カニカマを冷凍すると楽しい! おつまみ、サラダ、お弁当に映えるお役立ちレシピも

中華風茶碗蒸し

◆材料

(大人2人分+子ども1人分)
【1】卵2個を溶いてチキンスープ 200ml、しょうが汁小さじ1/2、薄口しょうゆ小さじ1/2、塩少々を混 ぜ、一度こす。
【2】一口大に切った木綿豆腐1/2丁と、ほぐしたかにかま4、5本を器に入れ、【1】を注ぎ、刻んだわかめ少々を散らす。
【3】【2】を蒸し器に入れ、弱火で7~10分蒸す。

◆ポイント

鶏肉と水だけで作り、 洋・中に使い回せる!「洋中万能のチキンスープ 」の作り方。

■材料(1.2リットル程度)
鶏もも肉(胸肉でも可) 1枚(約300g)
水 1.2リットル
塩 小さじ1/2

【1】鶏肉を鍋に入れ、水を注ぎ、塩を加えて火にかける。

【2】煮立ったら弱火にしてアクを 取り、7分ゆで、そのまま冷ます。冷めたら鶏肉を取り出す。

※ 冷蔵庫で1週間程度保存可能。鶏肉は料理に使えます。

教えてくれたのは


石澤清美さん

料理研究家。国際中医師・国際中医薬 膳師。食養生やハーブなどの専門家でもあり、体にいいものを簡単においしく作れるレシピが人気。

『ベビーブック』2017年6月号

かぶとかにかまのあんかけうどん

かにかまから出たうま味、すりおろしたかぶの甘みを合わせた味わい深いつゆに。とろとろでとても温まります。

◆材料

(大人2人分+子ども2人分)
かぶ 3個
かぶの葉 1個分
かにかまぼこ 4本

【A】水 31/2カップ
塩 小さじ2/3
みりん 小さじ2
しょうゆ 小さじ1

【B】片栗粉 小さじ2
水 小さじ4

ゆでうどん 300g

◆作り方

【1】かぶは皮をむき、1個はすりおろし、2個は1.5cm角に切る。
【2】かぶの葉は1cm幅に切る。かにかまは長さを3等分に切ってほぐす。うどんは包丁で短く切る。
【3】鍋に【A】と【1】を入れて中火で煮立て、弱火で5分煮る。【2】を加えて中火で3分煮、混ぜ合わせた【B】を加えてとろみをつける。

教えてくれたのは


青木恭子さん

小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。2つの保育園に7年間、栄養士として勤務。0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。現在は、雑誌やWEBなどで活躍。

『ベビーブック』2014年3月号

豆腐とかにかまのふっくらチヂミ

チヂミに欠かせない野菜といったらニラ!  外はカリっと、中はやわらかく焼き上げます。

◆材料

(大人2人+子ども2人分)
木綿豆腐 1/2丁(150g)
にら 4本
かにかまぼこ 3本

【A】
卵 1個
小麦粉 大さじ3
片栗粉 大さじ2
塩 小さじ1/3

ごま油 大さじ2

◆作り方

【1】豆腐は4等分し、キッチンペーパーに1かけずつ包み、両手で軽くはさんで押さえ、水けを絞る。
【2】にらは1cm幅に切り、かにかまは長さを4等分してほぐす。
【3】ボウルに【1】、【2】を入れて混ぜ、【A】を加えてよく混ぜる。
【4】フライパンにごま油を中火で熱し、スプーンで【3】をすくって平らに広げ、両面を3分ずつ焼く。
*好みでしょうゆをつけて。大人はキムチを添えても。

教えてくれたのは


青木 恭子さん

小田真規子主宰のスタジオナッツ所属。2つの保育園に7年間栄養士として勤務。0歳児の離乳食~5歳児の給食とおやつ作りを担当。現在は、雑誌から商品パッケージ、WEBなどで活躍。

『ベビーブック』2012年8月号

カニカマの人気レシピ18選|お弁当にもふだんのおかずにもぴったりなカニカマのお料理
子どもに人気のカニカマのレシピを幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたなかから厳選しました。うどんやピザ、パスタなどの子ども...
かまぼこの冷凍は使える! 華やかなお弁当、おつまみ、おかずに大活躍の活用レシピ
かまぼこを冷凍する時の注意点 かまぼこは、たら、サメなどの白身魚を原料として蒸しあげたもので、「蒸板かまぼこ」とも呼ばれます。魚が原料です...

お弁当映えが嬉しいカニカマ

カニカマは加工食品だけに、保存性や安定して安い価格が嬉しい商品ですね。お弁当に入れると、鮮やかな赤がよく映え、蟹に似た味が味覚の幅を広げてくれます。マヨネーズと合わせれば、お子さんの苦手な青野菜も食べやすくなるかもしれません。冷凍保存でいつも常備しておくと、助けてくれる場面は多くなりますので、ぜひ活用してください。

茹でたそうめんは冷凍OK? 余ったそうめんを冷凍保存で時短♪ 美味しい解凍方法&食べ方レシピをご紹介
夏になると食卓に出てくる回数がグンと増える「そうめん」。ツルッとした喉越しで、暑い夏でも食べやすく「ついつい茹ですぎて、余ってしまった…」な...

構成・文・写真(一部を除く)/もぱ(京都メディアライン)

編集部おすすめ

関連記事