【Amazonギフト券5000円が当たるマネーアンケート】貯蓄ができない!でも教育費が心配。小学校入学以降かかるお金は?

PR/株式会社DeSCヘルスケア

子育て中のママ・パパからよく聞くのが「子育てにお金がかかって、なかなか貯蓄できない!」というお悩み。子どもを育てるのにかかるお金の項目はたくさんあり、あちこちにお金がかかるというのが悩みの原因かもしれません。子育て世帯では、みんなどのくらい貯蓄をしているの?どうやって貯めているの?みんなのお悩みから、子育て中の賢いお金の貯め方を探っていきましょう。

子育て世帯の毎月の貯蓄額、1〜3万円が最多

HugKumでは、0〜12歳の子を持つママ・パパにアンケートを実施。回答してもらったアンケートの結果から、リアルな貯蓄傾向を探っていきます。まずは、月々の家計の収支から、どのくらい貯蓄に回せているのか聞きました。

Q.家計の収支から毎月どのくらい貯金できていますか?(※ボーナスは除く)

一番多い回答が、1〜3万円(22.9%)。次に、3〜5万円(16.9%)という回答でした。割合いとして目立ったのが、「定期的な貯蓄はできていない」という回答。やはり、子育て世帯にとって、定期的な貯蓄は簡単なことではないことがわかります。

理由について具体的に見てみましょう。

「もう少し老後のために貯金額を増やしたいが、子供の教育費が高額になり、貯金が希望額に届いていない状況」(40代・福岡県・子ども3人)

「あるとどうしても使ってしまって収入の割に貯蓄できていない」(30代・愛知県・子ども1人)

「家賃が上がり、妊娠中で働けないため、今は貯金が出来ていない」(40代・大阪府・子ども1人)

「カードやQRコード決済など現金以外の決済が増えて、管理が難しくなった」(40代・福岡県・子ども1人)

思うように貯蓄ができない理由はさまざまですが、多くの人がもっと貯蓄をしなくては、と感じていることがわかります。

今すぐアンケートに応える>>※応募規約にお目通しの上ご回答お願いします。

早くから貯めた方がいい教育費。目標は1000万円

貯蓄ができないまま子どもが大きくなった場合、教育費に困ることがあるかもしれません。

HugKumでよく読まれた教育資金の貯蓄術の記事では「将来、子どもがしたいと思ったことをあきらめずにやらせてあげられる金額が1000万円」とあります。とても大きな金額で、自分の年収ではとても無理、と思う方も多いかもしれません。ですが、こちらの記事ではファイナンシャルプランナー藤方徹(ふじかた・とおる)さんが、可能な理由をこのように説明しています。

「この貯蓄は、年収500万円のご家庭でも十分に可能な金額です。

4万円、年2回のボーナス時に月額の6倍の24万円を貯蓄にまわせば、単純計算で960万円となります。

10年間で1000万円という根拠は、それだけ貯められたら10年目以降にお子さんがしたいと思ったことをあきらめずに、やらせてあげることができる金額だからです」

(HugKum『教育資金の「貯めどき」は子どもが10歳になるまでが勝負!敏腕FPオススメの貯蓄術』より)

貯めどきの今、見直すべきポイントは

早ければ早いほど、コツコツ貯めて成果が大きくなるのが貯蓄ですね。なかなか貯蓄ができない、という人におすすめの見直しポイントは次の4つです。

毎月の支払いの項目を見直す

数円の節約を毎日続けるのは大変。効果的なのが、固定費の見直しです。携帯電話の通信費は格安プランを選ぶなどの見直しをすると節約効果が高い項目です。動画サービスなどのサブスクリプション、スポーツジムや習い事の会費もムダになっているものがないかチェックしてみましょう。

児童手当は別口座にして貯蓄に回す

子どもが生まれるともらえる児童手当、いつの間にか生活費に消えていませんか?こちらも、定期的に支給されるものなので、児童手当は別口座に分けて貯めておくのがおすすめです。

自動的に教育資金が貯まる仕組みを作る

定番の積立預金もありますが、今はつみたてNISAを賢く利用する人も増えています。

つみたてNISAとは、国が多くの人に投資を利用してもらうために設けた制度です。証券会社などの金融機関で口座を開設することができます。商品によっては少額の積立投資も可能なので、無理なくはじめられます。

そもそも、長期で、積立で、分散投資すると、資産はプラスになりやすいといわれます。短期で売買するのではなく、寝かせて転がすと増えるのが投資ですので、長期的に教育資金をつくりたい人におすすめの方法です。

学資保険を利用する

学資保険のメリットは、貯蓄性もありながら、保護者に万が一のことがあったとき、子どもが困らないように満期の保険を受け取ることができる点にあるといわれています。返還率もさまざまなので、自分の納得のいく条件であるかどうか、契約の内容をよく確認することが大切です。

