世界環境デーが制定された目的・歴史・由来とは? 2021年のテーマや取り組みとともに紐解く

人類の発展や人口の増加とともに、環境問題は国や地域の枠組みを超え、いまや地球規模の問題となっています。年々加速的に世界中の森林や動物が失われ、人を含めた生態系のバランスや存続そのものを脅かしています。「世界環境デー」は、そんな国際的な環境問題を考えるための記念日です。

この記事では、世界環境デーの目的・歴史・由来を解説します。また、2021年はもちろん、これまでの世界環境デーのテーマや取り組みを紹介。さらに、日本独自の環境についての記念日も取り上げます。

「世界環境デー」ってどんな日?

今、地球上では3秒ごとにサッカーグランド1面分の森林が消えています。また、過去1世紀の間に、地球の湿地の半分が失われました。さらに、年々温暖化が進み、サンゴ礁の約50%が死滅するなど、環境や生態系の破壊と喪失に歯止めがかかりません。

この事態を重く見た「国連(国際連合)」は、世界規模の環境問題に取り組むため、ある国際デーを制定しました。それが今回ご紹介する「世界環境デー」です。

2021年の「世界環境デー」はいつ?

では、国連が定めた世界環境デーとは、いつ行われる記念日なのでしょうか?  まずは、2021年の世界環境デーの日付からご紹介します。あわせて、過去3年と来年以降3年の日付も確認しましょう。

今年の「世界環境デー」は6月5日土曜日

2021年の世界環境デーは6月5日土曜日です。毎年、この日が世界環境デーとなっており、世界各地でさまざな式典や活動などが行われています。

以下が過去3年と来年以降3年の世界環境デーです。

・2018年6月5日火曜日
・2019年6月5日水曜日
・2020年6月5日金曜日

・2022年6月5日日曜日
・2023年6月5日月曜日
・2024年6月5日水曜日

「世界環境デー」とは?

世界環境デーとは、環境問題に目を向ける国際的な記念日。ここからは、そんな世界環境デーが持つ具体的な目的、歴史や由来を解説していきます。

実は、この国際デーの制定には、日本が大きく関わっていました。

目的

国連が世界環境デーを制定した目的は、地球規模の環境や生態系の破壊・喪失を食い止め、世界の人々に環境保全・保護の重要性を認識させ、その啓発を図るためです。英語表記は「World Environment Day」になります。

6月5日の世界環境デーにあわせて、地球の環境を守るために設立された「UNEP(国連環境開発計画)」が、毎年異なるテーマを発表。世界が抱える環境問題への対策や解決に取り組んでいます。

歴史

1972年12月15日、国連総会で6月5日を世界環境デーとすることが決まりました。これは、日本とセネガルの共同提案により、採択されたものです。UNEPも、この国連総会で決議・発足しています。

世界環境デーの制定を皮切りとして、1983年には、地球環境保全の戦略を審議する「WCED(環境と開発に関する世界委員会)」が設立。さらに、1992年の「国連環境開発会議(地球サミット)」や2002年の「持続可能な開発に関する世界首脳会議(リオ+10)」、2012年の「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」など、現在に至るまで、環境問題に関するさまざまな国際会議が開催されています。

由来

1972年6月5日~6月16日、スウェーデンのストックホルムで開催された「国連人間環境会議」が世界環境デーが生まれるきっかけとなりました。同会議には、世界113ヶ国が参加し、環境問題をテーマとした初めての世界的なハイレベル政府間会合が行われました。

この時に採択された共通見解7項の前文と共通の信念26原則からなる宣言が「人間環境宣言(ストックホルム宣言)」です。国際環境デーは、この国連人間環境会議を記念して制定されました。

最近よく聞くSDGsって何?子どもに聞かれたらどう伝える?
SDGs(エスディージーズ)という言葉、最近さまざまなところで見聞きします。浸透しつつある言葉ですが、「地球レベルの壮大な目標?」「...

「世界環境デー」のテーマ

世界環境デーでは、UNEP(国連環境開発計画)が記念式典を開催するホスト国を決め、テーマを発表しています。地球上のさまざまな環境の重要性を訴え、その理解を深めるため、毎年、その内容は異なっています。

UNEPが掲げる2021年のテーマは、どのようなものなのでしょう。

2021年のテーマは「生態系の回復(Ecosystem recovery)」

2021年のテーマは「生態系の回復(Ecosystem recovery)」です。UNEPは、地球上のさまざまな生態系が破壊され、本来の役割を発揮できないことに警鐘を鳴らしています。

経済面においても世界のGDP10%に相当する損害があると発表。2021年から2030年は、国連が生態系を回復させる10年と定めた最初の年でもあるため、このテーマが発表されました。2021年のホスト国は、パキスタンです。

生態系とは何?食物連鎖との関わりや生態系の破壊についても知ろう【親子で学ぶ環境問題】
近年、生態系が破壊され、人間を含む生き物の活動に深刻な影響が出ているというニュースが増えています。このままでは子どもたちが将来困るのではない...

