赤ちゃんの帽子を手作りしよう! 毛糸やガーゼ、手縫いやかぎ針編みの簡単な作り方

赤ちゃんの帽子は、紫外線対策や寒さ対策に活躍します。赤ちゃんの帽子を手作りしてみませんか?  手作りすれば、生地の素材や柄、デザインを自分で選んで作ることができます。この記事では、手縫いやかぎ針編みで作る赤ちゃんの帽子や、おすすめの帽子手作りキットなどを紹介します。

赤ちゃんのかわいい帽子を作ろう!

赤ちゃんの帽子を手作りしたい!

帽子は、赤ちゃんの頭を優しく守ってくれるアイテムです。手作りすると、世界に1つだけのオリジナルの帽子ができますので、赤ちゃんもきっと気に入ってくれるはず。まずは、作り方を見ていきましょう。

とってもかわいい♡赤ちゃんの手作り帽子の作り方

ママ・パパの手作り帽子には、手作りならではのあたたかさ、かわいらしさがあります。ここでは、手縫いやかぎ針などを使った帽子の作り方を紹介します。

ニット帽やベビーボンネットなど、かわいい帽子の作り方を紹介!

手縫いでできる!くまの耳付き帽子

かわいいくまの耳がついた帽子を縫いましょう!  ミシンでも、手縫いでも、簡単に作れます。* Baby&Kids * Handmadeさんの動画を参考にしました。

材料や道具

・紙(型紙用)A4サイズ 1枚
・布
・ゴム

作り方

【1】型紙を作る。
【2】布に型紙を置き、縫い代1cm程度とって布を切る。これを2枚作る。
【3】布2枚を中表にしてミシンで縁の部分を縫う。ゴムの通し口を開けておく。
(ポイント)待ち針をしておくと、ずれにくくなります。
【4】布の縁の部分にジグザグミシンをかける。
【5】帽子の口部分を折り返し、待ち針で固定し、ミシンでぐるりと縫う。
(ポイント)縫うときは、まっすぐでかまいませんが、ジグザグミシンをかけると、模様のようになって、かわいらしくなります。
【6】ゴムの通し口からゴムを通す。ゴムの端を結ぶ。
【7】布を裏返して完成!

教えてくれたのは…

* Baby&Kids * Handmadeさん

赤ちゃんや子供のアイテム、子育てに役立つアイテムなどを中心に作り方を紹介しているチャンネル。2020年10月から、毎週、週3本(火・木・土)の動画配信を行っています。

チャンネルは、こちら。

コットン糸で作る、夏にピッタリの日よけ帽子

100円ショップのコットン糸で編む、つば付きの日よけ帽子です。飾り紐を帽子の色に合わせて工夫すると、印象ががらっと変わります。happyknittingmama/ハピママさんの動画を参考にしました。

材料や道具

・コットン糸 4玉
・飾り紐(コットン糸、ファンシーヤーンなど) 適量
・かぎ針(8号、6号)
・ハサミ
・とじ針
・マーカー

作り方

【1】2本取りで編む。わの作り目を作り、1段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編みを6目編む。輪の中心をしぼる。1番最初の細編みの部分に引き抜く。
【2】2段目は鎖編み1目で立ち上がって、細編み2目ずつ、12目編む。引き抜き編みをする。
(ポイント)最初の目にはマーカーをつけておくと編みやすい。
【3】3段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目、2目を交互に繰り返す。18目編み、引き抜き編みをする。
【4】4段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み2目、1目、1目を繰り返す。24目編み、引き抜き編みをする。
【5】5段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目、1目、1目、2目を繰り返す。30目編み、引き抜き編みをする。
【6】6段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目、1目、2目を編む。続いて1目、1目、1目、1目、2目を繰り返す。36目編み、引き抜き編みをする。
【7】7段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目、1目、1目、1目、1目、2目を繰り返す。42目編み、引き抜き編みをする。
【8】8段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み2目、2目、2目、細編み1目、1目、1目、2目、細編み1目6回、2目を繰り返す。48目編み、引き抜き編みをする。
【9】9段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編みを1目ずつを繰り返す。48目編み、引き抜き編みをする。
【10】10段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目7回、2目を繰り返す。54目編み、引き抜き編みをする。
【11】11段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編みを1目ずつを繰り返す。54目編み、引き抜き編みをする。
【12】12段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目、1目、1目、1目、2目、細編み1目8回、2目を繰り返す。60目編み、引き抜き編みをする。
【13】13〜18段目は、1段ずつ鎖編み1目で立ち上がり、細編みを1目ずつを繰り返し、1周したら引き抜き編みをする。これを6段分行う。
【14】19段目は紐通し部分を編む。鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目を9回編む。2段下の細編みに長編みする。細編み1目を9回、2段下の細編みに長編みを繰り返す。1周したら引き抜き編みをする。
(ポイント)帽子の深さは細編みの増減なしの段で調整するとうまくいきますよ。
【15】20段目からは模様編みをする。鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目編む。1目飛ばして、長編みを5目編む。1目飛ばして、細編み1目編む。1目飛ばして、長編みを5目編むを繰り返す。1周したら引き抜き編みをする。
【16】21段目は鎖編み3目で立ち上がり、20段目の細編みに長編み2目をする。3つ目の長編みに細編み1目編む。20段目の細編みに長編み5目、3つ目の長編みに細編み1目編む。20段目の細編みに長編み5目、3つ目の長編みに細編み1目編むを繰り返す。1周したら長編みを2目編む。鎖の3目めに引き抜き編みをする。
【17】22段目は鎖編み1目で立ち上がり、細編み1目編む。1目飛ばして、長編みを5目編む。1目飛ばして、細編み1目編む。1目飛ばして、長編みを5目編むを繰り返す。1周したら引き抜き編みをする。糸始末分、糸を引いてから糸を切る。
(ポイント)糸始末分は15cm程度でOKです。
【18】糸始末をする。編み始めの糸端はそのまま切る。編み終わりの糸端は、編み地の裏側に糸始末する。
【19】最後に、飾り紐を紐通しの部分を起点にゆるい鎖編みをし、次の紐通し部分に来たら飾り紐を編み込み、再びゆるい鎖編みをする。これを1周繰り返す。最初の紐通し部分に針を入れて引き抜き、糸始末分の糸を引き出して糸を切る。とじ針で後始末をすれば完成。
(ポイント)飾り紐は、合成の革紐を紐通し部分に通すだけでもかわいくできます。

