能な消毒方法が異なるので、そこも確認しておくと良いでしょう。

おすすめのスパウトマグ5選

★選びのポイント

ここで紹介する5つは、どれも持ち手が二つあり、飲み口がやわらかい素材、かつ手入れがしやすいものです。デザインもかわいいモノを厳選したのでぜひチェックしてみてください!

トライ スパウトマグ – リッチェル(Richell)

 

赤ちゃんの成長に合わせてスパウト、ストロー、コップの3段階トレーニングができるという優れもの。スパウトで上手に飲めるようになったら、ストローの飲み口を追加購入するだけでストロー飲みが可能になります。ステンレス製の保冷ボトルもあるので、成長してからも長く使えそうです。パーツが少ないのでお手入れが簡単。飲み物が逆流しにくい設計なので清潔に使うことができます。
先輩ママが選ぶ、使ってよかった商品をまとめたママリ口コミ大賞のトレーニングマグ部門2019秋で大賞を受賞した人気商品です。
対象年齢は5ヶ月以上。

ママパパの口コミ

「かわいくて使いやすい。」(30代・埼玉県・子ども1人)
「プレゼントにもらったので使っていた。レベルに合わせて飲み口を変えられて飲む練習もできたのでよかったと思う。」(30代・神奈川県・子ども2人)

テテオ マグベビー – コンビ(combi)

離乳食が始まるころの赤ちゃんが、麦茶などの水分補給を自分でハンドルを持って飲む練習をすることができるマグです。飲み口の部分が傾いているので、マグを大きく傾けなくても赤ちゃんが飲みやすい設計になっています。細かいパーツが少なく、洗いやすいようにできているのも嬉しいポイント。中身が漏れにくいように穴の部分をしっかり押さえてくれるキャップ付きです。
対象年齢は5ヶ月以上。

ママパパの口コミ

「飲みやすそうに飲んでいました。」(30代・秋田県・子ども1人)

マグマグ スパウトカップ – ピジョン(pigeon)

飲み口がクロスカットになっており、赤ちゃんが口に入る量を調整しやすい仕組みになっています。持ち手の部分が斜めになっているので、赤ちゃんが自分で持ちながら飲みやすい形状です。本体のパーツが少ないのでお手入れや組み立てが簡単なのも嬉しいですね。
コップの底部分はやわらかい材質でコーティングされており、滑りにくいというメリットも。ピジョンのマグは他のメーカーに比べて中身が漏れにくいと評判なので、家だけではなくお出かけ時の持ち歩きにも便利ですよ。
対象年齢は5ヶ月以上。

ママパパの口コミ

「スパウトは慣れるまでが飲んでくれなかったが慣れた後は飲みやすいようで使いやすいし洗いやすい」(30代・東京都・子ども4人)
「漏れにくくて出先にも持って行きやすいです。」(30代・兵庫県・子ども2人)

グロウハンドル付ソフトスパウトカップ – オクソートット(OXO tot)

アメリカの言語聴覚士と口蓋の発達を学んだ小児歯科医の共同開発で生まれた商品です。逆さまにしてもこぼれない設計になっていて、逆流防止の効果もあります。アーモンドの形をした飲み口と飲みやすい持ち手で、はじめての赤ちゃんでもスムーズに飲むことができますよ。自分でカップを上手に持てるようになったら持ち手を外して使うこともできます。コロンとしたシルエットが可愛いと評判です。
対象年齢は4ヶ月以上。

SmartAngel)2wayマグ ブルー(スパウト&ストロー) – 西松屋

これ1つでスパウトマグとストローマグ、両方の練習が可能です。他のスパウトマグに比べてお財布に優しい価格なので、「買ってみて良かったら他メーカーも買おうかな」「とにかく安く購入したい」というパパママにおすすめです。ピンクとブルーの2種類展開なので、好みで選んでみてください。食洗器と乾燥機は使用できないので注意が必要です。
対象年齢は5ヶ月以上。

ママパパの口コミ

「リーズナブルで良い。」(30代・東京都・子ども2人)

離乳食が始まる赤ちゃんへのプレゼントにおすすめ!

生後5ヶ月ごろの赤ちゃんは、母乳だけでなく離乳食からも栄養を取り始め、口と手を動かす練習が必要になってきます。スパウトマグを使うことで飲み物を吸う練習ができ、赤ちゃんのスムーズな成長を助けます。お気に入りのスパウトマグを見つけて、赤ちゃんとの練習時間を楽しんでくださいね。
離乳食が始まった赤ちゃんがいる方へ、出産祝いとしてプレゼントをするのも良いでしょう。

あなたにはこちらもおすすめ

離乳食と一緒にはじめるベビーマグ、スパウト・ストロー・コップの違いがわかる?
母乳や哺乳瓶でミルクを飲んでいた赤ちゃんも、離乳食が始まるころになるとストローやコップの練習を始める子も多いですよね。母乳や哺乳瓶しか使...
ストローマグはいつから?上手に吸えるようになるためのコツ、おすすめストローマグも紹介
赤ちゃんのストロー飲みはいつから? 赤ちゃんはいつからストローを使って飲めるようになるのでしょうか?練習するのに最適な時期を紹介するので、...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事