失敗しないお餅の冷凍方法! 賞味期限やお好みに合わせた解凍方法もご紹介

冬になるとお汁粉に入れたり、焼いて食べたくなる「お餅」。冷蔵庫に入れておいたのはいいけれど、気付いたらカビが生えていた! なんてことはありませんか? 「お餅」を保存する際は、カビの発生に注意しなければなりません。今回は、ストックしておくと便利な「お餅」の冷凍保存方法について。失敗しない冷凍保存方法や解凍方法などをご紹介していきます。

お餅を冷凍するメリット

お餅を冷凍すると、いいことがいっぱい。そのメリットを見ていきましょう。

・長期保存が可能になる

通常、冷蔵保存すると約1~2週間で使い切らなければなりません。しかし、お餅は冷凍保存することで約6か月間保存することができます。

・解凍なしで調理に使える

冷凍保存した食品は、解凍するのが面倒ですよね。お餅は、面倒な解凍をせずにそのまま調理することができます。また、調理は短時間でできるため、お餅を冷凍しておくと「すぐに何か食べたい」という時にも重宝するでしょう。

・味や食感が変わらない

冷凍保存すると、どうしても味や食感が落ちてしまう食品は多くあります。しかし、お餅は冷凍保存、解凍しても、味や食感が変わることはありません。加熱して食べると、いつでも美味しくいただくことができます。

冷凍保存してもカビが生える!?

冷凍保存は、お餅にカビが生えにくくなる保存方法です。しかし、冷凍すると、全くカビが発生しないのか? というと、そうではありません。もともとカビが生えかけていたものを冷凍したり、保存環境が悪いとカビは発生します。

カビを発生させない冷凍保存のコツをみていきましょう。

カビを発生させない冷凍保存のコツ

・冷凍保存する前にお餅の表面をチェック

しばらく常温でおいてあったお餅を冷凍保存する場合、表面にカビが生えていないかをチェックしましょう。カビ菌は冷凍しても死滅しません。少しでもカビが付着していると繁殖する恐れがあります。

・冷凍庫の開け閉めは控えめに

カビが繁殖しやすい温度は、20~30度。冷凍保存することで繁殖しにくくなります。しかし、冷凍庫を頻繁に開け閉めすると、冷凍庫内の温度が上がります。カビ菌の中には、低温でも育つものも存在するため、冷凍庫の開閉は控えめにし、なるべく低温を保ちましょう。

・空気にふれないように密閉保存する

空気に触れることは、カビを発生しやすくする要素の1つ。冷凍保存する際はきっちりとラップで覆い、さらに密閉できる保存袋に入れましょう。

冷凍したお餅にカビが生えたら?

カビが生えたお餅は、カビが生えた部分削って食べるという人も多いかと思います。しかし、カビ菌は肉眼では見えないけれど深く浸透していることも。一度カビが生えたお餅を食べることは、おすすめできません。

お餅の冷凍方法

市販のお餅の冷凍方法をみていきましょう。

手順

1、お餅は1つずつラップで包みます。

2、フリーザーバックに入れ、しっかりと封をして冷凍庫に入れて保存しましょう。

保存期間

約6か月間、保存することができます。

自家製のお餅を冷凍保存するには?

最近では、自宅で簡単にお餅を作ることができる電化製品がたくさんあります。そのため、自宅で出来立てのお餅を楽しむ方も多いのではないでしょうか。自家製のお餅も冷凍保存が可能です。