教えてくれたのは…

happyknittingmama/ハピママさん

作ることが大好きな2児のママ。編み物を中心としたハンドメイド作品や作り方を紹介しています。モノづくりの楽しさを感じることができるチャンネルです。

チャンネルは、こちら。
書籍「写真と動画でスイスイ編める! happyknittingmama/ハピママのかぎ針編みレッスン」発売中。

細編みや長編みなどの練習にぴったり!円のモチーフの作り方

編み物が初めての人、細編みや長編みを編んだことがあるけれど編み方を忘れてしまったという人におすすめの、かぎ針の練習を兼ねたかわいい円のモチーフの作り方を紹介します。こちらもhappyknittingmama/ハピママさんの動画を参考にしました。

7号のかぎ針と、お手持ちの並太毛糸でかんたんに作ることができます。赤ちゃん帽子を作る前に、こちらのモチーフで腕ならしをしておくと、スムーズに編み進めることができるでしょう。

 

教えてくれたのは…

happyknittingmama/ハピママさん

作ることが大好きな2児のママ。編み物を中心としたハンドメイド作品や作り方を紹介しています。モノづくりの楽しさを感じることができるチャンネルです。

チャンネルは、こちら。
書籍「写真と動画でスイスイ編める! happyknittingmama/ハピママのかぎ針編みレッスン」発売中。

裏地がガーゼのベビーボンネット

結び目部分はひもなので、サイズ調整が簡単。ゴムが苦手なお子さんにおすすめです。パーツが少ないので、すぐに作れます。* Baby&Kids * Handmadeさんの動画を参考にしました。

材料や道具

・型紙用の紙

・布(縦22×横17cm)2枚
・布(縦34×横11.5cm)1枚
・ガーゼ地(縦22×横17cm)2枚
・ガーゼ地(縦34×横11.5cm)1枚
・ひも(30cm)2本

作り方

【1】型紙を作る。
【2】布の上に型紙を置き、縫い代1cmで裁断する。
【3】ひもの端を2回折り込み、縫う。
【4】表地を中表にして、3枚を縫い合わせる。
【5】【4】の縫い代を割り、アイロンをかける。
【6】裏地も中表にして、3枚を縫い合わせる。
【7】【6】の縫い代を割り、アイロンをかける。
【8】【5】と【7】を中表で重ね、ひもを首の部分に合わせ、待ち針で止めておく。
(ポイント)重ねるときは、表地、裏地の縫い目を合わせると仕上がりがきれいになります。
【9】【8】を首元のほうからぐるりと縫う。下の部分を返し口10cm程度あけて縫う。
【10】返し口から裏返す。
【11】返し口を手縫いでとじる。
(ポイント)まつり縫いだと、縫い目が見えないのでおすすめです。
【12】頭の縁の部分と首回りの部分に押さえのミシンをかけたら完成!

