バウンサーは赤ちゃん育児に必須のアイテム!みんながオススメするお役立ちバウンサー8選

バウンサーとは?

バウンサーは、まだひとり座りのできない赤ちゃんから使えるゆりかご。日中、赤ちゃんをずっと抱っこしながらあやしたり、遊んであげるのは負担も大きく難しい話。バウンサーなら、ゆらゆらと心地よい揺れでお昼寝をさせやすく、赤ちゃんをあやすのにも便利。ベビーベッドを使わない日中に1台あるととっても便利なアイテムです。

バウンサーはいつから使える?

ほとんどのバウンサーはフラットタイプで新生児から使えるもの。リクライニング機能がついて、首が座る頃には少し起こしておもちゃで遊んだり、5、6ヶ月頃に離乳食が始まればイスとして使えるものもあります。ベビーチェアとして、4、5歳頃まで使えるものもあります。

バウンサーの効果やメリット

ほぼ仰向けの状態で過ごす赤ちゃんにとって、ゆらゆらと揺れる動きはママのお腹にいるような気持ちの良い刺激となります。吊り下げるおもちゃなどがあれば好奇心も刺激され、手や指の運動にもなります。リクライニング機能があり、ひとり座りのできない時期にも目線が高くなり赤ちゃんも大喜び。また、固定ベルトが付いているので、ママ・パパが家事をしている時などにちょっと目を離しても安心。大きく場所を取るものではないので、目の届く場所に移動してあげられるのも大きなポイントです。他にも音楽が流れるもの、自動で心地よい振動を起こしてくれるものなど、赤ちゃんがリラックスできるアイテムでもあります。

【厳選】離乳食時期に使うべきバウンサー! これで離乳食の時間が疲れない!
赤ちゃんをあやすとき、ミルクや離乳食をあげるとき、寝かせるときなど、ママパパがずっと抱っこしていては疲れてしまうもの。今回はそんなママパ...

バウンサーの選び方

一言でバウンサーと言ってもさまざまなタイプがあります。選び方のポイントはどこなのか確認しておきましょう。

揺らし方の違いで選ぶ

バウンサーは主に、赤ちゃんをあやすために使う人が多いものなので、その揺らし方にポイントがあります。赤ちゃん自身の体の動きを利用して揺れるもの、ストッパーを外して揺らすもの、カゴ部分を手で揺らすか電動で揺らすものがあります。赤ちゃんの動きを利用するものは、赤ちゃん自身が揺らすと楽しい!もっと揺らしたい!と好奇心が広がります。一方で、赤ちゃんが動きを止めないと揺れも止まらないので、座ったまま食事をさせるのは難しそう。ストッパーを外して揺らすタイプは、あやす時には揺らして、揺れを止めれば食事の時にチェアとして使うこともできます。カゴ部分を押して使うハイローチェアは、大人が押さないと基本的には揺れません。ただ電動で揺らせるものもあるので、高額になりますが手を離してもあやせるのは便利ですよね。このように揺らし方に違いがあるので、どんな形で使いたいかを考えて選ぶのがポイントです。

高さの調整ができるかどうか

ゆりかごとして使う人が多いので、床などの低い位置に置くものが多いバウンサー。ゆくゆくはダイニングテーブルで食事をするという場合には、ハイチェアを新たに買う必要があります。カゴを揺らすタイプのものは高さ調整ができたり、ベビーチェアとしてダイニングテーブルで使うことも可能なハイローチェアであることがほとんどなので、買い替えずに長く使うことができるという利点があります。将来的にどんなベビーチェアを買いたいかなども含めて考えておくと、ムダのないバウンサー選びができます。

短期間ならレンタルする手も!

