新生児の夜泣きはいつまで続く?夜泣きを経験したママパパが試した効果的な対策とは?

出産退院後、病院から赤ちゃんをお家に連れて帰ってくるといざ子育てが本格的に開始!病院の先生や看護師さんのお手伝いなしでの新生児との生活は初めてのことばかりで不安でいっぱいになることもありますよね。特に、夜泣きが続く日々はママパパにとって体力的にも精神的にも大きな負担となります。

そこで今回は、0~1歳の新生児のお子さんをもつママパパに「夜泣き」についてアンケートを実施しました。新生児の夜泣きを経験したママパパの体験談や夜泣き対策におすすめの方法を教えてもらいました!

新生児にも夜泣きはある?

日中は常に寝ているイメージの新生児ですが、赤ちゃんによっては夜泣きをする場合もめずしくありません。新生児の夜泣きを経験したママのエピソードをみていきましょう。

新生児の夜泣きを経験したママの体験談

体験談①

「1番上の子の時にありました。何をしても泣き止まず、途方にくれる事が度々ありました。特に対処法らしき対処法はしなかったように思いますが、とにかく部屋の中をウロウロとしていたような。パパと抱っこを交代したりしていたと思います。」(30代・新潟県・子ども3人)

ママパパにとってもすべてが初めてなことだらけの新生児のお世話。どうしていいかわからず戸惑うことばかりですよね。産後の体が痛む中、夜中にベットから起きて赤ちゃんを抱っこするのも一苦労です。ママの体も休められるようにパパにも協力してもらいながら赤ちゃんの夜泣きの時期を乗り越えていきたいですね。

体験談②

「原因不明の突然の夜泣き。怒り出し、抱っこもいやがり泣き止むまで待った」(30代・愛知県・子ども2人)

おむつが濡れている?お腹が空いた?体調が悪い?暑すぎる?泣いている理由をいろいろ考えても当てはまらず、ただただ泣き続ける赤ちゃんを前にどうしていいかもわからない時も。赤ちゃんが抱っこも嫌がるときは、そばで落ち着くのを待って体をさすってあげたり、トントンしてあげたりして様子を見てみるのもいいのかもしれませんね。

体験談③

「新生児期から2歳の今も夜泣きしている。暑かったり寒かったり布団が邪魔だったりして泣いている。授乳したり頭をなでると泣き止む。」(30代・岐阜県・子ども1人)

夜泣きは新生児の時だけではないこともあるようで、月齢時期によって夜泣きの原因が異なるともいわれています。2歳はイヤイヤ期が始まるころでもあり、この時期を越えると夜泣きがなくなることも多いようです。

新生児の夜泣きはいつまで続く?

赤ちゃんによって夜泣きをし始める時期や期間は異なり、それぞれの月齢の時期で夜泣きをする原因も異なります。

1歳を過ぎたころに夜泣きが落ち着く場合が多いようですが、個人差があり、まったく夜泣きをしない子もいます。新生児が夜泣きをする原因を理解することで、育児が少し楽になることも。次に新生児が夜泣きする理由をみていきましょう。

新生児が夜に泣く原因(理由)は?

では新生児が夜に泣く原因は何でしょう?一般的に、赤ちゃんが理由もわからず夜に泣き続けることを「夜泣き」といいますが、不快感を理由に夜に泣いていることもあります。新生児の頃は体温調整がまだ上手にできず、暑すぎたり寒すぎたりして夜に目を覚ましてしまうことも。おむつの不快感や空腹、うまく寝つけずに泣いてしまうことが多いようです。新生児にとって泣くことはママパパに気持ちを知らせる合図でもあり、まずは泣いている理由を探してみましょう。

【助産師監修】赤ちゃんの夜泣きはいつまで?月齢・年齢・原因別の対処法や、夜泣き防止アイテムのおすすめ
抱っこしてもあやしても、夜中になかなか寝てくれない赤ちゃんの「夜泣き」。ママパパにとっても大変な夜泣きは、いつ頃まで続くものなのでしょうか?...

新生児の夜泣き対策におすすめ方法

新生児が夜泣きした時に効果的だった方法をママたちに教えてもらいました!