教えてくれたのは…

* Baby&Kids * Handmadeさん

赤ちゃんや子供のアイテム、子育てに役立つアイテムなどを中心に作り方を紹介しているチャンネル。2020年10月から、毎週、週3本(火・木・土)の動画配信を行っています。

チャンネルはこちら。

かぎ針編みで作る、毛糸の冬用あったか帽子

冬は寒さを防いでくれる、温かい帽子があると便利。かぎ針で編めるのでぜひ、チャレンジしてみてください。ゆっくり編んでいけば、初心者でも大丈夫です。happyknittingmama/ハピママさんの動画を参考にしました。

材料や道具

・毛糸
・かぎ針(3mm 5号)
・はさみ
・とじ針
・マーカー(あれば)

作り方

【1】わの作り目を作り、1段目は鎖編み3目で立ち上がり、長編みを15回編む。針をはずし、編み地を糸端の方向に寄せる。糸端をひっぱり、動いたほうの糸を引き締める。最後に糸端をひっぱり、残りの糸も引き締める。針を戻し、1番最初の鎖編みの3目に引き抜き編みをする。
(ポイント)最初の目にはマーカーをつけておくと目印になります。
【2】2段目は鎖編み3目で立ち上がって、長編みを1回編む。次の目から長編みを2回ずつ編む。長編み2回を繰り返し、32目編んだら引き抜き編みをする。
【3】3段目は鎖編み3目で立ち上がって、長編みを1回編む。もう1度長編みを1回編む。長編み2回、長編み1回を交互に繰り返す。48目編み、引き抜き編みをする。
【4】4段目は鎖編み3目で立ち上がって、長編みを2回、長編みを1回、長編みを1回を繰り返す。64目編み、引き抜き編みをする。
【5】5〜13段目は鎖編み3目で立ち上がって、根元の次の目から長編みを1回ずつ編む。64目編み、引き抜き編みをする。これを9段分行う。
(ポイント)編み始めは根元の次の目から。間違えやすいので注意して!
【6】14段目は鎖編み1目で立ち上がって、根元から細編み1回ずつ編む。64目編み、引き抜き編みをする。糸始末分、糸を引いてから糸を切る。
(ポイント)糸始末分は15cm程度でOKです。
【7】糸始末をする。編み始めの糸端はそのまま切る。編み終わりの糸端は、編み地の裏側に糸始末をしたら完成!
(ポイント)少しだけ折り返して使うとかわいらしさが倍増します。

教えてくれたのは…

happyknittingmama/ハピママさん

作ることが大好きな2児のママ。編み物を中心としたハンドメイド作品や作り方を紹介しています。モノづくりの楽しさを感じることができるチャンネルです。

チャンネルは、こちら。
書籍「写真と動画でスイスイ編める! happyknittingmama/ハピママのかぎ針編みレッスン」発売中。

赤ちゃんの帽子サイズの選び方やおすすめの手作りキットを紹介

赤ちゃんの帽子を手作りするときにポイントとなるのが帽子のサイズです。ここでは帽子のサイズの選び方、おすすめの手作り帽子キットをピックアップしました。

帽子のサイズの選び方

赤ちゃんの帽子のサイズの目安は、次のとおりです。

・新生児~生後3ヶ月:40~42cm
・3~6ヶ月:42~44cm
・6ヶ月~1歳:44~46cm
・1歳~1歳半:46~48cm

頭のサイズは個人差があるので、実際に測ってみてください。頭のサイズを測るときには、機嫌のよいときや、寝ているときがよいでしょう。

帽子を手作りするときには、実際の頭囲より2~3cm大きいサイズにするのがおすすめです。

「ベビーキット me-in baby kit こぐまのぽーぼうしキット 」

こぐまのアップリケがかわいい帽子が作れるキットです。ボア布なので、肌当たりがよいのが特徴です。

「ねんねとメイクメイクで編むボンボンが可愛いベビー用帽子 手編みキット」

ボンボンが2つついたベビー用帽子ができあがります。まっすぐ編んでいくので思ったより簡単。新生児から1歳まで使えます。

「ベビー用!オーガニックコットン100%のポームベビーで編むとんがり帽子 手編みキット」

ピュアオーガニックコットンで編むとんがり帽子。新生児から1〜2歳までのサイズです。毛糸ではなくコットンなので、オールシーズン使えます。

夏場の紫外線対策に!赤ちゃん用帽子まとめ|サイズの選び方や手作りセットをご紹介
デリケートな赤ちゃんの頭を守ってくれる帽子は、お出かけの必需品です。暑くなってくるこの時期、夏用帽子はどのようなものを選べばいいので...
月齢別サイズはこれ! 赤ちゃんの帽子、おすすめ12選
赤ちゃんの帽子は必要? 赤ちゃんが帽子を被っている姿は、見ているだけで可愛いですよね。産院によっては、生まれたばかりの赤ちゃんに帽子を...

世界に1つだけの赤ちゃんの帽子を作りましょう

赤ちゃんの帽子は、素材はもちろん、デザインや色にこだわって作りたいですね。サイズが小さいので、手縫いやかぎ針で比較的簡単に作れます。気軽にチャレンジしてみてください。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事