離乳食のひじきはいつから?量は?おすすめのうどんやおやきレシピも伝授!

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。海藻のひとつ「ひじき」には、カルシウムや食物繊維、鉄分などが含まれています。離乳食にもどんどん取り入れていきたい食材ですね。今日は、離乳食にひじきを使うときの注意点などをお話します。

離乳食のひじきはいつから?どれくらい食べていいの?

8カ月頃、「ひとつまみ」からスタート

ひじきを食べられるのは、8カ月頃から。離乳食中期の後半を目安にします。最初はひとつまみからスタート。乾燥ひじきの場合は、水で戻してからひとつまみの量です。中期の間は、2~3gくらいを目安にしましょう。

ひじきは離乳食後期から。食べられる量はどれくらい?

みじん切りで、5g程度を目安に

離乳食後期のひじきの量は、5g程度を目安にしましょう。後期の食材の大きさは5㎜が目安ですが、ひじきは食べにくく消化が悪いのでみじん切りでOKです。また、水溶き片栗粉などでとろみをつけると食べやすくなります。

離乳食で使うひじきの冷凍保存方法を教えて!

生ひじきを購入すると、使い切れない場合がありますよね。そんな時は冷凍保存もできますので、活用してみてください。

1.生ひじきを流水で良く洗って、水切りする

2.お湯やだしで加熱する

3. 月齢に合わせて切る

4. 冷凍する

小分けした1回分を、密封できる容器に冷凍して日々の離乳食づくりに使いましょうね。

 

ひじきを使ったおすすめ離乳食レシピを教えて!

ひじきといえば「煮物」のイメージかもしれません。もちろん煮物はおすすめメニューのひとつですが、赤ちゃんはその色を見て嫌がることもあります。うどんに入れると、一緒にツルツルっといただけます。ひじきメニューに「うどん」も取り入れてみてくださいね!

しらすとひじきのうどん

 

手順は完了期ですが、材料の切り方と量を変えれば中期から食べられるメニューです。

<材料>

うどん 80g

しらす 10g

にんじん 10g

玉ねぎ 10g

乾燥ひじき(もどしたもの) 5g

かつお昆布だし 150ml

しょう油 0.8ml

<作り方>

・しらすとうどんは下茹でし、塩抜きしてから1㎝の長さに切る

・ひじきは水で戻してから、1㎝に切る

・にんじん、玉ねぎは1㎝にスライス

1.かつお昆布だしで、にんじんと玉ねぎを煮る

2.1がやわらかくなったら、ひじきとうどんも入れて煮る

3.しらすを入れて、しょう油で風味をつける

 

 

離乳食のひじきおやきのレシピを教えて!


離乳食後期から
食べられるおやきレシピです。手づかみメニューとしても使えますね!

*「アレルギー表示義務7品目」に含まれる乳製品のチーズを使っていますのでご留意ください。

※アレルギー表示義務7品目とは
消費者庁が指定するアレルギー発症の原因になりやすい物質のこと。重篤度・症例数の多い 7 品目(鶏卵、乳、小麦、落花生、ソバ、カニ、エビ)については内閣府令で表示を義務付けしています。

アレルギーと対応策の記事はこちらを参照してください。

離乳食の牛乳はいつから?アレルギー対応、簡単スープレシピを離乳食インストラクターが解説!
こんにちは。離乳食イントラクターの中田馨です。離乳食で色々な食べ物を食べられるようになってくると、「そろそろ牛乳もいいのかな?」と思いますね...

じゃがいものひじきおやき

<材料>

乾燥ひじき(もどしたもの) 一つまみ

じゃがいも 50g

チーズ 3g

<作り方>

・じゃがいもは湯がきやすい大きさに切る

・ひじきは水で戻して、みじん切りにする

・チーズは小さくちぎる

1.じゃがいもをやわらかくなるまでゆがく

2.1をつぶして、チーズを混ぜ合わせる

3.形作って、フライパンで両面を焼く

 

離乳食のひじきハンバーグのレシピを教えて!


こちらは離乳食後期から
の手づかみメニューとしておすすめです。高野豆腐を入れて栄養もアップ!

鶏のひじきハンバーグ

<材料>

鶏ひき肉 15g

玉ねぎ 5g

乾燥ひじき(もどしたもの) 3g

高野豆腐 小さじ1/2

<作り方>

・玉ねぎ、ひじきはみじん切りにする

・高野豆腐はすりおろす

・ひじきは水で戻して(、)みじん切りにする

1.材料をすべてしっかりと混ぜ合わせる

2.形作ってフライパンで両面蒸し焼きにする

 

離乳食ひじきごはんレシピを教えて!

離乳食後期から食べられるメニューです。赤ちゃんの月齢、発達に合わせておかゆや食材の大きさを調整してください。まいたけを抜いて7倍かゆにすれば、離乳食中期から食べられます。

ひじきのおだしごはん

<材料>

ご飯 50g

にんじん 5g

まいたけ 5g

乾燥ひじき(もどしたもの) 3g

かつお昆布だし 150ml

<作り方>

・にんじんは1㎝の千切り

・ひじき、まいたけは5㎜の長さに切る

・ひじきは水で戻して、1㎝に切る

1.かつお昆布だしで、にんじん、まいたけ、ひじきの順に煮る

2.鍋にご飯、1の具材と煮汁50mlを入れ、蓋をして弱火で炊く

 

ひじきを入れるだけで、ぐんと栄養価がアップします。ぜひ、取り入れてみてくださいね!

 

 

文/中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

 

編集部おすすめ

関連記事