カニカマを冷凍すると楽しい! おつまみ、サラダ、お弁当に映えるお役立ちレシピも

本物の蟹は入っていないのに絶大な人気があり、どこかユニークな存在でもあるカニカマは、冷凍保存するとさらに便利に使いこなせますよ。安価でおいしい食卓の友、カニカマを今回は詳しくご紹介します。

カニカマの基礎知識

「蟹の蒲鉾(かまぼこ)」を略した名前が「カニカマ」です。主な原材料はスケトウダラのすり身で、ほとんどの商品には本物の蟹は入っていません。

蟹はもともと高価なうえ、漁獲量が減ってきた稀少な食材です。そこで、安価で安定して手に入り、蟹そっくりな風味のカニカマが、代役として活躍するようになりました。サラダに使われる他、フライやチャーハンといった加熱料理にも使える、とても扱いやすい食品です。

カニカマは発明品

蟹の赤い色は、お祝いのイメージを想起させることから、マグロと並んで慶事の場面で喜ばれるご馳走でした。その、蟹を愛してやまないお国柄が、カニカマの発明と現在の人気を後押ししたといえます。カップラーメン、レトルトカレーに続き、戦後の日本三大発明食品として、その名を連ねています。

その発祥には諸説ありますが、水産メーカー各社が大変な苦労を重ねて、大量生産と安価な流通を実現させたそうです。発売当初は様々な声が挙がったにも関わらず、茶目っ気を交えながら、アイデア商品として販売を続けました。

70年代の発売当初、公正取引委員会から「蟹がほとんど入っていないのに、蟹を名乗って良いものなのか。蟹の絵も紛らわしい」と苦言を受けたメーカーでは、「カニスチック」の商品名を「フィッシュスチック」へ変更して対応しました。「インチキじゃないか! 」と消費者からの声には、「カニのようでカニでない」のキャッチコピーで笑いに繋げ、売上げを伸ばしたメーカーもあります。

世界のカニカマ

1980年代のアメリカ発、カルフォルニアロールの大流行がきっかけとなり、海外での日本食ブームは、カニカマを世界進出へと導きました。今では消費国第1位はフランス、第2位がスペインと、欧州でもその味が愛されています。

カニカマは冷凍保存できる

冷凍後は水分が出てしまい、生のまま食べるとベチャベチャしますが、マヨネーズなどの味付けが加わると気になりません。加熱料理ならさらに変化はないため、冷凍は賢い保存方法といえます。

カニカマの冷凍方法

それでは、具体的に冷凍方法をご紹介します。

フィルムのまま冷凍OK

未開封ならそのまま冷凍ができます。

開封後はフィルムごとラップに包み、冷凍用保存袋に入れてください。こうすると、乾燥と、温度変化による冷凍焼けを防ぐことができます。

ラップに包んでから入れています。

 

フィルムに包まれていないタイプのカニカマなら、できるだけ空気にふれないようにラップなどで包んでください。

シールラップを使いました。ラップでもOK。

 

フライや天ぷら用なら、ひとつひとつ分けておくと解凍せずに使えます。

フライの冷凍

フライにしたカニカマが余った時は、冷凍しておくと良いですよ。ラップなどに包み、できるだけ空気に触れないようにします。冷凍用保存袋に入れて冷凍します。

そのままアルミホイルにくるんでから冷凍すると、急速冷凍ができます。完全に温度が下がったあとは、アルミホイルは必要ありません。

冷凍後ははずして、中身が見えるほうが、食べ忘れの防止になります。

解凍方法

生のカニカマを解凍するのは、自然解凍が理想です。冷蔵庫に移してゆっくり3~4時間おくと比較的劣化も少なく解凍ができます。

時間がない時は電子レンジの解凍コースの機能がおすすめです。

フライを冷凍した時の解凍は、そのままオーブントースターや、魚焼きグリルで加熱します。強火にすると、表面が焦げて中は冷たいままになるので、弱~中火で通常より長めに加熱してください。油が落ちて、表面に焦げ目がつくくらいが目安です。じっくりと解凍と加熱が進むことにより、カリッとした食感が戻ります。

