2022年のゴールデンウィークはいつからいつまで?│家族の過ごし方をアンケート調査!

5月が近づくと気になるのが、その年のゴールデンウィークの期間。土日と祝日の重なり方によって、連休日数は毎年異なるので、混乱してしまう方も多いのではないでしょうか。
本記事では、2022年のゴールデンウィークの期間や、みなさんのゴールデンウィークの過ごし方、お出かけの際に気をつけたいポイント等を一挙にお伝えします!

2022年のゴールデンウィークはいつからいつまで?

まずは、2022年のゴールデンウィークの期間について解説。お出かけやお仕事の調整にご活用ください!

2022年のゴールデンウィークの期間

今年のゴールデンウィークは、暦の上では、
・4月29日(金)~5月1日(日):3連休
・5月3日(火)~5日(木):3連休
以上の6日間を指します。

ゴールデンウィークの祝日

ゴールデンウィークのお休みには、土日のほかに、
・昭和の日
・憲法記念日
・みどりの日
・こどもの日
これら4つの祝日が含まれます。
それぞれの祝日の由来や意味は過去の記事で詳しく解説しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

▼関連記事はこちら

「昭和の日」ってどんな祝日?明治・大正・平成の日がないのはなぜ?みどりの日との関係も解説
「昭和の日」とは 「昭和の日」は内閣府が定めた国民の祝日のひとつで、その説明については「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国...
「憲法記念日」はどんな祝日で何をするの?意味と由来を子供に説明しよう!
憲法記念日はいつ? 「憲法記念日」は、5月にある祝日のひとつ。ゴールデンウィークにはたくさんの祝日が続くため、その存在が薄れがちか...
「みどりの日」はいつ?どんな祝日?意味や由来、昭和の日との違いを解説!
2022年の「みどりの日」はいつ? みどりの日がどんな祝日なのかを知る前に、まずは「みどりの日」がいつになるのかを確認してみましょう。 ...
こどもの日をわかりやすく解説!意味や由来や遊びやすること、女の子の過ごし方もレクチャー
5月5日は「こどもの日」。この日は、子供が主役の1日です! そもそもこの「こどもの日」には、どのような由来があるのでしょうか。こどもの日にす...

最大何連休になる?

今年のゴールデンウィークが「最大で何連休になるのか」「いつお休みを取れば、最長連休が取れるのか」も気になるところではないでしょうか。

2022年のゴールデンウィークは、日付と曜日を羅列してみると以下のようになります。

・4月29日(金)昭和の日<祝日>
・4月30日(土)
5月1日(日)
5月2日(月)平日
・5月3日(火)憲法記念日<祝日>
・5月4日(水)みどりの日<祝日>
・5月5日(木)こどもの日<祝日>
5月6日(金)平日
・5月7日(土)
・5月8日(日)

つまり、土日が定休の方であれば、5月2日(月)と5月6日(金)さえ休みにすれば、ゴールデンウィークを10連休にできるのです!

▼こちらの関連記事も

5月1日のメーデーとは?歴史や由来、日本でのメーデーを解説!子供に分かりやすく説明しよう
メーデーとは メーデー、英語でMay Dayは直訳すると「5月の日」。もともとヨーロッパでは「夏の訪れを祝う日」とされてきましたが、19世...

そもそも、なぜゴールデンウィークという?

そんな5月の連休ですが、そもそもなぜ「ゴールデンウィーク」なんて華々しい名前で呼ばれるようになったのでしょうか。気になるその由来も、ぜひおさえておきましょう!