過去のテーマを振り返る

過去3年、世界環境デーに発表されたテーマを振り返っておきましょう。毎年、人類が取り組むべき地球規模の環境問題がテーマとして掲げられています。

2020年「自然のための時(Time for Nature)」

生物多様性に焦点があてられ、人類と自然の正しい調和がテーマとなりました。世界の人口が増加傾向をたどる反面、生物や森林、土地の破壊や喪失は進む一方です。2020年のホスト国は、コロンビアでした。

2019年「大気汚染をなくそう(Beat Air Pollution)」

世界では60億を超える人が、健康的に有害で、汚染された空気を吸っていると考えられています。その1/3は未来を支える子どもたちであり、この重大な問題に焦点を当てることから大気汚染がテーマになりました。2019年のホスト国は、中国でした。

2018年「プラスチック汚染をなくそう(Beat Plastic Pollution)」

2018年のテーマは、使い捨てプラスチックの過剰な生産や使用を減らすことを目的に掲げられました。この10年間で生産されたプラスチックの量は、20世紀全体の生産量を上回り、プラスチックごみは全廃棄物の10%に相当しています。2018年のホスト国は、インドでした。

「世界環境デー」の取り組み

UNEP(国連環境開発計画)が発表したテーマに沿って、世界中では、環境問題に対処するためのさまざまな取り組みが行われています。

2021年の具体的な取り組みをはじめ、過去3年の実際の取り組みを見ていきましょう。

2021年は「人類と自然の関係を再調整」を目指して

2021年は「国連生態系回復の10年(2021~2030年)」が正式にスタートする年にあたります。

人類と自然の関係を再調整し、世界が一丸となって、生態系の回復、気候変動の対処、絶滅危惧種の保護、食糧や水の安全保障などに取り組むこととなっています。

過去に行われた取り組み

ここからは、過去3年の間における具体的な取り組みをご紹介します。UNEPやホスト国がイニシアチブをとり、世界的な会議やイベント、呼びかけが行われてきました。

2020年の世界的な取り組み

新型コロナウイルス感染症が世界的な規模で拡大した2020年。UNEPは「世界がひとつになり、生態系保全の行動を取るように」と呼びかけました。

記念式典は、ホスト国のコロンビアからストリーミング配信。その他、世界中の政府、民間部門、市民社会などが新たな対策や声明の発表を行っています。

2019年の世界的な取り組み

世界各地で再生可能エネルギーや環境技術の開発、大気質改善といった環境保全行動が呼びかけられました。

ホスト国である中国は、過去10年間に実施した大気汚染対策を披露し、その実例を他国と共有・連携することで気候変動に対応する姿勢を示しました。

2018年の世界的な取り組み

使い捨てプラスチック製品の使用を削減するため、SNSを使った世界的なキャンペーンを開始。また、プラスチックの製造過程において、排出される温室効果ガスに注意を訴えました。さらに、各国政府のプラスチック汚染対策を評価した報告書を公表しました。

バイオマス燃料とは? バイオマスとの違いや利用における課題も解説【親子で学ぶ環境問題】
近年、バイオマス燃料が新たなエネルギーとして注目されています。まだ耳慣れないという人のために、バイオマス燃料の基礎知識をまとめました...

「世界環境デー」と類似した日本の記念日

世界環境デーの制定は、1972年の国連総会において、日本の提案があったからこそです。そして日本には、世界環境デーと似た独自の環境についての記念日があります。それが法律で定められた「環境の日」や「環境月間」です。

参考:環境省「環境の日及び環境月間」

「環境の日」とは

日本では「環境基本法」によって「環境の日」が定められています。日付は、世界環境デーと同じ6月5日です。

環境の日は、すべての国民が環境保全に対しての関心と理解を深め、積極的な活動を行い、意欲を高める日。そのため、国や地方公共団体などでは、この趣旨にふさわしい各種のイベントなどを開催しています。

「環境月間」とは

1973年~1990年まで、6月5日を初日とした「環境週間」が行われていましたが、環境庁は、1991年から6月の1ヶ月間を「環境月間」と定めました。

環境月間にあわせて、環境保護に関連したいろいろなイベントが全国で行われています。

家庭にも身近なSDGsがいっぱい!食事、水や電気の節約、男女の意識などを探してみた!
SDGs(持続可能な開発目標)は身の回りにもいっぱい!  SDGs(持続可能な開発目標)という言葉、さまざまな所で見聞きするようになり...

世界環境デーをきっかけに、身近なことから

世界環境デーは、世界中の人々が地球規模の環境問題と向き合う日です。1999年から毎年6月5日には、ホスト国が記念式典を開催しています。最初のホスト国は、世界環境デーの制定を提案した日本でした。そのときのテーマは「私たちの地球 私たちの未来 救うのは今!(Our Earth Our Future Just Save it!)」でした。

2021年のテーマである「生態系の回復」とともに、あらためて環境問題や生態系の危機を認識し、身近なところから環境を守る取り組みを始めてみませんか。

 

文・構成/HugKum編集部

今回の記事で取り組んだのはコレ!

  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 14 海の豊かさを守ろう
  • 15 陸の豊かさも守ろう

SDGsとは?

編集部おすすめ

関連記事