手順

1、出来立てのお餅は、食べやすい大きさに形成して粗熱をとります。

2、粗熱がとれたら、1個ずつラップで包みます。

3、フリーザーバックに入れて冷凍保存します。

金属製のトレーにのせると、鮮度を保つ急速冷凍することができます。

保存期間

自家製のお餅を冷凍保存した場合も、約6か月間の保存が可能です。

お好みに合わせた冷凍お餅の解凍方法

お餅の焼き方には、それぞれ好みがありますよね。「もちもち」したものや「カリっ」としたものなど、冷凍したお餅をお好みの食感にする解凍方法をご紹介していきます。

もっちり食感にするには電子レンジ解凍がおすすめ

1、冷凍したお餅は、ラップを取り除きます。

2、お餅を軽く水にくぐらせます。

3、耐熱皿にクッキングシートを敷き、お餅をのせます。

4、ラップをせずに500Wで加熱します。加熱時間はお餅の大きさによって変わります。様子を見ながら、お餅が少し膨らんできたら加熱を止めましょう。

カリっとさせるにはオーブントースターで解凍

1、トースターの網の上にアルミホイルを敷きます。

2、アルミホイルに薄く油を塗っておくと、お餅がくっつきにくくなります。

3、お餅が膨らみ、焼き色が付くまで加熱しましょう。

フライパンで解凍すると中はとろっ、外はカリっと食感

1、フッ素加工のしていないフライパンは、薄く油をひきます。

2、フライパンに冷凍餅をのせて中火で5分、ひっくり返して5分焼きます。

3、お餅が膨らんできたら、お好みの焼き色になるまで焼きましょう。

お鍋で茹でると、トロトロのお餅に

1、鍋に水を入れ、火を付ける前に冷凍餅を投入するのがポイント。

2、中火で10分ほど煮ていくと、トロトロのお餅になります。

餅1個は何カロリー?栄養はあるの? ご飯との比較や餅をダイエットの味方にする食べ方・レシピをご紹介
お雑煮にしたり、焼いて食べたり、お正月に食べる餅は美味しいですよね。醤油をつけて磯辺巻きにしたり、きな粉をつけたりなど、さまざまな食べ方を楽...

あんこ餅は冷凍できる?

お餅はお餅でも、あんこが入ったお餅は冷凍できるのでしょうか? その答えは、あんこ餅も冷凍保存ができます。

手順

1、あんこ餅にぴったりとラップをします。

2、ラップしたあんこ餅をフリーザーバックに入れ、空気を抜いて封をします。

3、金属製のトレーにのせて冷凍すると、急速冷凍することができ鮮度を保ちやすくなります。

保存期間

冷凍あんこ餅は、約1か月保存することができます。しかし、あんこは匂いがうつりやすい食品。なるべく早く食べるほうが良いでしょう。

解凍方法

冷蔵庫に移して冷蔵解凍すると、2~3時間で解凍することができます。また、電子レンジを使う場合は、低いワット数(150~200w)で4~5分加熱しましょう。高いワット数で加熱すると、あんこがパサパサになってしまうので注意してください。

冷凍したお餅の美味しい食べ方

お酒のおつまみやお弁当のおかずにもぴったりな、冷凍したお餅のアレンジレシピの紹介です。

ベーコン餅チーズ

【材料(串3本分)】

  • 冷凍したお餅… 3個
  • ビザ用チーズ… 適量
  • ベーコン… 6枚
  • ブラックペッパー… 適量
  • サラダ油… 適量
  • 串… 3本

【作り方】

1、冷凍したお餅は、電子レンジで解凍、加熱して柔らかくします。

2、柔らかくしたお餅は、各半分にします。

3、お餅を平たくし、チーズを入れて丸めましょう。

4、丸めたお餅にベーコンを巻いていきます。

5、ベーコンを巻いたお餅に串を2本ずつ刺し、ブラックペッパーをかけます。

6、フライパンに油をひき、5を焼いていきます。

7、両面こんがりと焼き色がついたら出来上がりです。

お餅の美味しい食べ方は?砂糖醤油、磯辺焼きなど定番から激うまアレンジ法まで一挙ご紹介!
冬になると食べたくなるお餅。お餅が好きという子も多いので、おやつにするという家庭も多いのでは。また、お餅は炭水化物なので、ご飯やパンの代わり...

お餅は冷凍保存で美味しく長く保存できる

カビが生えやすいお餅は冷凍保存がおすすめです。また、お餅は消化吸収が緩やかで、腹持ちが良い食品。お腹が空いた時や、エネルギーを補給したい時に冷凍庫にストックがあるととても便利ですね

構成・文・写真(一部を除く)/松田慶子(京都メディアライン)

「鏡開きの日」はいつ?由来は? 鏡餅の上手な開き方のコツ、おいしい食べ方やレシピをご紹介
お正月に飾る鏡餅。お正月が過ぎたら鏡餅を下げて鏡開きを行います。この鏡開きは、いつ、どのようにするのか意外と知らない人も多いのではないでしょ...
余ったおもち使い切り!たった3分でできる【激うま♡フルーツ大福】に子どもたち大喜び☆
鼻のむずむずや目のかゆみで、春の訪れを感じている今日この頃。なのに、冷蔵庫の整理をしていたらお正月の忘れ物を見つけてしまったんです。...

編集部おすすめ

関連記事