ゴールデンウィークの由来

「ゴールデンウィーク」という呼称の由来には、いくつかの説があります。そのうちのひとつが、

・ラジオで聴取率の高い時間帯「ゴールデンタイム」を真似たという説。

ほか、

・マルコ・ポーロ(『東方見聞録』内で、日本を「黄金の国ジパング」と伝えた)が来日したのが5月のこの時期だったからという説
・この時期にロッキー山脈の雪解け水で砂金がたくさん採れたことから、金鉱探しに人々が出かけ休日状態になったことからという説
・5月初旬公開の映画の宣伝文句に作られた説

……などがあります。

今年のゴールデンウィークは何して過ごす?みんなの過ごし方【14選】

ゴールデンウィークの予定はもう立てましたか? ここでは、HugKumメルマガ読者のご家庭からアンケートに寄せられた「今年のゴールデンウィークの過ごし方」を、回答数の多かった順にご紹介! GWをどう過ごそうか、まだ決めかねている方は参考にしてみては。

自宅で過ごす

アンケートに寄せられた「今年のゴールデンウィークの過ごし方」で、もっとも多かったのは『自宅で過ごす』というものでした。
ワクチンが普及されたものの、まだまだ感染拡大が止まらない新型コロナ。今年も引き続き、感染予防につとめて自宅での休暇を楽しむというご家庭は多いようです。

「自宅で過ごしつつも、近場でいいところがあったら行きたいとも思っています。 遠出しようとしても、コロナ禍で身動きが取れなさそうな感じがあるから。」(40代・神奈川県・子ども1人)

「コロナ禍なので、自宅でゆっくりしたい。 コロナに感染したくないので。」(40代・福岡県・子ども1人)

公園へ行く

また、新型コロナ禍によって遠出はハードルが高いけれど、公園くらいなら…というご家庭も多数。せっかく家族で過ごせるお休みなら、公園でもいいので、子どもと一緒に遊べる時間を作りたいですよね。

「外で子どもとたくさん遊びたい。コロナかだから」(20代・福井県・子ども1人)

「近所の公園などで遊ぶ。まだコロナがこわいから」(30代・東京都・子ども2人)

買い物・ショッピング

公園と同様に遠出とまではいかなくても、ちょっとした気分転換になるのが、買い物やショッピング。ららぽーとのようなショッピングモールなど、広々とした施設なら、より気分転換になりそうですね。

「主人は仕事なので、子供と公園かららぽーとなどで過ごす。」(40代・神奈川県・子ども1人)

外食する

外出はちょっと……という方の中でも「外食ならしたい」という意見が多く見受けられました。せっかくのゴールデンウィーク、普段は食べられないような、ちょっと特別な食事に出掛けてみては?

「決めてないが、地元でゆるゆると過ごすとおもう。出かけると混むし高いので」(40代・東京都・子ども4人)

「実家でのんびりと家族の時間を過ごしたい。普段食べられないようなご飯を食べる。なかなか帰省できないから」(20代・茨城県・子ども2人)

帰省する

また、「帰省したい」との声も多数届きました。去年も一昨年もゴールデンウィークは緊急事態宣言下。当時よりは規制が緩和され、「今年こそは」と帰省を計画している方は少なくないのではないでしょうか。

「2年ぶりに実家に帰る。 実家では、母のために動画配信サイトで動画が見れるように機器の設定などをしようと思う。長らく実家に帰っていないから」(30代・東京都・子ども2人)

「実家に帰省して親孝行する。たまには親孝行した方が良いと思ったから」(40代・山口県・子ども3人)

趣味・スポーツをする

おなじく「規制が緩和された今年こそは」と、アウトドア系の趣味やスポーツをしたいという方も。少し前までは、サッカーや野球など、団体で行う競技の大会等は特に行いづらかったので、今年はもう少し実施しやすくなることを願います。

「子供のサッカー」(40代・千葉県・子ども3人)

「釣り。去年は行けなかったから」(50代・福岡県・子ども2人)

水族館や動物園に行く

具体的なお出かけ先としては、水族館や動物園が人気のようです。なかでも、天気が良い日は動物園、天気が崩れた日は水族館へと向かう傾向にあるようです。

「動物園へいくのと、友人とランチをする予定です。コロナで自粛が多くストレスもあるのでそうしようとおもいました」(30代・愛知県・子ども1人)