教育資金を貯めるなら、目標を決めて早くから始めるのが賢い選択ですね。ご家庭に合った方法で、無理なく教育資金の貯め方を考えていきたいものです。

アマゾンギフト券5000円が、抽選で10名に!マネーに関するアンケート実施中。

株式会社ディー・エヌ・エーの子会社(DeSCヘルスケア株式会社)が運営するおトクに学べる情報サービスサイト「ハレトケ」によるアンケートです。

アンケートに回答してくださった方の中から抽選でAmazonギフト券5000円分を10名にプレゼントされます

外部サイトへ飛びますので、以下応募規約の内容ご確認の上ご回答お願い致します。本アンケートは小学館のアンケートではございません。ご了承ください。

2022/11/6 (日) 23:59まで

↓↓↓↓↓アンケートはこちらから↓↓↓↓↓

応募規約

DeSCヘルスケア株式会社(以下「当社」といいます)が企画・実施するキャンペーン「将来のお金の準備に関するアンケートキャンペーン」(以下「本キャンペーン」といいます)にご応募いただく前に、本応募規約をよくお読みいただき、ご同意の上ご応募をお願いいたします。

・本キャンペーンにご応募いただいた方(以下「応募者」といいます)は、ご応募いただいた時点で、本応募規約に同意いただいたものとみなし、本応募規約は本キャンペーンに関する応募者と当社との合意の内容となります。

<キャンペーン概要>

・キャンペーン期間内にアンケートにご回答いただいた方を対象に抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分をお送りします。

<アンケート回答期限>

2022/11/6 (日) 23:59まで

<応募条件>

ご応募には次のいずれの条件も満たしていただくことが必要です。

・未成年者の場合は保護者の同意を得た上でご応募ください。未成年者からの応募の場合、保護者の同意を得たものとみなします。

・ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。2回以上ご応募いただいた場合は、最初のご応募のみ有効とさせていただきます。

・本キャンペーンへのご応募によるいかなるトラブル、損害が発生したとしても、当社の責に帰すべき事由がない限り、当社は責任を負いかねます。

<当選発表およびプレゼント発送について>

・プレゼントの発送は11月中旬~下旬頃を予定しております。
・発送時期につきましては、その他諸事情により遅れることがございますので、予めご了承ください。
次の場合には賞品を受け取る権利が無効となります。あらかじめご了承ください。
・本キャンペーン対象者が本注意事項に違反する行為をした場合。

・不正行為その他不適切な行為が確認された場合。

・アンケートへの回答がご入力期限内に行われなかった場合。

・ご回答頂いたメールアドレスにギフトコードをお送りします。メールアドレスの記載間違えや、メールアドレスの受信設定等により送信メールが不達となった場合。

<個人情報の取り扱い>

株式会社DeSCヘルスケア(以下、「当社」)は、回答内容及び個人情報(氏名/年齢/生年月日/性別/家族構成/職業/年収/学歴/保険の加入状況、及びメールアドレスを含みますがこれらに限りません)をサービス企画・開発並びにプレゼントの送付、お問い合わせ対応、及び本人確認のために利用いたします。

・当社は、取得した上記回答内容及び個人情報、並びに会員登録情報・サービス利用情報を、第一生命保険株式会社へ提供します。

※第一生命保険株式会社の個人情報の利用目的及び第一生命グループでの共同利用の詳細はこちらをご確認ください。

・当社のプライバシーポリシーはこちらをご確認ください。

<本キャンペーン及び本応募規約の変更等>

・本キャンペーンは、プレゼント内容を含め、予告なく変更・中止・終了することがありますので、あらかじめご了承ください。

・本応募規約は、予告なく変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

・本キャンペーン及び本応募規約の変更・中止・終了の効力は、アンケート内にてご回答頂いたメールアドレス宛に本キャンペーンの変更・中止・終了のご案内をご連絡した時点、または変更後の本応募規約を掲示した時点で全ての応募者に生じるものとします。

・これらの変更・中止・終了により生じた損害について、当社の責に帰すべき事由がない限り、当社は責任を負いかねます。

<Amazonギフト券について>

・本キャンペーンはDeSCヘルスケア株式会社による提供です。本キャンペーンについてのお問い合わせはAmazonではお受けしておりません。下記のお問い合わせ先までお願いいたします。

・Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

■本キャンペーンに関するお問い合わせ先: https://hareto-ke.jp/contact

キャンペーン内容についてご不明な点がございましたらこちらまでお問合せください。

※応募受付の状況、抽選結果やプレゼントに関する個別のお問合せにはお答えできません。

文・構成/HugKum編集部