わが子の名前、もしや画数がよくない? 【イヴルルド遙華さん】に「プチ改名」について聞いた!

熟考した末のわが子の名前。人生は自分の手で切り開くものだから姓名判断なんて……などと思いつつ、わが子の名前の画数、実はちょっと気になったりしませんか?

もうつけてしまった名前だから今さら「よくない名前」などと言われても困る! というママ・パパに朗報です。「ニックネームや家族同士での呼び方を変えるだけでも効果がある」んです!  運の吉凶を分ける「名前」について、ちょこっと深堀りしてみました。

ネーミングが大事な時代

キラキラネームの是非が問われて、名より実、名前より本体が大事という風潮もある昨今ですが、SNSやインターネットを介して働き方や人間関係のつながり方が変化した今日、以前とは違う意味で「名前」が重要な役割を果たす時代となりました。

戸籍上の名前以外にハンドルネームやビジネスネームを持ち、仕事やコミュニティによっていくつかの名前を使い分ける人も増えています。SNSの個人アカウント名で多くの人とコミュニケーションをはかり、その名前が広く拡散されて認知される。そんな時代をママ・パパも生きていますから、次世代の子どもたちであればなおのこと。

今や「名前」は、戸籍上のそれとは別に、ソーシャルな通称を自分で命名できる時代になってきています。

【女の子の名前人気ランキング】文字数や珍しさ、響きがいい名前一覧&センスのいい名前の付け方をチェック!
この記事では、女の子を出産予定のプレママさんに人気の女の子の名前をご紹介していきます。まずは、2019年「女の子の名前」ランキングでどんな名...
【男の子の名前人気ランキング】自然にちなんだ名前や漢字一文字が人気?響きのよさや珍しさなど、決め方や傾向をチェック
名前は一生使う大事なもので、パパやママから赤ちゃんへのはじめての贈り物といえます。そこで当記事では、2019年「子供の名前人気ランキング」か...

よい名前と悪い名前、何が命運を分けるの?

そんな「通称」にも姓名判断が適用されるとして、ではよい名前と悪い名前は、どんなふうに見分けるのでしょうか。

それはズバリ、画数です。

著/イヴルルド遙華(小学館) 1400円+税

 

フォーチュン アドバイザーで、オリジナルなデータ分析による名づけアドバイスにも定評のあるイヴルルド遙華さんは、著書『よい名前  悪い名前』の中で、改名によってご自身の人生がガラリと変わった経験について触れながら、画数によって導かれる名前の幸運度を、「スーパーウルトラ大吉」から「スーパーウルトラ大凶」まで、なんと11段階に分類しています。

ひとつの名前にあらわれる6つのエレメント

また、その画数がどのように影響するかも、名前のどの部分の画数を見るかによって、以下のように多角的に分析できるとのこと。

【総格】
(姓と名前をすべて足した画数)51歳以降の運気や、総合運

【天格】
(姓の文字をすべて足した画数)家系に課せられた運気など

【人格】
(姓の下の1文字と、名前の上の1文字を足した画数)仕事運や、31~50歳までの運気など

【地格】
(名前の文字をすべて足した画数)基本性格や、30歳までの運気など

【外格】
(総格から人格を引いた画数)対人運、人間関係、家庭運など

※姓や名前が一文字の場合は特殊な足し方をするので、上掲書誌を参照

上記のそれぞれの画数を、イヴルルド式姓名判断では、画数の意味に照らし合わせて11段階の吉凶ランキングで診断していきます。

また、上記の画数をすべて吟味した「画数点数」という数字によって、自分の名前が総合的に見て「名前ピラミッド」のどのあたりに属するかがわかるのも、イヴルルド式姓名判断の特徴です。

【赤ちゃんの名前】画数にはどんな意味があるの? おすすめの姓名判断本も!
赤ちゃんの名前を考えるときは、画数を気にすべきかどうか迷いますよね。名前の画数には吉数や凶数があり、それによって運勢や性格などを解釈...

ニックネームやハンドルネーム、ブランド名なども

姓がないニックネーム(えっこ・ゆうゆ )や、カタカナやアルファベットによるハンドルネーム(AKIRA・ミカ★)なども姓名判断で吉凶を見ることができます。

イヴルルド先生によれば、むしろ日常的に呼んだり呼ばれたりしている愛称こそが大事ということ。つまり、家庭の中でお子さんをどう呼んでいるか、その呼び名について調べて、気になる点があれば呼び方を変えることで開運できるわけです。

呼び名を変える「プチ改名」ならハードルも低く、気軽に姓名判断を取り入れる気になりますね。

ドキドキ! HugKum を姓名判断

ブランド名や屋号などに姓名判断を取り入れることも大事となれば、サイト名にももちろん「よい名前  悪い名前」があるはず!

