新生児におすすめのセレモニードレス7選!男の子・女の子向け、人気の西松屋のアイテムを厳選

生まれたばかりの新生児には記念日が目白押し!退院時はもちろん、お宮参りなどのイベント事でおすすめのセレモニードレスをピックアップしました。女の子におすすめのおしゃれなベビードレスや、男の子に人気のタキシードタイプのセレモニードレスなど、新生児におすすめのドレスを厳選してご紹介。

退院時やお祝いにおすすめ、女の子用セレモニードレス

★選びのポイント★

セレモニードレスは男女問わず着られるホワイトが定番ですが、女の子向けに淡いピンクや優しいイラスト付きもあります。ホワイトでもリボンやレースがついたデザインは比較的女の子ベビーに選ぶ方が多いようです。帽子やベビーソックスとのセットはそれぞれ単品使いもできておすすめです。

 

【1】『チャックルベビー(chuckle BABY) セレモニードレス 3点セット』

◆おすすめポイント

通年素材を使用した新生児ツーウェイオールと、刺繍たっぷりのオーバードレス、それに合わせた帽子の3点セットです。新生児ベビーの可愛さを引き立ててくれるピュアホワイトと女の子ベビーにおススメのピンクの2色展開。

【2】『セ-ラー風デザイン セレモニードレス』

◆おすすめポイント

可愛いセーラー風デザインのセレモニードレスセット。股部分のスナップボタンの付け方を変えるとカバーオールにもなる、便利なツーウェイタイプのベビードレスです。
帽子はシンプルなデザイン♪裏地はガーゼを使用しており、敏感な肌の赤ちゃんにも優しい肌触りです。

【3】『袴タイプ セレモニードレス』

◆おすすめポイント

新生児赤ちゃんの退院時・お宮参りや様々なセレモニーにも対応した上品なデザイン♪素材は、柔らかくて肌触りの良い、春秋におすすめのスムース素材。後ろ身頃は抱っこしやすいシンプルなデザインに。
股部分のスナップボタンを付け替えるとドレスオールにもなる、便利なツーウェイタイプのドレスです。
お披露目の時やお食い初め(百日祝い)などの際にも活躍してくれます。

【4】『ナオミイトウ(Naomi Ito) わたガーゼベビードレス』

◆おすすめポイント

テキスタイルデザイナー・水彩画家の伊藤尚美さんによるベビーグッズブランド「NAOMI ITO(ナオミイトウ)。
こちらは“わたガーゼ”素材のやわらかなベビードレスです。お宮参りのセレモニードレスにぴったり♪
着物の半衿をイメージし、衿と帽子に中わたを入れて「ぷくっ」としたフォルムになる様に、また、刺しゅうをあしらい上品な一着になっています。

新生児におすすめの長肌着8選!人気の西松屋やミキハウスの日本製などを厳選
上手く体温調整ができない新生児の赤ちゃんや、冬に生まれた赤ちゃんには、丈の長い長肌着がおすすめです。 今回は、長肌着に限定しておすすめ...

男の子用のセレモニードレスとして人気のベビータキシード

★選びのポイント★

男の子用にタキシード風のセレモニー服を選ぶ方も増えているそう。表情までちょっぴり凛々しく見えそうですね。お食い染めや初節句などのイベントにもおすすめです。

 

【1】『フード付きタキシード型ツーウェイオール』

◆おすすめポイント

タキシード風デザインで男の子らしいクラシックスタイルを!春秋におすすめのスムース素材が魅力のツーウェイタイプドレスです。国内のベビー用品専門工場で生産されている安心安全の日本製。

【2】『タキシードデザイン ベビー用3点セット』

◆おすすめポイント

オールホワイトが上品なタキシードタイプのセレモニードレスです。
紐結び式で脱げ落ちないベビーソックス&帽子付きの3点セット。安心安全の日本製。

西松屋のおしゃれなセレモニードレス

★選びのポイント★

西松屋のドレスはなんと言ってもお手頃価格なのが魅力! そう何度も着るものではないし、他にも色々とグッズを揃えなければならない時期なので、リーズナブルな値段でセレモニー服が手に入るのはうれしいですね。

【1】『フード&オーガンジーエプロン付きセレモニードレス』

◆おすすめポイント

伸縮がよく、やわらかい生地が魅力のセレモニードレスです。
ボタンの留め方を変えると、ドレスからカバーオールにでき、赤ちゃんの肌をやさしく包みます。

新生児用に人気のカバーオール9選!おすすめツーウェイオールなどを厳選
新生児の赤ちゃんにおすすめのおしゃれ服「カバーオール」をピックアップしました。「西松屋」の男の子用や冬場に人気の裏起毛カバーオール、さらにお...

かわいいセレモニードレスでベビーの誕生をお祝いしよう♡

生まれたばかりの赤ちゃんの、天使のような可愛さをより引き立ててくれるセレモニードレス。退院時やお宮参りなどにぜひ取り入れてみてください。写真映えもバッチリです!

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事