余ったローストビーフは冷凍保存が正解! 美味しさ逃さない手順・解凍方法

とっておきのご馳走であるローストビーフ。塊で用意して、残してしまうこともありますよね。しかし捨てるのはもったいない。そんな時は冷凍保存がおすすめです。今回はローストビーフの冷凍保存方法について、美味しさを逃さない冷凍保存方法や解凍方法、また冷凍肉でローストビーフを作れるのかについてもご紹介します。

ローストビーフは冷凍保存ができる

余ったローストビーフを目の前にして、「ローストビーフって冷凍保存できるの? 」と、ふと疑問に思ったことはないでしょうか。ローストビーフは冷蔵保存も冷凍保存もできます。

翌日にでも食べてしまうローストビーフについては冷蔵保存で十分。しかし、すぐに食べきれない場合は冷凍保存がおすすめです。美味しさを逃さない、冷凍保存のポイントをみていきましょう。

美味しさ逃さないローストビーフの冷凍保存のポイント

・なるべくブロックの状態で冷凍保存する

スライスしたローストビーフは切断面が広いため、劣化するのが早くなります。1回で食べ切れる大きさのブロックに切り、冷凍保存すると風味も損なわれにくく、スライスして冷凍保存したものよりも長持ちします。

・ローストビーフについている水分を取る

ローストビーフの表面に水分が残っていると、解凍時にローストビーフが水っぽくなってしまいます。また、水分があることで雑菌が繁殖しやすくなるため、臭みの原因になることも。冷凍保存する前に、キッチンペーパーで余分な水分は拭き取っておくのがポイントです。

・空気に触れささない

ローストビーフを冷凍保存する時に気を付けなければならないのが、酸化と乾燥です。肉が酸化や乾燥すると、風味が落ちたり茶色く変色します。冷凍保存する際は、なるべく空気に触れさせないことが重要。ローストビーフはラップで覆い、さらに密閉できる保存袋に入れて冷凍保存しましょう。

・急速冷凍する

急速冷凍することで、美味しさを閉じ込めて冷凍保存することができます。熱伝導率の高い、金属製のトレーやアルミホイルを使うと急速冷凍することができます。

ローストビーフの冷凍保存方法

ローストビーフはブロックの状態のもの、スライスしたもの、どちらも冷凍保存が可能です。ブロックの状態・スライスした場合別に冷凍保存方法をみていきましょう。

ブロックで冷凍保存する場合

用意するものは以下のとおりです。

・金属製のトレー
・ラップ
・フリーザーバック
・キッチンペーパー

手順

1、1回で食べ切れるブロックの大きさにカットします。

2、キッチンペーパーで肉の表面についている水分を取りましょう。

3、ローストビーフが空気に触れないようにきっちりとラップをし、フリーザーバックに入れます。

4、フリーザーバック内の空気を抜きます。

5、金属製のトレーにのせて冷凍保存しましょう。

解凍方法

冷凍したローストビーフは、電子レンジなどの加熱解凍はおすすめできません。熱が入りすぎるため、肉がパサついたり、硬くなる原因になるからです。

おすすめの解凍方法は冷蔵解凍、または氷水で解凍する方法。ゆっくり時間をかけて解凍することで、美味しさを逃すことなく解凍することができます。

・冷蔵庫でじっくり解凍

冷凍したローストビーフは、保存袋に入れたままの状態で冷蔵庫に移します。食べる前日から冷蔵庫に入れておくと良いでしょう。ローストビーフの旨味を逃さないために、約1日かけてゆっくり解凍するのがおすすめです。

・氷水解凍の方法

氷水解凍すると、肉の旨味を逃す原因となる解凍時のドリップが出にくくなります。

 