保存期間

どのカニカマも1か月を目安に食べてください。

冷凍食品も

カニカマは冷凍食品も人気です。蟹のみならず、ゆでエビの代用としても使い道を広げると、レシピが広がりますよ。天むす、チリソース、エビカツならぬカニカマカツにも、たっぷりと使えます。

簡単調理で人気の味の素冷凍食品8選|ギョーザやチャーハン、ハンバーグの人気商品はコレ
簡単調理でおすすめの味の素冷凍食品をピックアップしました。子供が大好きなギョーザやチャーハン、ハンバーグや鶏のから揚げなど、普段のおかず・お...

冷凍カニカマをおいしく食べる方法

冷凍カニカマを調理に使う例をみながら、おいしく食べる方法をご紹介します。

生で食べる

自然解凍か電子レンジで解凍したカニカマは、そのまま口にする事ができます。サラダにしてマヨネーズなどでいただきます。

ブロッコリースプラウトか、カイワレ大根と合わせ、マヨネーズで和えます。大人はわさび醤油を足してもおいしいです。

 

カニカマをほぐす時は、繊維に沿って包丁の背を当て、押しつぶすとよくほぐれます。包丁をずらすように移動させてください。蟹の身を意識した食感を残すなら、この程度で十分です。細い繊維状にも裂きやすくなります。

ほぐすと、より蟹の身に近づきます。

卵と一緒に調理する「カニカマのかきたまスープ」

冷凍カニカマと卵は人気の組み合わせです。ここでは解凍したカニカマを使い、卵のかきたまスープをご紹介します。

具だくさんにすると野菜も採れます。給食を思い出す、なつかしい味。

◆材料

(4人前)
冷凍カニカマ 5~6本
卵 1個
キャベツ 2~3枚
青ネギ 少々

出汁パック 1袋
水 800㏄

【A】
酒 大さじ3
みりん 大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1

塩 少々
※だしパックに含まれる塩分量は商品によって様々なので、様子をみながら塩で調節をしてください。

◆作り方

【1】カニカマは解凍した後、半分に切って粗めにほぐします。
【2】キャベツを乱切り、青ネギを小口切りにしておきます。
【3】鍋に水を沸かし、出汁パックを入れて出汁をとり、キャベツを煮ます。
【4】カニカマと【A】を加えてひと煮立ちし、最後に溶き卵を加えます。おたまでそっと円を描くように混ぜ合わせます。

天ぷらにする

解凍せずに、そのまま天ぷらにする調理例をご紹介します。

アツアツに加熱したカニカマは、真骨頂かもしれませんね。

◆材料

冷凍カニカマ 10本程度
揚げ油 適量

【衣】
てんぷら粉 大さじ2
水または、炭酸水 大さじ1

◆作り方

【1】揚げ油を180℃に熱しておきます。
【2】衣を和えます。

冷凍のまま衣の中へ。すぐに揚げます。

【3】冷凍カニカマに衣をつけ、油で揚げます。揚げ方は通常と同じですが、油の温度が下がりやすいので、ゆっくりと進めてください。

冷凍餃子の美味しい焼き方|羽根つきやパリッと上手に焼くコツを伝授!
子どもから大人まで大人気の餃子。お取り寄せをしたり、まとめて作った餃子を冷凍してストックされている方も多いはず。しかし、冷凍餃子をいざ焼いて...

カニカマの人気レシピ

ほかにもカニカマを使ったアレンジレシピはたくさん。温かいお出汁や、焼いたチヂミにもカニカマはよく合います。次ページからは、人気料理家さんたちに教わったカニカマのアレンジレシピをHugKumがラインナップしました。

編集部おすすめ

関連記事