あやしたりお昼寝をさせるだけならば、使う期間はそんなに長くないもの。であれば、レンタルをするという手もあります。レンタルする期間は自由に選べる場合が多いので、いくつか試して気に入ったものを長くレンタルすることも。その後の収納などに頭を悩ませることなく、コスパもよく使えます。ベビー用品専門のレンタルショップがたくさんあり、全国に配送してくれる場合がほとんどなので、運搬の手間がないのもメリット。いくつかレンタルショップをご紹介します。

ベビーズママ

申し込みから配送が早く、レンタルの延長ができたりそのまま買い取りできる商品があったりとフレキシブルに使えるのがポイント。また、レンタル保証制度があるので、普通に使っている範囲での汚れや故障については修理負担の必要がないので安心して使えます。

ベビーズママ

ナイスベビー

商品についての質問があれば、電話でオペレーターに相談できるので便利。レンタルだけでなく販売もしているサイトなので、レンタル品と同時購入であれば割引があるプランもあります。

ナイスベビー

ダスキンかしてネッと

長期で使うほど割引があったり、10日間までのお試し利用でも割引があったりとお得に効率よく使えるプランがあります。全国に68もの実店舗があるので直接引き取りなら送料がかからないというポイントも。在庫があれば手にとって選べるのもメリットですね。

ダスキン かしてネッと

新生児や赤ちゃんにおすすめのバウンサー

実際にどんなバウンサーが人気なのか、使ってよかったというママ・パパの声と合わせてご紹介します。デザインや、使える期間などさまざまなので、色々と比較するのがオススメです。

ベビービョルン バウンサーバランスソフト Air

フルメッシュで通気性に優れたバウンサーバランスソフト。立体的に裁断されたカバーで赤ちゃんの体をしっかりと包み込んでくれます。独自のカーブでデザインされたフレームは、赤ちゃんの小さな動きがそのまま本体に伝わり、自然な心地よい揺れを生み出してくれます。生後1ヶ月から使え、使い慣れると赤ちゃんが思いのままに揺らすことができ、さらにご機嫌に。3段階にリクライニングできるのでシーンに合わせて使えます。子どもがひとり立ちできる頃になったら、カバーを裏返しイスとしての使用も可能。本体の底面には滑り止めのゴムが全面についているので、床を傷つけず、音も静か。折りたたみできるので、帰省やちょっとした旅行にも手軽に持ち運びできます。カバー部分は取り外して、洗濯機で洗えるので清潔に使えます。

「安定して座ってくれたので助かった」(30代・愛知県・子ども1人)
「とにかく軽くて、どこでも持って行けて使いやすかった。イス代わりにもなったので、離乳食をあげる時にも使えた」(30代・埼玉県・子ども2人)
「手が離せない家事の時に便利だった」(40代・愛知県・子ども2人)

 

コンビ ホワイトレーベル ネムリラ AUTO SWING BEDi Long スリープシェル

成長に合わせて足元のステップの長さを調整できるので、1才頃までの寝かしつけが可能。スペースが広く使えるので、おむつ替えにも手軽に使えます。ママの心拍数に近い電動の揺れと7種のメロディーで赤ちゃんもスヤスヤ。眠るのに理想的な暗さを保ってくれるスリープシェルもポイント。ママに抱っこされているような寝心地と安心感を与えてくれるシートは、表はもっちりふわふわ、裏はさらさらのリバーシブル仕様。380個もの通気孔が空いた生地構造で、体温調節が苦手な赤ちゃんも蒸れずに快適に過ごせます。

「 起きかけた時に揺らすとまた寝てくれていたので助かりました」(30代・大阪府・子ども1人)
「寝かせるのに使ったり、大きくなってからは、ベビーチェアとして食事でも使えて便利だった(40代・千葉県・子ども2人)
「電動だと家事がはかどって助かった」(30代・福岡県・子ども2人)
「オルゴールも流れるので、子供が眠りにつくのが早かった」(30代・東京都・子ども1人)

 

カトージ イージーリクライニングバウンサー

新生児〜15kgまで使えるバウンサーは、4段階にリクライニングが可能。 取り外しのできる鈴入りもおもちゃも付属しているので便利に使えます。また本体に収納できるモスキートネットが付いているので夏のレジャーに持ち出しても安心なのは高ポイント。5点式ベルトでずり落ちず安全。収納、持ち運びに便利な専用袋付きです。

「少し大きめだけどちょうどいい。固定してイスにもなる」(20代・大阪府・子ども1人)
「ベビーベットは場所をとりすぐ使わなくなったため、 新生児から使える バウンサーが便利だった」(30代・東京都・子ども2人)
「 鼻が詰まりやすく平らだと寝づらいようで、 バウンサーで斜めにすると寝つきも良くなった」(30代・島根県・子ども2人)

