カッテージチーズを使った離乳食はいつから?保存法や選び方、手作りレシピも

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。赤ちゃんの離乳食が進むと、さまざまなタンパク質が食べられるようになってきます。その中のひとつが乳製品のチーズ。チーズにもいろいろな種類がありますね。
その中でもカッテージチーズはタンパクが多く、脂肪、塩分、クセが少なめなので離乳食に向いているチーズです。今日はそんなカッテージチーズのことを深堀りしてみます。

離乳食のカッテージチーズは離乳食中期に、少量から

カッテージチーズは、離乳食中期から食べられます。まずは、離乳食初期でたんぱく質の中でも豆腐や白身魚を食べ慣れることからスタートし、中期で乳製品にチャレンジします。

カッテージチーズは、加熱しなくても大丈夫ですが、一番初めに食べるとき心配なら加熱しましょう。ただ、加熱することで固くなることがあるので食べにくくなってしまうかもしれません。

食べられる量は、中期は5gほどです。

市販のカッテージチーズの選び方

市販のカッテージチーズには2種類あります。粒々のあるタイプと裏ごしタイプ。私は今まで粒々のカッテージチーズばかり使っていたのですが、裏ごしタイプは滑らかで離乳食にとても使いやすかったです。どんなメニューに使うかによって選んでもいいですね。

カッテージチーズを手作りするなら?

また、カッテージチーズは、牛乳とレモンだけで手軽に作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。

手作りカッテージチーズの作り方

<材料>

牛乳 250ml

レモン 15ml(大さじ1)

<作り方>

1.鍋に牛乳を入れて火にかけ、沸騰する前に火を止める
2.レモン汁を混ぜ入れて10分放置

3.2が固まってきたらザルにきれいな布巾(ペーパーでもOK)を敷いて時間をかけて水分を取り除く

今回は少量だけ作るレシピを紹介しましたが、もっとたくさん作りたい場合は、牛乳とレモン汁の分量を増やしましょう。

 

カッテージチーズを使った離乳食レシピ

【離乳食中期】じゃがいものカッテージチーズ和え

カッテージチーズを牛乳と混ぜ、じゃがいもに和えていただきます。

<材料>

カッテージチーズ 5g

じゃがいも 15g

ブロッコリー 10g

牛乳 5ml

<作り方>

・じゃがいもを1㎝角に切る

・ブロッコリーを5㎜に切る

1.牛乳をレンジで10秒温めて、カッテージチーズと混ぜ合わせる

2.鍋にじゃがいも⇒ブロッコリーの順に入れて茹でる

3.2 を湯切りして1と合わせる

 

離乳食のカッテージチーズの保存方法

カッテージチーズは、1回の献立にすべて使えないことが多いです。一度開けたカッテージチーズを冷蔵庫に保存する時は、密封容器に入れます。カビが生えたり、乾燥、におい移りがあったりするので長期間の保存は適していませんので、離乳食に使う場合は衛生面も考え開封間もないものを使いましょう。離乳食で使い切らなかったカッテージチーズは大人の料理に活用するといいですよ。例えば、サラダの仕上げにかける、ハンバーグや肉団子の隠し味に入れる、卵焼きに入れる、また、白和えに混ぜても美味しいです。

 

使い始めるとさまざまな料理にアレンジして使えるカッテージチーズ。離乳食に使うこの機会に、大人メニューにも取り入れてみてくださいね!

 

 

中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

編集部おすすめ

関連記事