子どもにマスクをさせるには?正しいマスクで【風邪】【インフルエンザ】うつらない&うつさない予防法

PR/バンダイ

寒くなると心配になるのが風邪・インフルエンザの感染。子どもの健康を守るために、どんな予防をしている?子どもにマスクをさせるには?ママたちにお話を伺いました。

Q:どんな予防をしていますか?

朝日さん:小学校や幼稚園でインフルエンザの流行を耳にするようになり、何人かお休みすると、予防を意識するようになります。小さな子が集まる場所には、なるべく行かないようにしたり、手洗いをしっかりさせたり。ちゃんと洗い終わるまで見ています。 原田さん:手洗い・うがいは、予防の基本なので、外から帰ったらやるようにしています。 山口さん:男の子の手洗いはシャーッ!で終わり。うがいはやってくれたら奇跡(笑)。「ほら、できるよ!」と得意げにやる時もあったのですが、「やって」と言うとやらない。なので、睡眠時間をたっぷりとって、栄養バランスのよい食事を心がけてます。本当は手洗いやうがいもちゃんとやってほしいけど。 原田さん:インフルエンザの予防接種は必ず受けてます。保育園に通っているので、集団生活のルールというか、マナーだと思って、親も子も必ず受けます。 山口さん:予防接種は親には苦難(笑)。病院の前まで行ったらダッシュで逃げ出して、やっとのことで連れ戻し、「先生、助けて〜!」と、まさにバトル(笑)。 朝日さん:もっと小さい時には、本人が理解しないうちにサッと済ませられたけど、今は暴れるのを押さえつけなければならないから、やってないです〜。

Q : マスクが必要と感じるのはどんな時?

朝日さん:まわりで誰かが咳をしていると「え?マスクしないの?」と気になるし、逆に自分の子が咳が出ている時に、お友だちに近づいていくと気を使いますね。 山口さん:子ども同士で遊んでいる時は、子どもは距離が近いですからね。ダイレクトにうつりそう。 原田さん:電車の中などで咳が聞こえると敏感になります。見えなくても咳は聞こえるので、ピクッ!となっちゃう。今ここでウイルスに感染したら、家に帰って手洗いやうがいをしても遅いんじゃないかと。あらかじめマスクをしていれば安心できますよね。 朝日さん:予防接種に比べれば、マスクは手軽だし、つけて欲しいアイテム。特に集団の中にいる時は、自分の子はもちろん、まわりにもつけてほしいです。 原田さん:お友だちに花粉症でマスクをつけている子もいるし、風邪の予防に限らず、これからますます子ども用マスクが必要になってくるんじゃないかしら。

Q : 子どもにマスクをさせるには?

山口さん:電車が好きなので電車柄のマスクを探して買いましたが、「苦しいからやダー!」と、すぐに外してしまって。どうしたらマスクをつけてくれるのか、教えてほしい〜。 朝日さん:女の子は色や柄がかわいいとか、お友だちがしていると喜んでつけます。一時期、幼稚園で、咳が出なくても毎日マスクをつけることがブームになりました。 原田さん:大人がしていると、まねしてつけたがることがありますね。「おんなじだよ〜」って。 山口さん:メガネが曇るので私自身がマスクは苦手。長時間つけると耳が痛くなるし。お手本にならない(笑)。子どもが興味を持つような楽しいデザインで、息がしやすく、つけ心地がやさしいマスクがあるといいな。 原田さん:今までマスクをつけたのは、病院にお見舞いに行った時の3回だけ。これからの時期、マスクが必要なシーンが多くなりそうなので、今から準備しなくちゃですね!

冬の元気を応援!子ども用マスクで風邪の季節を親子で乗り切ろう!

風邪やインフルエンザの予防に欠かせないのがマスク。小さなお子さんにぴったり合うマスクを選び、正しく使って「うつらない」「うつさない」冬を目指しましょう!   外出時は、マスクで「うつらない」予防を小さなお子さんには、かかってからの対処より、予防が重要。マスクをつけることで、飛沫感染をある程度防ぐほか、無意識に手で鼻や口を触って接触感染をする防止にもなります。また、乾燥を防ぎ、のどの保湿にも役立ちます。人混みに出かける時は、マスク着用で予防に努めましょう。

人混み、病院などでは、マスクで予防

マスクを正しく着けて「うつさない」予防

子ども同士で遊んでいる時、咳をしている子がいると、ママはヒヤヒヤ、ドキドキ。咳やくしゃみが出る時は、人に「うつさない」予防も大切です。小さなお子さんでも、マスクをきちんと装着して、周囲への「咳エチケット」に配慮しましょう。

知ってる? できている?《マスクの正しい装着方法》

【悪い例】

参考:厚生労働省ホームページ

失敗しないマスク選びのポイント

つけるのを嫌がる、すぐに外してポイッ!としてしまう、ひもが長すぎて顔からずれてしまうなど、マスクをさせたくても、なかなか思うようにいかないことも多いのでは。子どもに合ったマスク選びこそ、子どもの健康を守る第一歩です!

小さな顔に合うサイズ

子どもの顔は、鼻が低く、耳の位置が低いので、ずれたり、すきまができやすくなります。子どもの顔に合うよう設計されたマスクを選びましょう。

本体が立体型

立体型の形状は息がしやすく、圧迫感が少なくて快適。保温・保湿効果も期待でき、乾燥などから呼吸器官を守ります。

ひもは幅広タイプ

長時間つけていても耳が痛くなりにくい、幅広タイプの耳ひもがおすすめです。

子どもが好むデザイン

キャラクターつきのマスクで子どもの気をひいてみては? 寒い日のおでかけも楽しくなりそう!

HugKumおすすめ!アンパンマンの子ども用マスク

アンパンマンのマスクで冬も元気!わずらわしい、息が苦しい、耳が痛いなど、子どもが嫌がる原因を解決! つけるのが楽しくなるマスクです。

『めばえ』11月号のふろく「アンパンマンマスク」でしっかり風邪予防!

座談会に参加したママたちも絶賛!

 

2つの柄が発売中! 「それいけ!アンパンマン ちいさな立体マスク」

【マスク機能・構造の3つの工夫】

● 小さな子どもに安心の針金不使用 ● 不織布の3層フィルター、ウィルス飛沫、PM2.5、バクテリア、花粉をガード ● 長時間つけても耳が痛くなりにくいソフトな幅広タイプの耳ひも

使い切りタイプ5枚入り 各250 円+税 2~4歳のお子様・顔のちいさなお子様用 全国のドラッグストア・量販店・玩具売場等でお買い求めください。
商品についてくわしくはこちら

撮影/平田貴章 イラスト/植木美江 デザイン/小川まゆみ 構成/戸塚美峰 ©️やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV 発売元 株式会社バンダイ