【保育園の入園準備!】0歳、1歳児クラスの入園までに必要なものリストと心構え

大変だった保活もやっと終わり、春には職場復帰! 子供もついに保育園に入園です。 一日中子供のお世話をする日々とももうすぐお別れですね。幼い子供の保育園生活に必要なものは盛りだくさん。今回は、乳幼児の保育園入園のまでに準備するものについてご紹介します。

保育園の0歳・1歳児クラス、入園までに準備しておきたいもの・こと

保育園の入園が決まると、園から必要な物のリストが配布されます。細かい規定のある園もあるので、配布されてから準備をはじめると良いですが、入園が決まってから入園式まで時間がない場合は、早めに準備を開始しておくと安心です。

入園までに必要なものをご紹介します。

保育園の入園準備リスト(0歳児1歳児クラス共通)

着替え一式

下着、Tシャツ、トレーナー、ズボンなどの着替えは、1日あたり2~3セット持参する必要があります。食べこぼしやお漏らしなどで汚れるたびに着替えるので、それぞれ最低でも3枚ずつは用意しておきましょう。

また、以下のような洋服はNGとする保育園が多いので注意が必要です。

・ロンパース

・スナップ付きの下着

・スカート

・タイツ

・紐がついている服

・フードがついている服

動きやすく、着替えさせやすく、汚れても良いものを選ぶようにしましょう。

着替え入れ袋

着替え一式を入れておく袋です。着替えは持参するものが多く嵩張るので、大きめのものを用意しておくと安心です。

靴下

靴下も、凝ったデザインだと、糸がどこかに引っかかってしまうなどのトラブルがあるようなので、シンプルなタイプを選んでおくと良いでしょう。

靴(歩けるようになった子供のみ

歩けるようになったら、靴も用意する必要があります。保育士さんが脱ぎ履きさせてくれることが多いので、マジックテープ付きの着脱しやすいものを選ぶようにしましょう。

おむつ・おしりふき

特にまだ小さな赤ちゃんの場合、おむつもたくさん必要になります。園によっては毎日親が数枚持参するところと、まとめてたくさん置いておけるところとあり、また使用済みのおむつを持ち帰らなくてはならない園もあります。

おしりふきも同様です。どちらも消耗品なので、多めに用意しておくと良いですね。

昼寝布団・シーツ・布団カバー

お昼寝布団一式は、園によって必要なものが異なるので、説明会などで指示があってから購入することをおすすめします。

また、これらの布団一式は週末に持ち帰る園も多いので、まとめて持ち運びしやすいバッグがついたタイプを選ぶと良いですよ。

食事用エプロン

離乳食や幼児食を食べるようになると、食事用のエプロンも必要になります。こちらも園によって異なり、食べこぼしをキャッチするシリコン製ものをOKとする園もあれば、布製の食べこぼし用のポケット付きエプロンを指定する園もあります。

コップやマグ

園で飲むお茶などを入れるコップやマグの準備も必要です。成長に合わせて、子供が飲みやすいタイプのものを準備すると良いでしょう。

ループ付タオル・ハンカチ

手拭き用にフックにかける紐がついているタオルや、食事やおやつの時間に口を拭くタオルが必要となります。こちらも数枚ずつ用意しておくと安心です。

汚れもの袋

使用済みのオムツを入れる袋、着替えを入れる袋など、ビニール袋を何枚か持っていく必要があります。少し大きめのスーパーのレジ袋で問題ありません。

大きいママバッグ

とにかく荷物の多い乳幼児クラス。全ての持ち物を入れる大きなママバッグは必須です。

肩から掛けるタイプで、どこに何を入れているのかすぐにわかるような、収納力のあるバッグだと忘れ物も少なく済んで安心です。

さらに持ち物がたくさん!保育園0 歳児クラスの入園準備

0歳児の場合は、上記以外にも、以下のものを用意する必要があります。

粉ミルク

まだミルクからの栄養を主としている月齢の赤ちゃんの場合は、必要分の粉ミルクも用意しておく必要があります。こちらも、園によっては園の粉ミルクを使ってくれるところもあれば、家庭から持ち込みが必要な園もあるので、確認が必要です。

母乳パック

基本的には粉ミルクを持参指定することが多いですが、母乳育児をしていて、赤ちゃんが母乳しか飲めないという場合は、冷凍した母乳を入れる専用の母乳パックの取り扱いをOKとしている園もあります。

哺乳瓶

粉ミルクや母乳を飲ませる際に哺乳瓶が必要になります。子供が飲み慣れている哺乳瓶を用意しましょう。

離乳食用の食器

離乳食を食べている場合は、離乳食用のスプーンやフォークも持たせるようにしましょう。自宅で使っているものと同じものを選んでおくと、赤ちゃんにとっても食べやすく安心です。

スタイ

食事用、おやつ用のほかにも、よだれ用のスタイを何枚か持ってくるよう指定する園もあります。布製のもので、さっとよだれをふき取ることができるシンプルなタイプを持っておくと良いですね。

生活リズムも整えよう!保育園の1 歳児クラスに入るまでにしておきたい準備

1歳になると、0歳のときよりも周りが見えるようになり、自我が芽生えてくる子供も増えてきます。入園当初はママと離れることが不安で泣き叫ぶ子供がほとんど。1週間を過ぎると徐々に慣れてきますが、できるだけ早く保育園に慣れ、楽しい園生活を送ってほしいものですよね。

よりスムーズに入園生活に慣れるためには、入園前からできるだけ規則正しい生活を送ることが大切。園での生活スケジュールを予め確認し、起きる時間や食事、昼寝の時間などをそれに合わせておくと、入園後に子供も園の生活に馴染みやすくなるでしょう。ママも職場復帰に向けて準備で忙しいと思いますが、できる範囲で生活を整えてあげるようにしましょう。

入園準備物は手作りが必要?

保育園の入園準備で手作り指定は少ない

一般的に、保育園の入園グッズを手作り指定にしている園は少ないと考えてよいでしょう。ただし、サイズなどの規定がある場合もあるので、必要な場合は手作りしたり、サイズ調整をしたりしなくてはならないことも。

また、できる範囲で手作りするというママもいるようです。例えば、ループ付きタオルは普通のタオルに紐を縫いつけるだけなので、お裁縫が苦手なママでも時間をかけずに用意することができます。

最近では、アウトソーシングで布を送ってサイズやデザインを伝えれば入園グッズを作ってくれるサービスも増えており、時間はないけどデザインや柄を好みのものにしたいというママたちが活用しています。

手作りする場合は、時間に余裕をもって進めるようにしましょう。

保育園の準備物には名前を忘れずに

なくなることも多い!保育園の準備物への名前は必須!

上記で挙げたとおり、保育園にはたくさんの荷物を持っていくことになります。園児もたくさんいるので、落とし物も絶えません。名前が書いてないと無くなってしまうこともあるので、どんなに小さなものでも、すべての持ち物に名前を書くようにしましょう。

布製のものにはお名前スタンプやお名前ワッペン、アイロンシールなどがおすすめ。また、プラスチックのものには、撥水加工されてあるお名前シールなどを使うと便利ですよ。

すべての持ち物に名前を入れる作業は意外に時間がかかるもの。こちらも早めに取り掛かることをおすすめします。

 

生まれてからずっと自分の側にいた赤ちゃんも、ついに保育園。保育園が決まって嬉しい反面、少し寂しい気持ちもあることでしょう。入園後に我が子が気持ちよく過ごせるように、抜かりなく準備を進めることができるといいですね。

 

 

編集部おすすめ

関連記事