「親戚一同でBBQをして、あとは、動物園に行く」(30代・大阪府・子ども2人)

旅行に行く

「今年こそは旅行に行く」と計画を立てているご家庭も少なくありません。去年、一昨年と、2年にわたって県外移動に厳しい規制があったので、それが緩和された今年は、遠出へのハードルも少し下がりましたね。

「山陰の温泉へ3年ぶりの旅行に行こうと思っています。コロナが少し落ち着いた時期かと感じた為。」(40代・大阪府・子ども2人)

「伊豆方面に1泊で家族旅行。久しぶりに家族旅行がしたくなったので。コロナも落ち着いてくると信じていたので。 (現在、あまり落ち着いていないが。)」(50代・神奈川県・子ども3人)

テーマパークやアミューズメント施設へ行く

テーマパーク&アミューズメント施設も、具体的なお出かけ先として人気でした。ご家庭によっては、実にひさしぶりの遊園地。きっと家族のすてきな思い出が作れるはず!

「小田原城の歴史謎解きイベントに参加したいと思っている。以前同様のイベントがあった時は参加できなかったので。」(40代・神奈川県・子ども2人)

「久しぶりに自分の実家に日帰りで帰省する。また、別の日には子供とアミューズメントパークに行きたい。コロナ禍でなかなか帰省できていないから。」(30代・千葉県・子ども1人)

BBQをする

大人も子どもも楽しめるBBQ。美味しい食事も堪能できて、気分転換にもなるため人気です。最近では機材手ぶらで準備&片付け不要のバーベキュー場もあり、より気軽にできるようになりました。

「県内でグランピングに行きたい。こどもが小学一年生になり、気分転換になりそうだから」(40代・広島県・子ども1人)

「近場でBBQ。手軽にできるから」(40代・大阪府・子ども3人)

仕事

接客・サービス業の方々をはじめ、「今年のゴールデンウィークは仕事」という方ももちろん少なくありません。ここで働いた分は、施設や交通機関が空いている時期にしっかり堪能しましょう!!

「主に仕事だが、休みの日は帰省したり買い物しようと考えている。 コロナが落ち着いているので帰省しても大丈夫かなと思った。」(30代・埼玉県・子ども1人)

「仕事が忙しいからゴールデンウィークは休みはない。仕事なので特にない。」(40代・東京都・子ども1人)

映画を見に行く

ゴールデンウィークに向けて、さまざまな新作映画も封切りになります。コナンに、クレヨンしんちゃん……等々、子どもがきっと喜ぶ、あんな映画やこんな映画を家族で見に行きたいですね。

「映画を観てのんびりと過ごしたいです。アウトドアの活動をしたいと思うのですが、コロナの影響もありなかなか思うようにいかないなと感じております」(40代・福岡県・子ども1人)

「映画を見たり、子供の行きたいところへ行く。子供に楽しんで貰いたいから」(40代・愛知県・子ども1人)

キャンプへ行く

自然の中で過ごせる「キャンプ」。短期間でも家族との時間をじっくり味わえるので、たっぷりとは連休が取れないご家庭や、ふだんお子さんと過ごしにくい共働きのご家庭等からも、GWの過ごし方として人気のようです。

「決定ではないが、デイキャンプもしくはBBQを家族でする予定。夫の休みが少なく、旅行には行けないので日帰りでできることを、ということで。」(30代・神奈川県・子ども3人)

「キャンプに行く。家族で楽しく過ごせるから」(30代・長崎県・子ども1人)

その他

そのほかにも、「引越しがある」等々、さまざまな「GWの過ごし方」が寄せられました。たまにしかないまとまったお休み。遊びやリフレッシュの他にも、有効的に活用できると良いですね。

「引っ越すので、新居で片付けや整理をして過ごす」(30代・山形県・子ども2人)

