【巨大ネットの森 SUMIKA】3歳から大人まで!楽しすぎるプレイスポットをママライターが体験レポート!

PR/モビリティランド

3月9日(土)にオープンした、ツインリンクもてぎの新アトラクション「巨大ネットの森 SUMIKA」。1日たっぷり遊べるファミリーに人気のプレイスポットがさらにパワーアップしたとあって、これは要注目!さっそく、オープン初日に5歳の息子を連れて体験してきました!

3歳から大人まで!日本最大級の全天候型の巨大ネットアスレチック

「巨大ネットの森 SUMIKA」は屋内のネットアスレチックで、その規模は日本最大!対象年齢は3歳から大人までと幅広く、広々としたつくりのアトラクション内では、大人も子供も思う存分体を動かして遊ぶことができます。

遊び方が異なる2つの巨大ツリーは存在感抜群!

入るとまず目に飛び込んでくる2つの巨大ツリーは、柔らかい葉をイメージした広葉樹のツリーと、アクティブに遊べる針葉樹をモチーフにしたツリーの2種類。

広葉樹のツリー

広葉樹のツリーはゆるやかなネットを使っているので、小さいお子さんでものびのびと遊べます。こちらのネットの見どころは、なんと言っても音と光の演出!森の季節を感じる幻想的な光は冬&春から夏、秋へと時間ごとに照明が変化していきます。アート感覚で楽しめる空間の美しさは、思わずうっとりしてしまうほど。

針葉樹のツリー

張りの強いネットを使った針葉樹のツリーは、よりアクティブに遊びたい小学生以上のお子さんにおすすめ!登ったり降りたり、走り回ったり、汗をかくほど思い切り体を動かして遊べるエリアです。

巨大ネット以外にもアトラクションが充実しまくり!

2つの巨大ネットの間にある「落ち葉トランポリン」と「蓮の池トランポリン」では、飛んだり跳ねたりと子供たちは大コーフン!楽しそうなこの表情♪ 我が息子もとにかく夢中になってジャンプしていました。

広葉樹のツリーの横にはキッズコーナーもあり、ボールプールの「どんぐりプール」や「いもむしトンネル」など、小さいお子さんが安全に遊べるエリアもあり、幅広い年齢のお子さんが楽しめます。

柵で囲まれた巨大ネットの外にはベンチを置いた休憩スペースや、軽食が取れるテーブルなども完備。授乳室やトイレもすぐ近くにあるので、ベビー連れのママでも安心して利用できます。

ドキドキ!ワクワク!森を感じる32の仕掛けで子供たちの好奇心を刺激


「巨大ネットの森 SUMIKA」には32もの仕掛けがあり、子供たちのドキドキ&ワクワクを刺激!「草むらのすみか」はヘビに見つからないよう、壁のかげに隠れたり走ったりしながら進んでいき、ハラハラしながらも楽しいアトラクションです。


アトラクション全体の光が変化するのも仕掛けのひとつで、体を動かして遊べるだけでなく、空間そのものの演出も注目したい見どころです。「空を舞うオオタカ」や「滑空するムササビ」など、アトラクション内を飛びまわる森の生きものたちを探し、見つけるのも楽しい!

記念にぜひ♡フォトジェニックなスポットもたくさん!

遊びに行った先でせっかく記念写真を撮るなら、「オシャレにかわいく撮りたい!」「SNSにアップしたい」と思うママは多いはず!そんなママの願いを叶えるフォトジェニックなスポットが、「巨大ネットの森 SUMIKA」にはたくさんあります。


緑の壁がかわいい入り口のフォトスポットは、「巨大ネットの森 SUMIKA」のロゴ入りで、記念撮影にぴったりのスポット。


鳥の巣を思わせるフォトフレームもかわいい!


光の演出によって美しく彩られたアトラクション内は、どこを切り取ってもフォトジェニック♡テクなしでおしゃれな写真が撮れるのがうれしい限りです。

春はスペシャルなイベントが盛りだくさん!

3月16(土)から4月7日(日)までは「もてぎの森 春わくわくフェスタ」を開催。期間中は20個配置されたハンモックで森林浴ができたり、ゲーム大会やスーパーバイクレースが行われるなど、スペシャルなイベントが盛りだくさん!
さらに、ハローウッズの森を散策しながら謎解きをしていくクイズ型アトラクション「森のふしぎみっけ!」も新たにオープンするそう。

とにかく一日中遊び倒せていつも以上に楽しい「ツインリンクもてぎ」に、この春ぜひ足を運んでみてくださいね!

料金など詳細は下記リンクよりご確認ください。
ツインリンクもてぎ
※料金:800円 (他のアトラクションと共通のパスポートも利用可能)
※対象年齢:3歳以上 (小学生未満のお子さんは、中学生以上の同伴者の付添い<有料>が必要になります)

 

文/村井 絢

編集部おすすめ

関連記事