王道は 抱っこや授乳

やはり夜泣きに効果的な方法は抱っこと授乳のようですね。ずっとママのお腹の中にいた赤ちゃんはママがそばにいてくれるだけで安心できるようです。毎日続く夜泣きは辛いですが、いつかは必ず終わるもの。日中赤ちゃんがお昼寝しているときにママも少し体を休めるようにして夜泣きに備えておくのもおすすめです。

「だっこしてポンポンして落ち着いたらだっこしたまま仰向けに寝て寝たのを確認したら布団に戻す。もしくは開き直って起きて少し遊ばせる」(30代・東京都・子ども1人)
「寝ぼけながら泣いていたので、抱っこして左右に揺らすと10分くらいで寝てくれる。」(20代・新潟県・子ども1人)
「添い乳が上手に出来るようになってからは泣いたらすぐにおっぱいをあげればそのまま また寝てくれました。」(20代・熊本県・子ども2人)
「夜泣きをしたらおっぱいを飲ませると、飲みながら寝てくれました。」(20代・東京都・子ども1人)

哺乳瓶やおしゃぶりをくわえさせる

生後0ヶ月から使え、夜泣きのサポートをしてくれるおしゃぶりが発売されています。おしゃぶりをすることで心が落ち着いてそのまま寝落ちしてくれることも多いようです。

「夜泣きしたら、抱っこすると余計暴れるので哺乳瓶をくわえさせる。」(30代・埼玉県・子ども1人)
「泣いたらすぐにおしゃぶりをさせる」(30代・東京都・子ども1人)

部屋を明るくして気分転換する

夜泣きがひどいときは、無理に寝かしつけるのをやめて気分転換させるのもひとつの方法のようです。疲れているママも寝かしつけることに必死になって気持ちだけが焦ってしまうこともありますよね。そんな時は、部屋を明るくして気長に赤ちゃんが眠くなるのを待つのも効果的なようです。

「昼寝が長いと、夜泣きすることが多いので昼寝時間を1時間ほどにする 夜泣きをしたときは、部屋を明るくして覚醒させる」(30代・埼玉県・子ども1人)
「明るい部屋に移動して気分転換させる。そしてそのまま寝落ち。」(30代・広島県・子ども3人)
「夜泣きがひどいときは、外気にあたって気分を変えてあげる」(30代・京都府・子ども2人)

ビニールなどの音を聞かせる

波の音やテレビの砂嵐の音、ビニールのカシャカシャする音がママのお腹にいた時に聞こえていた音と近いことから赤ちゃんが安眠できる音として知られています。YouTubeやスマホアプリで赤ちゃんが好きな音を簡単に聞くことができるので試してみるのもよさそうですね。

「ビニールをカシャカシャさせた音を聞かせる 隣にぬいぐるみを置く ベビーベッドを湯たんぽで温める」(30代・愛知県・子ども1人)

赤ちゃんが落ち着いて眠れる環境をつくる

気温の変化に敏感な新生児は、暑すぎたり寒すぎたりすることが原因で泣いていることも多いようです。部屋の温度や明るさなど赤ちゃんが心地よく眠れる環境を作るようにしてみましょう。

「なるべく静かに過ごす。目が覚めてしまった時は、完全に覚醒しないうちに再度寝かしつける」(30代・東京都・子ども1人)
「赤ちゃんの体に触れて、ポンポンしたり、抱き寄せたりして、安心させた。」(30代・高知県・子ども1人)
「寝室の温度を快適にする 寒すぎず、暑すぎず」(20代・長崎県・子ども1人)
「夜になると部屋を暗くしてリラックスさせるように心がけた」(30代・東京都・子ども1人)
赤ちゃんの夜泣き、いつから始まる?いつまで続くの?夜泣きの理由や上手な対処法を調査
ママやパパを悩ませる赤ちゃんの夜泣き。夜泣きとは理由がわからないのに、ひたすら泣き続けること。おっぱいかな、オムツかな、暑いのかな、といろい...

夜泣きはいつか必ず終わるもの

夜泣きが毎日続くとママパパも睡眠不足となり、子育ての大変さを改めて実感する時期でもあります。しかし、成長とともに夜泣きは必ず終わるものです。夜泣きの子育て経験のあるママからのアドバイスや効果的だった対策をもとに、いろいろ試して乗り越えていきましょう。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事