おむつ卒業に向けて、トイレトレーニングの進め方!男女別のママパパ体験談も

ママ・パパの育児における最難関とも言えるのが子どもの「おむつトレーニング」。気が重くてなかなか腰が上がらないなんていう人も多いのでは。

トイレトレーニングは夏に始める人が比較的多いようです。理由は、薄着の季節なので、洋服は濡れてしまってもサッと洗えばOK、床が汚れても、掃除しやすくストレスを感じにくいからです。また、一番は濡れてしまった赤ちゃんが冷えにくいこと。慣れてきたら、1日家にいる日は、オムツもパンツを履かせずに過ごしちゃうなんてことができるのもこの季節ならでは。

おむつの卒業に向けて、トイレトレーニングはいつから始める?

まずは、先輩ママ・パパがトイレトレーニングをいつからしたのか、またその年齢を聞いてみました。これからのママ・パパにとっては参考になるはず。

Q.トイレトレーニングはいつから始めましたか?

アンケートの結果では、2歳〜2歳半の子が半数以上を閉めるという結果に。幼稚園の入園を控え、オムツは外してくださいと言われてしまうことが多いのが一因のように思われます。また、3歳からトレーニングをした子いうも多く、周りにパンツを履いている子が増え、そろそろパンツへの憧れが芽生える時期なのかもしれません。

おむつはいつまで使う? おむつタイプの切り替えやトイレトレーニングを始めるタイミングついて
赤ちゃんから幼児へと成長する1~3歳ごろの育児では、おむつを外すことが大きな課題の一つです。子どもの体重・体格・発達などは個人差が大きいもの...

トイレトレーニングは成長を目安に

トイレトレーニングを始める目安はあるのでしょうか?どうやって外せばいいのか分からない、どうしても外すことができないと悩んでしまうママ・パパも少なくないですよね。まず、いつ始めるかについての大きな目安は「1人で歩け、座り姿勢がしっかりしていること」「トイレに行きたいと意思疎通ができること」「おしっこの感覚が2時間以上あくこと」が挙げられます。つまり、成長によっても差がありますよね。また、イヤイヤ期には難しかったり、ママ・パパの余裕がないと難しいので、タイミングを計ることが大切です。

補助便座でトイレトレーニングを楽に!おまるとの違いは? 踏み台は必要? おすすめ補助便座も紹介
補助便座は通常の便座にセットするだけで、小さな子どもでも安全に便座に座れるようになる便利アイテムです。トイレトレーニング始める子ども...

トイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングを進めよう!と決めたら、気にしておきたいポイントがいくつかあります。しっかりと進め方をマスターしておくことが失敗なくできるコツです。

お兄さん・お姉さんはパンツを履くことを意識させる

小さな子にとって、おむつは日常的に履くものになっていますよね。それをまずは、意識の変化を促すことが大事。まずは、トレパンマンのような吸収力の弱いトレーニングパンツ濡れたことがわかりやすい「お兄さんパンツ・お姉さんパンツ」と銘打っているものを、うまく活用するのがポイント。湿ったパンツは気持ち悪いという気持ちを意識的に感じさせてあげましょう。

外出中は替えの洋服・パンツ・オムツを持って

トレーニングパンツや普通のパンツを履けるようになってきても、外出先など慣れない環境では、ついおもらししてしまったり、トイレと言い出せないことも。そんなときに悲しい気持ちにさせないためにも、替えの服やタオル、オムツを持ち歩くようにしましょう。焦りがちなママ・パパの気持ちもラクにしてくれるはず。

夜寝る時はオムツでもOK

日中は上手にトイレに行きたいと言えたとしても、ぐっすり眠っている最中におもらししてしまうことはよくあるもの。トイレのために起こすのはかわいそうなので、夜やお昼中だけはオムツにしてもOK。成長するにつれて、就寝中はおしっこが出ないように間隔があいてくるものです。

無理に変えようとさせない

幼稚園などの入園を控えていたり、この年齢なのにまだなの?とママ・パパが焦ってしまうこともありますよね。でも親が焦るほどに子どもがプレッシャーを感じてしまうことも。そんな状態ではうまくいかないので、一度諦めてのんびり過ごすことも大切です。

トイレトレーニングは根気よく。待つことで子どもの自律心が育まれます【子育ての道を照らす佐々木正美さんの教え】
2歳前後の子どもにとって、自分のうんちは、自分の身体の一部。汚いとは思っていません おむつを早く卒業させたいのに、トイレトレーニン...