ということで、ちょっとドキドキですが、当サイト名・HugKumについて調べてみました。

 

姓と名に分かれてないこのようなネーミングの場合、すべての文字の画数の合計である「総格」で判断します。HugKumのようなアルファベットでも、大文字・小文字それぞれ画数一覧表がイヴルルド先生の本に掲載されているので、計算もラクラク。

さて、そうして出てきた画数ですが、HugKumの総格はなんと「スーパーウルトラ大吉」の15!  人に恵まれ、周囲から盛り立てられて成功する大吉数。たとえ不運にあってもはね返し、どんどん登りつめていく…とのこと。

2018年のスタート以来、急成長したこの育児情報サイトHugKumは、なんとネーミングの良さも追い風になっていたのでしょうか! ネーミング大事!

令和生まれの赤ちゃんの名づけの傾向分析!キラキラネームには半数が批判的!グローバルに通用する名前は?
令和元年の生まれた赤ちゃんは、新しい元号にまつわる名前の子が多いのでしょうか?ベビー&子ども服ブランドの「ミキハウス」が会員に行った<子ども...

イヴルルド先生からの開運アドバイス

さて、思わぬハッピーな結果にはしゃいでしまいましたが、ここで気を落ち着けて、イヴルルド遙華先生に、「名前」との向き合い方についてアドバイスをいただきました。

約200年の時代が変わる「今」を生きるためには、名前の見直しを

「占い好きじゃなくても、雑誌やネットで度々話題にされ耳にしたこともあるのでは?  東京スカパラダイスオーケストラが「Great Conjunction 2020」という曲を出すなど、占星術の世界では、2020年12月末に起こるグレート・コンジャンクション &グランドミューテーションでお祭りムードです。私たちは、まさに、歴史・時代のムードが変わる大事なときに、生きているのです。
そして、これから約200年「風の時代」に突入し、自由な発想と個性で、オンライン・デジタルなどをうまく使いこなすことで世界が広がり、羽ばたいていくのです。

アルファベット表記で名前を書いたり、SNSやLINEなどで使う名前、またアーティストとしてのビジネスネームや、身バレが怖くてセカンドネームを使っている、などなど、1人で何個も名前を持つ時代なんです。実際に、YouTube、InstagramやTikTokなどのSNS でバズって一躍有名人スターへステータスを上げた人も名前がいい人ばかり。

せっかく、何かを立ち上げたり、スタートしたり、呼んだり、呼ばれるならいい画数がいいです。しかも、すぐにできて、無料でできる運気アップ術です。やらない手はないですよ。これから、自分力が問われる時代だからこそ、親子で「名前」をプロデュースしましょう。」

イヴルルド遙華

フォーチュン  アドバイザー。独自のデータ分析による姓名判断、オリジナルのフォーチュンサイクル占い、タロットなどを基にしたポジティブなアドバイスを行う。新しいスタイルの鑑定として多くの著名人からも信頼を寄せられる。著書にベストセラーの『運命のフォーチュンAmulet』シリーズなどがある。
オフィシャルブログ≪

わが子の幸を呼び名にこめて

「名は体を表す」ともいいます。一生のうちに何度も呼ばれ、耳にする名前が、その人の人生に何かを刻み付けるということは確かにありそうです。お子さんの家庭内での呼び名に、またパパ・ママのSNSネームや趣味&仕事に関係するネーミングに、「スーパーウルトラ大吉」や「カリスマ大吉」「スター大吉」などのラッキーネームを取り入れてみませんか。

著・イヴルルド遙華小学館1400円+税

子どもの名前はもちろん、インスタやYouTubeのアカウントネーム、ビジネスネーム、お店やブランドの名前を考える時も、ラッキー画数を選んでつければ、トラブルを防ぎラッキーを運んでくれる“お守り”になります。家族や対人関係に影響を及ぼす運気を「名前」から読み取り、日常生活に活かせるヒントがいっぱい。一家に一冊置いておきたい姓名判断本の決定版です。

構成・文/HugKum編集部

【赤ちゃんの名づけ】「連」は意外に他の人とかぶらない!漢字の由来や「連」を使った名前をご紹介
連続、連合など、日常でもよく使う「連(れん)」。「連」は1文字でも、他の漢字と組み合わせても使える、名付けの有力候補でもあります。赤...
「結」の漢字を使った名前が人気! 名前の例、意味や由来を徹底解説
赤ちゃんが生まれると、どんな名前を付けようか迷ってしまいますよね。好きな響きやお気に入りの漢字、名前に込める想いなど考えることがたく...
「ひなた」は男の子にも女の子にも人気の名前!使われる漢字や由来や意味を徹底分析
「ひなた」は明るいイメージがあり響きの良い名前ですよね。男の子にも女の子にも付けられて人気があります。ここでは「ひなた」という名前の...
「律」の意味や読み方|名前に込められる願いとは? 画数など名付けに役立つポイントをご紹介
赤ちゃんの名付けで人気の「律」。漢字が持つ、きりりとした聡明なイメージや読みの美しい響きから、名付けに使う漢字として男女ともに注目さ...
古風で美しい名前「紬(つむぎ)」が大人気! 漢字の由来や意味を解説
子どもの名付けで特に人気が出ている紬(つむぎ)。毎年発表される名前ランキングでも上位に入っています。日常で見かける機会はそう多くあり...

編集部おすすめ

関連記事