 

西松屋 どり~むバウンサーエクストラ

ロッキングタイプのバウンサーは大型フレームなのでゆったりと寝られ、元気な赤ちゃんもご機嫌に。リクライニングは5段階に調整可能。新生児期の赤ちゃんが抜け落ちてしまうことのないよう配慮されたスワドルベルト付きで安心して使えます。大きなホロで風や光を遮り、お昼寝も快適。折りたたみ可能なので持ち運びや収納に便利。シート、枕、おもちゃは手洗い可能なので清潔に使えます。

「家事をする時に便利」(20代・大分県・子ども1人)
「ゆらゆら揺れるので、お昼寝しやすく便利だった。体を起こして、離乳食を食べる時にも使用」(30代・愛媛県・子ども1人)

 

フィッシャープライス インファント・トドラーロッカー

成長に合わせて3WAYで長く使えるバウンサー。新生児期にはキックスタンドを引き出してリクライニングポジションに。首が座ったら背もたれを上げて、付属の指遊びのできるぶらさがりおもちゃで遊んだりと自分で楽しめるように。大きくなったらゆったり揺らせるロッキングチェアに変身。体重18kg(4〜5歳)までとかなり長く使えます。リラックス振動機能付き。キックスタンドを引き出せば、ラックを固定。キックスタンドを外してゆらゆら揺らせば、お昼寝の寝かしつけにも便利です。リラックス振動機能がつき、車でドライブしているような振動で思わずウトウトしてしまうはず。クッションは取り外して丸洗いできます。

トイザらス オリジナルベビーバウンサー

ベビーザらスオリジナルのベビーバウンサーは、アニマル柄の可愛いシート。専用テーブル付きなのでおもちゃを置いて遊んだり、離乳食を食べるのにも便利。新生児期~3才頃まで長く使えます。7段階に細かく調整できるリクライニング機能付きで、赤ちゃんがご機嫌に過ごせます。

リッチェル バウンシングシート

赤ちゃんの動きに合わせた優しい揺れで、グズグズした時にあやすのも簡単。3段階に調整できるリクライニングで、シーンに合わせて使い分けできます。おもちゃバー付きなのでひとりでも楽しく遊べます。通気性の良いメッシュシートなので蒸れずに快適。取り外して丸洗いできるので清潔に使うことができます。滑り止め付きで、フローリングでも滑らず床を傷つけません。使わない時にはコンパクトに収納でき、持ち運びをするのにも便利。

タイニーラブ ベビーラック 3in1 おひるねロッキング・ナッパー

ゆりかごとして、お昼寝ベッドとして、そしてベビーシートとして3通りに使用できる3WAYのバウンサー。ゆりかごやベビーシートモードで赤ちゃんが眠ってしまったら、そのまま背面のレバーで180度まで簡単にリクライニング。ラクな体勢でお昼寝できます。包み込むように縁が立ちあがるので、目覚めた時もに安心なのも嬉しいポイント。吊り下げられたおもちゃをさわると、楽しく優しい音楽が流れ、光が点滅。思わず夢中で遊んでしまうはず。ボリュームはOFF・小・大に調節可能なので便利。アームの取り外しも簡単なので、お世話をする時の邪魔になりません。クッション性のある柔らかなシートは赤ちゃんを心地よく包んでくれます。穏やかに揺れる動きと、赤ちゃんを落ち着かせるバイブレーション機能があり、赤ちゃんの身体感覚と運動能力の発育に役立ちます。

バウンサーはママ・パパが頼れる必須アイテム

ぐずった赤ちゃんをずっと抱っこしながらあやしたり、目を離さず遊んであげるのは現実的に難しいもの。バウンサーは赤ちゃんを安全に固定しながら快適に過ごさせてあげられるので、赤ちゃんにとっても、家事しなければいけないママ・パパにとっても頼れるもの。もはや、育児の必須アイテムとも言えるので、出産前からチェックしておきましょう。

おすすめベビークーファン6選|SNSにも映えるおしゃれな幌付や5wayタイプなど
クーファンは、赤ちゃんの移動手段や簡単なお昼寝スペースとして便利に利用できる、人気の育児グッズです。クーファンの使い方や種類を解説し、数多く...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事