1、ロストビーフが浸かるくらいの大きめのボウルを用意します。

2、その中に凍ったローストビーフ、ローストビーフが浸かるくらいの氷水を入れます(この時、保存袋がきっちりと密閉されているかを確認しましょう)。

4、ローストビーフが浮いてくるようなら、お皿や落とし蓋などの重りをのせて沈めましょう。

5、約1~2時間で解凍することができます。

保存期間

約1ヶ月の保存が可能です。しかし、美味しくいただくために、なるべく早く食べるようにしてください。

スライスしたものを冷凍保存する場合

次のものを用意しましょう。

・金属製のトレー
・ラップ
・フリーザーバッグ
・キッチンペーパー

手順

1、スライスしたローストビーフは、キッチンペパーで余分な水分を拭き取り、1枚ずつラップで包む。もしくは、重ならないように並べ、間にラップを挟みます。

2、フリーザーバッグに入れます。

3、なるべくフリーザーバッグ内の空気は抜いておきましょう。

4、金属製のトレーにのせ、冷凍庫で保存します。

解凍方法

凍ったローストビーフを保存袋のまま冷蔵庫に移して、冷蔵解凍しましょう。約1時間ほどで解凍することができます。スライスして冷凍保存した場合も熱が加わりすぎるため、電子レンジでの解凍はおすすめできません。

保存期間

約2~3週間の保存が可能。スライスすると断面が広く空気に触れる面積が大きいため、保存期間はブロックで保存したものより短くなります。

ローストビーフは冷凍肉でも作れる?

最近では、大型スーパーなどで肉が大きな塊で売られていますよね。肉を塊で冷凍ストックしている人も多いのではないでしょうか。

ストックしてある冷凍肉でジューシーで柔らかいローストビーフを作ることができるのか?  その答えは、冷凍肉でも美味しいローストビーフを作ることはできます。美味しく仕上げるコツと作り方をみていきましょう。

冷凍肉で美味しいローストビーフを作るコツ

・肉は急速冷凍する

・下味をつけて冷凍することで旨味を逃さない

・解凍は時間をかけてゆっくりと

・解凍後の肉は常温に戻してから焼く

冷凍肉でローストビーフを作る方法

1、冷蔵解凍や氷水で解凍した肉は、室温(20℃が最適)で常温になるまで置いておきます。

2、下味をつけていない場合は、この時に塩、コショウ、にんにくなどで下味をつけます。

3、フライパンで常温に戻した肉を全面焼きます。

4、全面焼けたら、フライパンから取り出し、ラップで包みます(二重にしておくと安心です)。

5、さらに肉を耐熱性のある保存袋に入れ、空気を抜いてしっかり密閉します。

6、湯を沸かした鍋に5を入れ、肉が浮いてこないように重りをのせ、1~2分弱火で煮ます。

7、1~2分経ったら火を止め、30分間余熱で火をとおしていきます。

8、30分経ったら、肉を鍋から取り出し、粗熱を取りましょう。

9、肉の粗熱が取れたら袋から肉を出し、薄く切れば完成です。

贅沢ディナーの定番♪ローストビーフのおもてなし献立におすすめのレシピ33選
お家でおもてなし!本格ローストビーフのレシピ 旨みの詰まったごちそうビーフが焼かずに完成! ◆材料 (3人分) 牛もも肉(ブ...

冷凍ローストビーフのアレンジ

解凍したローストビーフで作るサンドイッチの紹介です。ローストビーフを切って、パンに挟むだけで豪華なサンドイッチにランクアップ。お弁当にもおすすめですよ。

ローストビーフサンドイッチ

【材料】

  • お好みのパン
  • レタス
  • スライスしたローストビーフ
  • ローストビーフのタレ
  • マスタード

作り方

1、パンにマスタードを塗ります。

2、スライスしたローストビーフにタレを絡めます。

3、パンにレタスと2を挟んで完成です。

余ったローストビーフは冷凍保存して長持

ローストビーフは、酸化に気をつけるなどして冷凍保存することで、美味しさをキープしながら保存することができます。せっかくのご馳走、ローストビーフ。冷凍保存して美味しく食べ切りましょう。

おうちで過ごす結婚記念日におすすめ!ローストビーフなどの献立メニュー4提案
結婚記念日に人気のローストビーフ献立 【1】【主菜】ローストビーフ 旨みの詰まったごちそうビーフが焼かずに完成! ◆材料 (...
クリスマスの食べ物10選|お取り寄せできる♪ローストチキンやスイーツなど定番人気料理!
チキンやビーフなど、クリスマスのメイン料理 【1】ローストチキン 【2】チキンのパーティセット 【3】ローストビーフ ...

構成・文・写真(一部を除く)/松田慶子(京都メディアライン)

 

編集部おすすめ

関連記事