男女別トイレトレーニングのポイント

一言でトイレトレーニングといっても、男の子と女の子では体の違いがあるので、ちょっとしたポイントが変わってきます。今回は、それぞれの子を持つママ・パパに向けたトイレトレーニングのポイントや、体験談をご紹介します。

男の子編

ポイント①:トイトレのアニメを見せる

ただ、おまるや補助便座に座らせても、どのように使うかは説明しにくいもの。そんな時は教育用のDVDなどに頼りましょう。まずはおまるに座って同じようにやってみたい!という気分にさせてくれるはず。

ポイント②:おしっこをする場所にシールを貼る

男の子ママが悩みがちなのが、立っておしっこをする方向。なかなかポイントがわかりにくいですよね。そのために、おしっこをかけるポイントに貼るシールが販売されています。マークを目指してね、という声かけだけで練習できるので便利です。

ポイント③:男の子用のおまるを使う

ママからの体験談からも出てきましたが、男の子が上手におしっこができるように改良されたおまるもたくさん。立った姿勢で、上手にできるとカラカラと歯車が回るので、実際のトイレに近い状態ででき、慣れやすいですよね。

ポイント④:かっこいいパンツを買う

キャラクターものの洋服が苦手なママもここは妥協。ドラえもんや機関車トーマスなど、可愛いキャラクターパンツがたくさん揃っています。かっこいいお気に入りのパンツを履きたい!という気持ちにさせてあげることが大切です。

男の子ママの体験談

男の子ママがトイトレで悩むのは、どうしたって出てくる男女の差。実際にどのように用を足しているのかなんて分からないですよよね(笑)ママたちの苦労話を聞いてしました。

「長男の時は夏前に取ったので下はパンツなどはかずにトイトレをした」(20代・埼玉県・子ども3人)
「男の子のトイレでのやり方がよくわからなくて教えるのに苦労した」(30代・広島県・子ども2人)
「男の子特有の立って用を足す観点の情報がほとんどなかった。トイトレが全く進まなかった息子に、立ってする形式のおまるを購入したら簡単に出来た。もっと早く知りたかったし、立ってするおまるも注目されて欲しい」(40代・愛知県・子ども1人)
【3COINS】トイトレグッズは見つけたら即買い!3歳息子が憧れの立っちチーへ第一歩
300円からハイセンスな雑貨がゲットできる3COINS(スリーコインズ)。スリコの愛称で知られ、多くのママたちから絶大な信頼...

女の子

ポイント①:おしっこをしたいという意思表示をさせる

一般的に男の子より、女の子の方が、言葉の発達や意思表示が上手なもの。おむつをしている状態でも、おしっこが出たことを伝えられるように教えましょう。

ポイント②:おまるを使う

初めてオムツ以外におしっこをするときには緊張するもの。座って足をつけた状態でできるおまるはやっぱり安心。また、おまるを見ればおしっこがしたくなるという条件反射もついて一石二鳥。

ポイント③:補助便座に座る練習をする

女の子にとって(男の子もですが)、便座に座るのはマスト。でも、大きな穴があいたトイレは小さい子には怖いもの。一回り小さい補助便座に階段がついたものや、乗ると音楽が鳴るものもあるので、楽しくトライできるはず。

女の子ママの体験談

ただの補助便座でなく、チャレンジしたくなる工夫がされた補助便座を使ったという人も多いよう。楽しい気分でトイレに行きたくなりますよね。また、これはママだ方こそできることですが、実際にどうするか実演したという人もいました。

「音の鳴る補助便座を用意した、可愛いパンツを履かせた」(30代・静岡県・子ども2人)
「トイレの座り方 トイレットペーパーの使い方など、実際に目の前で実演してみたらすぐに覚えてくれた」(40代・東京都・子ども2人)
「女の子は便座に座るのが怖いといって、なかなか進みませんでした」(30代・静岡県・子ども4人)
トイレトレーニングで役立ったモノは? ママパパ1000人の本音ランキング発表!【HugKumなんでも調査団「めばえ」編】
そろそろオムツを外す時期かなと思ったら、少しずつ始めたいのがトイレトレーニングです。平均的には、2〜3歳くらいで始めることが多いよう...

トイレトレーニングは楽しく!根気よく!

トイレトレーニングは必ず通るべき道ですが、最初の一歩を間違えると、思いの外長くかかってしまいがち。子どもがムリせず、チャレンジしたいという気持ちを捉えながら、楽しく進められるといいですね。そのためにも、ママ・パパの負担が少ない春・夏はオススです!

 

文・構成/HugKumm編集部

編集部おすすめ

関連記事