今年もコロナ禍。ゴールデンウィークにイベントに行くなら

ここまで述べてきたとおり、規制が多少は緩和されたものの、本年のゴールデンウィークもコロナ禍となってしまいました。昨年・一昨年に引き続き、お出かけやイベントに行く際は、念のため以下をチェックしておきましょう。

HPで実施概要を確認する

感染状況によっては、お出かけ先の状況や、イベントの開催の形式が普段とは異なる場合があります。事前にHPや公式SNSアカウントを見て、現在の実施概要等をしっかり確認しておきましょう。

感染症対策をチェックする

また、お出かけ先やイベント会場ではどのような感染症対策がされているのかも、チェックしておきたいところ。人数制限、パネルの設置など、場所によって方式はさまざまですが、「ご自身・ご家族が納得できる対策を実施しているか」を事前に知っておきたいですね。

ワクチン証明が必要な場合も

目的地やイベントの会場で、ワクチン証明や陰性証明が必要な場合もあります。直前に慌てないよう、なるべく早い確認と準備を!

外出前は検温や体調チェックを

周囲の感染対策の確認はもちろんのこと、マスクや消毒液の用意など、ご自分の感染対策もこれまでどおり万全に。検温や体調チェックをし、もしも体調に気がかりがある場合は外出を控えましょう。

ゴールデンウィーク前にしておきたいこと

連休がはじまると、さまざまなことが「いつもどおり」ではありません。区役所での手続き、銀行や郵便局での出入金などなど……

最後に、「連休前にしておきたいこと」もまとめてみました。

区役所や市役所役所などでの手続き等

市役所や区役所のような行政機関は、通常の祝日と同様に、ゴールデンウィーク期間中もお休みです。各種手続きが必要な場合は、ゴールデンウィーク前に済ませておきましょう。

銀行や郵便局での入出金

ゴールデンウィークの間は、銀行や郵便局も基本的にはお休みです。窓口での手続きは、ゴールデンウィーク前に済ませておきましょう。銀行ATMやコンビニATMは、利用可能時間が変更となる場合が多いので、こちらも事前にご確認ください。

交通機関の混雑/渋滞状況の確認

ゴールデンウィークは、各交通機関の混雑・渋滞が予想されます。ピークを避けたスケジュール立てをしたり、 各交通機関の予測情報をこまめにチェックすることをおすすめします。

病院などの医療機関の連休前の受診

病院や調剤薬局などの医療機関も、基本的にはお休みです。体調に不安があったり、薬が必要な場合はゴールデンウィーク前に診療・処方してもらいましょう。休日診療をしている近所の病院を事前にチェックしておくことも大切です。

ネット通販の利用

ネットショップも、お店によってはゴールデンウィークの間は発送業務をしていない場合があります。必要なものがある場合は、余裕をもって購入手続きを済ませましょう。

感染対策には気を配りつつ、GWを楽しみましょう

みなさんから寄せられた「GWの過ごし方」からも分かる通り、ワクチンが普及され「今年こそは出かけよう」と計画をしているご家庭も多いのではないでしょうか。
とはいえ、まだまだコロナ禍の先行きが見えていないのも事実。引き続き、感染対策や体調管理には気を配りつつ、家族と過ごすお休みを楽しみたいですね。

あなたにはこちらもおすすめ

2022年の母の日はいつ? 始まりの由来やカーネーションを贈る理由、プレゼントの渡し方をレクチャー
2022年の母の日はいつ? 母の日はいつか覚えていますか? 1ケ月違いで父の日があったり、祝日があったりして、わからなくなることも多いはず...
赤ちゃんとの外出はいつから?持ち物や移動手段、遠出する時期や注意点を解説
赤ちゃんはいつから外出させていい? 生まれたばかりの赤ちゃんを外に連れていくのは、不安がいっぱい。多くのママは赤ちゃんの外出デビューが、1...

文/羽吹理美 構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事