杏さんがナビゲートする、子育てにぴったりの「子どもの感性を育てるクラシック名曲コンサート」へ行こう

PR/株式会社エニー、株式会社オンメイク

女優 杏さんに聞く外国での子育て話、脳科学者 茂木健一郎先生による音楽の重要性など子どもとクラシック音楽にまつわるトークを交えた全く新しいタイプのクラシックコンサートが開催されます!

「子どもの感性を育てるクラシック名曲コンサート」とは

4歳から親子で楽しめるフルオーケストラの演奏と、女優 杏さんら豪華キャストでお届けするクラシックコンサートが2023年2月、Bunkamuraオーチャードホールにて開催されます。

フルオーケストラの「本物」の演奏

ピアニストとして世界で活躍する福間洸太朗氏、また世界的指揮者の飯森範親氏が音楽監督を務めるパシフィックフィルハーモニア東京が、子どもの感性を育むのに最適なクラシックの名曲をお届け。

世界で活躍するピアニストの福間洸太朗氏 ©Rolf Schoellkopf
世界的指揮者、飯森範親氏 ©s.yamamoto

女優の杏さんと脳科学者 茂木健一郎先生の豪華キャスト

コンサートの進行役(MC)は、3人の子育て中である女優の杏さん! 杏さんは、海外での子育て話など、子どもとクラシック音楽にまつわるトークも交えてコンサートをナビゲートします。

また、ゲストの脳科学者の茂木健一郎先生は、クラシック音楽の持つ力を脳科学の視点から紐解きます。

⼦どもたちは⾳楽の楽しさを、⼤⼈たちはその奥深さを学べ、今までのクラシックコンサートにはない、魅力的な充実したプログラムに。

進行役(MC)

©Junko Tamaki(t.cube)

杏|女優

1986 年4 月14 日生まれ。東京都出身。2005年からモデルとしてパリコレなど海外のファッションショーで活躍。2006 年には「News Week」の「世界が尊敬する
日本人100 人」に選ばれる。2007 年に女優デビュー。公開待機作品に、映画TOKYO MER ~走る緊急救命室~』(2023年4月28日公開)がある。また、2022年には国連WFP 親善大使 に就任するなどテレビ・映画・CM など多方面で活躍中。

ゲスト

©Itaru Hirama 2021

茂木健一郎|脳科学者 

1962 年10 月20 日東京生まれ。東京大学理学部法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。専門は脳科学、認知科学。

子どもの豊かな感性に必要な力は

子どもの豊かな感性に必要な力は「共感力」と「想像力」と言われています。

音楽には(日本語の)歌詞がないため、「音」からいろいろな景色や気持ちを想像して聴くことができ、子どもたちの感性を育む一番の近道になると言われています。

モーツァルトやバッハの名曲から、子どもたちはどんな場面を想像するのでしょうか。

音楽監修は

今回の「子どもの感性を育てるクラシック名曲コンサート」の音楽監修をされたのは、クラシック音楽番組の構成を数多く務める新井鷗子さん。

親子でクラシック音楽を聴くときのポイントなどを教えてもらいました。

子どもには「いい音楽」を聴かせたいですよね。いい音楽の定義は人それぞれですが、モーツァルトやベートーヴェンの曲は200年以上も愛されている、ケタ違いのロングランヒット曲です。時空を超えて受け継がれてきたクラシックの名曲たち。そこには、お子さんの想像力を引き出し、豊かな感性を育むテーマがたくさん盛り込まれています。
「このメロディは何をあらわしているの?」「この曲にはどんな物語があるの?」
クラシック音楽とのすてきな出会いを親子で体験してみてくださいね。(音楽監修:新井鷗子さん)

音楽監修

©Tomoko Hidaki

新井鷗子|コンサート構成作家 

東京藝術大学音楽学部楽理科および作曲科卒業。NHK 教育番組の構成で国際エミー賞入選。これまでに「読響プレミア」「題名のない音楽会」「東急ジルベスターコンサート」「エンター・ザ・ミュージック」等クラシック音楽番組の構成を数多く務める。東京藝術大学客員教授(インクルーシブアーツ研究)、東京大学先端アートデザイン分野アドバイザー。横浜みなとみらいホール館長。

チケット情報

今回ご紹介した「子どもの感性を育てるクラシック名曲コンサート」は、誰もが一度は聞いたことのあるクラシックの名曲ばかり。公演内容や概要とともに、チケット情報をお知らせします。

【公演内容】
<演奏曲>※曲目は変更になる場合があります。
ロッシーニ「ウィリアム・テル」序曲よりスイス軍の行進/モーツァルト「フィガロの結婚」 序曲
バッハ「G線上のアリア」/チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」 第1楽章
ショパン「別れの曲」/ベートーヴェン「交響曲第5番「運命」第1楽章」/ビゼー「「カルメン」前奏曲」
ブラームス「ハンガリー舞曲第5番」/ラヴェル「ボレロ」

<トークショー>
脳科学者 茂木健一郎先生による音楽の重要性、女優 杏さんに聞く外国での子育て方法など、子どもとクラシック音楽を語るトークセッション

【公演概要】

●開催日時 : 2023年2月12日(日)

①12時30分開演 ②16時15分開演 ※2回公演 ※公演時間:100分(予定)※休憩あり

●会場 : Bunkamuraオーチャードホール 渋谷区道玄坂2-24-1

●チケット料金 : 全席指定/税込 大人8,800円 子ども3,800円(4歳以上~高校生)※4歳未満入場不可※身分証をご持参ください。(入場時ご提示いただく場合あり)

チケット取り扱いプレイガイド

【電話】
チケットポート03-6327-3710[平日AM10:00~PM6:00] https://www.ticketport.co.jp/
Bunkamuraチケットセンター03-3477-9999[AM10:00~PM5:00]
【WEB】
チケットぴあ: https://w.pia.jp/t/kodomokansei-classic/
ローソンチケット: https://l-tike.com/search/?lcd=32481
イープラス: https://eplus.jp/meikyoku-concert/
MY Bunkamura : https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/kashi/20230212.html
カンフェティ: https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=69800&

親子で心が豊かになるひとときを

子どもたちの想像力と豊かな感性を育むことができる「子どもの感性を育てるクラシック名曲コンサート」は、子どもと一緒に、大人も心が豊かになるひとときを過ごせることでしょう。

また、4歳以上のお子さんからオーケストラを鑑賞できる機会も貴重です。クラシックに詳しくなくても女優 杏さんがMCをつとめ、脳科学者 茂木健一郎先生が解説してくれるので安心ですよ。この機会にぜひ足を運んでみませんか。

 

主催・企画制作 : 株式会社エニー、株式会社オンメイク 協力:J:COM 後援:渋谷区

文・構成/HugKum編集部