離乳食のとうもろこし、下ごしらえや冷凍テク、初期、中期、後期、完了期別のおすすめレシピを解説

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。

子供の好きな食べ物のひとつにとうもろこしがあるのではないでしょうか?幼少期、とうもろこしをガブリと食べるか、一粒一粒手でちぎりながら食べるかを悩んだものです。そんなとうもろこしも離乳食に使えます。赤ちゃんに食べさせるときのポイントと離乳食メニューをご紹介します!

離乳食のとうもろこし、いつから食べていい?

離乳食初期から

とうもろこしは離乳食初期から食べられます。下で詳しく解説していますが、よく下ごしらえしてから使用しましょう。

 

離乳食で使うとうもろこしの選び方を教えて!

缶詰めは塩や砂糖が使われていることもあるので要チェック

とうもろこしは、生、缶詰、冷凍といろいろありますね。用途によって使い分けるといいと思います。やっぱり美味しさと何も混ざりけがないこでを考えると生のとうもろこしです。缶詰めは塩や砂糖が使われていることもありますので、離乳食には不向き。裏面表示を見て購入するようにしましょう。

 

離乳食で使うとうもろこしは下ごしらえが必要?

中期ごろまで「薄皮を取り除く」ことがポイント

とうもろこしは離乳食初期から使えるのですが気になるのが「薄皮」。赤ちゃんの咀嚼力は未発達です。歯も生えそろっていません。薄皮がついていることで、噛み切ることができませんし、消化しにくくなります。ですので、「薄皮を取り除く」ことがポイントになります。

まずは柔らかく湯がいてむきましょう。一つ一つ薄皮をむくことはなかなか大変ですが、中期ごろまでむいてあげると安心です。後期以降から徐々に薄皮をむかなくてもよくなりますが、嫌がるなら引き続きむいてあげましょう。薄皮付きを初めて与えるときはまず、細かく切ってあげましょう。

 

離乳食のとうもろこしは冷凍保存できるの?

裏ごししたものやゆでたものを冷凍

とうもろこしを冷凍する場合は、裏ごししたものを1食分ずつ容器に入れて保存します。コーン粒のままも湯がいてから冷凍できますが、同じように1食分ずつ冷凍していると使うときに便利ですね。

 

とうもろこしを使った離乳食レシピ【初期・中期・後期・完了期】

では、各時期のとうもろこしを使った離乳食メニューを紹介します。今回は生のとうもろこしを使いました。今回紹介している離乳食メニューはすでに茹でてあるとうもろこしを使用しています。

基本のとうもろこしの茹で方

1.とうもろこしのひげや皮を取り除く

2.鍋にとうもろこしを入れひたひたになるくらいの水を入れて、火をつける

3.沸騰から5分ほど茹でる

【離乳食初期】とうもろこしとじゃがいものペースト

 

<材料>

とうもろこし 10g

じゃがいも 10g

<作り方>

・とうもろこしの薄皮をむく

・じゃがいもは皮をむき茹でやすい大きさに切る

1.じゃがいもを茹でる

2.1が8割がたやわらかくなったらとうもろこしも入れる

3.じゃがいもととうもろこしを裏ごしする

【離乳食中期】ささみととうもろこしのホワイトスープ

<材料>

鶏ささみ 5g

とうもろこし 10g

ブロッコリー(穂先) 5g

かつお昆布だし 100ml

牛乳 30ml

<作り方>

・とうもろこしの薄皮をむいて裏ごしする

1.かつお昆布だしで鶏のささみとブロッコリーを煮て、火が通ったら取り出してみじん切りにする

2.鍋の煮汁を50mlにして1ととうもろこし、牛乳を入れて煮る

 

【離乳食後期】しらすとコーンのおじや

 

<材料>

5倍かゆ 80g

しらす 5g

とうもろこし 5g

青のり 少々

かつお昆布だし 100ml

しょう油 0.5ml

<作り方>

・とうもろこしは、1/4~1/2に刻む

・しらすは湯がいて塩抜きする

1.かつお昆布だしで5倍かゆ、しらす、コーンを入れて蓋をして弱火で炊く

2.最後にしょう油で風味をつけ、青のりをふりかける

 

【離乳食完了期】牛肉とコーンのレンコン煮

<材料>

牛肉 10g

絹ごし豆腐 15g

とうもろこし 10g

レンコン 10g

かつお昆布だし 150ml

しょう油 0.5ml

<作り方>

・牛肉は脂肪を取り除き1cmに切る

・豆腐は1㎝角に切る

・とうもろこしは大きければ1/2に切る

・レンコンはおろし金ですりおろす

1.かつお昆布だしで牛肉、とうもろこし、レンコン入れて煮る

2.豆腐をを加え、ひと煮立ちしたらしょう油で風味をつける

 

【離乳食完了期】とうもろこしフレークを使った離乳食レシピ

お野菜をサイコロ状に切った離乳食完了期の赤ちゃん向けの噛むメニューです。切る大きさを小さくすれば離乳食中期から食べられます。

コロコロコーンスープ

<材料>

にんじん 15g

玉ねぎ 15g

さつまいも 15g

キャベツ 5g

とうもろこしフレーク

牛乳 50ml

かつお昆布だし 150ml

<作り方>

・野菜は1㎝角に切る

1.かつお昆布だしで野菜をやわらかくなるまで煮る

2.煮汁が半分になったら、とうもろこしフレークと牛乳を加えて煮る

3.味噌0.5gで風味をつける

 

とうもろこしは甘みがあって赤ちゃんが好む食材のひとつです。入れるだけで色合いも良くなって食欲をそそりますね。離乳食メニューに取り入れてみてくださいね!

 

文/中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事