離乳食の調理器具は必要?ピジョン、リッチェル、コンビ、100均などおすすめを解説

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。そろそろ離乳食が始まる!というときに考えることの1つが、離乳食に使う調理器具をどうする?ということ。一式そろえた方がいいのか?それとも家にある物でいいのか?など、今回はどんな調理器具が便利なのかをお話します。

離乳食作りに必要な道具

離乳食作りを始める前に、揃えておくと安心な道具は以下の通り。

・まな板

・包丁

・小鍋

・蓋のあるフチの厚い鍋(おかゆ用)

・裏ごし器

・大きめのスプーン(裏ごしするため)

・ブレンダー

・計量スプーン

・計量カップ

・スケール

また、小さくて深い器と離乳食用スプーンを、食べさせる際のために用意しておくといいですね。

離乳食の調理セットは必要?

家にあるもので代用もOK、ただし清潔に保って!

私は、自分の子育ての時は最低限の離乳食セットを購入しました。もちろん、家にある物で代用できれば、それを使ってOKですよ。ただ、衛生面はきちんと管理した方がいいので、その調理器具は離乳食用にすることをお勧めします。素材も、

・消毒はできるか?

・割れやすく、壊れやすくないか?

など、離乳食を調理するうえで適しているかを確認しましょう。

市販の離乳食セットは、その点、離乳食にしか使いませんし衛生的だと思います。離乳食セットの中には、裏ごし器など離乳食初期しか使わないものもあります。私も、なんだかもったいない気もしましたが、離乳食を作る用に設計されているので使いやすく、たった2カ月間ですが重宝しました。離乳食セットは、簡単なものが1セットあってもいいかな、というのが私の結論です。

 

離乳食の調理器具セット、インストラクターのおすすめは?

赤ちゃん本舗の「ベビー調理器セット 9王(クッキング)」が使いやすい!


私が何度も買い替えて使っているのが、赤ちゃん本舗の「ベビー調理器セット 9王(クッキング)」

娘の離乳食の時に使った、この裏ごし器は今でも離乳食教室の際に愛用しています。各地域の離乳食教室に常備しているほどです。

このセットのおすすめポイントは、

・安定していて裏ごししやすい

・裏ごし面が大きい

・洗いやすい

・コンパクト

・余分な器具があまり入っていない

・リーズナブル(1,080円!)

ヘラとピーラー以外は、煮沸消毒できることろも魅力の一つです。現在のところ、裏ごし器の中ではこれが一番おススメです!

「リッチェル」の離乳食の調理器具、おすすめははさみ

ママたちの信頼もあついリッチェルのものでは、こちらがおすすめです。

リッチェル おでかけランチくん 離乳食はさみ

こちらは、商品名の通りお出かけの時も使えますし、普段の離乳食の時に、大人の料理から取り分ける際、包丁を使わず器の中で切れるというカンタンさもあります。煮沸や食器洗い洗浄機はダメなので、薬品につけて消毒をしてくださいね。

Amazonで買う

離乳食の調理器具、「ピジョン」ならこれ!

大人と一緒に作ることができるおかゆポット


おすすめは、「おかゆポット」。鍋で作ると大量に出来てしまうおかゆですが、このおかゆポットは1食分を大人の炊飯器と一緒に炊いてしまうという優れものです。

ピジョン 炊飯器用 おかゆポット

・大人のごはんと一緒に、少量のおかゆを無駄なく作れる

・赤ちゃんにできたてのおかゆを食べさせることがでる

というのは魅力的ですね。また、裏ごし器がついているので少量の裏ごしはこれでできちゃうというのも利点。全て煮沸消毒ができるので衛生面も安心です。

Amazonで買う

離乳食の調理器具、「コンビ」のおすすめは?


おすすめは、離乳食初期から完了期まで使える調理器具が入っている、「ベビーレーベル 離乳食ナビゲート調理セットC」。すりつぶしボウル・カットプレート・レンジ用フタ・おろしプレート・裏ごしプレート・すり鉢ボウル・ヘラの7点と愛情満点レシピがついています。湯がいた野菜などを網に通すだけで、5㎜・1㎝になるという優れもの。コチラもすべて煮沸消毒ができますので、衛生面でも安心です。

コンビ ベビーレーベル 離乳食ナビゲート 調理セット

 

Amazonで買う

離乳食の調理器具は日本製のものがいいの?

日本製がいいのか海外製がいいのかは、ママの思いもあると思います。日本製は信頼性が高いかもしれません。その反面、値段もそれに準じて高い可能性もあります。

ママの思いと家計が一致したところで選ぶといいのではないかと思います。

離乳食の調理器具、口コミでママに人気のもの

ママさんたちにアンケートをとってみたところ、今回私がおススメしたもの以外にも、

・ブレンダー

・レンジで調理ができる容器

など、もっと手軽に時短で離乳食が作れる調理器具も人気でした。

離乳食の調理器具、消毒方法は?

3種類の消毒方法を用途に応じて使い分けて

・煮沸消毒

大きめの鍋に熱湯を沸かし調理器具を入れ、5分程度ぐつぐつ煮る

・熱湯消毒

熱湯を調理器具に回しかける

・薬品消毒

指定の分量の薬品の中につけ込む

使用する調理器具によって消毒方法が異なってきますので、その調理器具の説明書をよく読みましょう。私は、できることなら赤ちゃんに薬品を使いたくないので、煮沸消毒できる調理器具を選ぶように心がけています。消毒した後は、きれいな布巾で水分をふき取って、乾燥させてから収納しましょうね。

離乳食の調理器具は100均でも見つけられる!

リーズナブルなものをいくつか揃え、いつも清潔な状態で

離乳食専用にするなら100円均一でそろうものもありますね。まな板、計量スプーン、計量カップ、おろし金、すり鉢、ボウル、ザルなど。茶こしを裏ごし器代わりにする方法もありますが、目が細かいとなかなか裏ごしできず、安定もしていないので私は裏ごししにくく感じました。選ぶときは、消毒ができるかどうかを確認することも大切です。

 

離乳食用の調理器具は一度買うと買い替えをすることはありません。できれば試してみたいところですが、店頭では試すことができません。買う前に周りのお友達に話を聞いてみるのもいいですね。使いやすさひとつで、離乳食調理もラクになりますよ!

 

文/中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

 

編集部おすすめ

関連記事