【名づけ】力強く喜びにあふれる「慶」を使った名前をご紹介!

「慶事」「慶祝」など祝いごとでよく見かける「慶」。縁起の良さから、名付けにも向いている漢字です。この記事では、「慶」の由来や意味、「慶」を使った名前のおすすめを男女別に紹介します。

慶事、慶祝などお祝いでもよく目にする「慶」。「祝」「喜」よりも重厚感があり、華やかさもある漢字ですよね。また、「慶」は男女問わず名前にも使える漢字です。本来の意味からわかるように、名前でも良い意味やイメージが込められます。

今回は「慶」の成り立ちや意味、込められるイメージに加え、「慶」を使った名前について解説します。お子さんの名前の漢字候補に「慶」を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「慶」の成り立ちと由来

まずは、「慶」の成り立ちと由来から解説していきます。

「慶」の成り立ちと由来

「慶」は鹿の一部「廌」と「心」から成る漢字です。その由来には諸説あり、古来、お祝いごとに鹿の皮を贈ったことがはじまりであるとも、古代の裁判で用いられた神獣「廌(たい)」がもとになっているとも言われています。

これらのことから、「慶」は喜びをあらわす漢字として使われるようになりました。「けい」「きょう」「ちか」「のり」「やすし」などさまざまな読みがある漢字です。

「慶」の意味

「慶」の意味は祝いごとにまつわるポジティブなものばかりです。「慶事」「慶祝」といった言葉が代表するように、豊かさ、祝福といった意味をはじめ幸運、幸福、優しさ、思いやりといった意味も持ちます。

古来よりめでたい場面で使われてきた「慶」は、縁起の良い漢字として名付けでも好まれてきました。

「慶」を使った名前はどんなイメージ?

続いて、「慶」を使った名前についても見ていきましょう。

優しく思いやりにあふれた人

先ほども触れたように「慶」の意味の一つとして、優しさや思いやりがあります。このことから、「慶」を使った名前には優しい心を持った思いやりにあふれた人という意味が込められます。

「慶」は重厚な雰囲気の漢字なので、軽々しくない、品のあるニュアンスになるのもポイント。幅広い世代に好まれる名前になりますよ。

幸運に恵まれた人

「慶」には幸運や幸福といった意味もあります。このことから、「慶」を使った名前には幸運が多く訪れる人、幸せな人生を歩むといったイメージが込められますね。

古来より祝いの言葉や喜びを表す漢字として用いられてきたため、重みのある印象に。表面的ではない、真の意味での幸福をつかんでほしいと願う人にもおすすめの漢字です。

生まれてきてくれた喜びを込めて

喜び、祝いといった「慶」の意味から、「生まれてきてくれてありがとう」「あなたと出会えて嬉しい」といったママパパの喜びの気持ちも込められます。

お子さんへのありったけの愛情や喜びの気持ちを込めて、「慶」を使った名前を考えてみてはいかがでしょうか。

【名づけ】エレガントな「麗」を使った名前15選! 漢字の意味や由来も解説
「美麗」「秀麗」など、エレガントな意味の熟語でよく目にする「麗」。字の見た目からも美しさを感じる「麗」は、男女問わず名付けに使える漢...
【名づけ】「恵」の読み方や名前候補は?「恵」のつく名前を徹底解説!
「恵」は男女ともに使える漢字ですが、女の子の名前で見かけることが多いかもしれません。知恵、恩恵、恵愛などポジティブなイメージのある熟語を連想...

「慶」を使ったおすすめの名前(女の子)

それでは、「慶」を使ったおすすめの名前を見ていきましょう。まずは、女の子の名前から紹介します。

一慶(いちか)

漢数字の「一」は数だけでなく「唯一無二」「一番大切」といったニュアンスでも使われる漢字です。また、名付けにおいては長子に使われることもしばしば。

あなたは唯一無二の存在、生まれてきてくれて嬉しいというママパパの思いを込めましょう。

慶香(きょうか)

「香」はかぐわしさ、華やかさといったイメージを持つ女の子の名前でも人気の止め字です。

豊かさ、優しさ、美しさを持つ人という意味を込めて。品よく華やかな印象の名前を探している人にもおすすめです。

咲慶(さちか)

「咲」は花が咲くときのようなかわいらしさや華やかさを持つ漢字で、女の子の名付けで好んで用いられます。

花が咲くような美しさと「慶」が持つ優しさ、豊かさを兼ね備えた人に。

慶乃(ちかの、よしの)

古風な雰囲気を持つ「乃」もまた、女の子の名前の止め字として人気の高い漢字です。もともとは弓の弦が垂れているさまをあらわし、しなやかさや美しさといった意味が込められます。

しなやかさ、品の良さを持った優しい人になってほしいという願いを込めて。

慶葉(よしは)

名前ではフレッシュさや生命力をイメージさせる「葉」。名前に瑞々しい印象をプラスします。

喜びのあふれた人生になりますように、元気でポジティブな人に育ってほしいという願いを込めて。

【名づけ】女の子に人気の名前「ほのか」を徹底研究!
「ほのか」は名前ランキングで毎年上位にランクインしている女の子に人気の読み方です。女の子らしいやわらかさを感じる素敵な名前ですよね。...
【名づけ】美しい響きの「かのん」を徹底解説! 名前に使う文字候補の一覧も
「かのん」は女の子に人気の名前です。美しく呼びやすい響きなので初対面の人にも覚えてもらいやすいですね。「のん」という読み方ができる漢...

参考:赤ちゃん命名ガイド

「慶」を使ったおすすめ文字の名前(男の子)

次に、「慶」を使った男の子におすすめの名前も見ていきましょう。

明慶(あきちか、あきのり)

「明るい」「明らか」といった言葉でおなじみの「明」は、名前では性格の明るさや物事を明確に見すえる洞察力を願って用いられる漢字です。

明るく喜びのあふれた人、本質を見抜く賢さを願う人に。

一慶(いっけい、かずちか など)

女の子の名前で紹介した「一慶」は、読み方を変えれば男の子の名前にも使えます。

唯一無二の大切な子、恵み豊かな人生を歩んでほしいというママパパの願いを込めて。

慶介(きょうすけ、けいすけ)

男の子の名前で人気の止め字の一つが「介」。人を守り、助けるといった意味を持ちます。

優しく力強い人、人の役に立つ人物になってほしいという願いを込めて。

慶輔(きょうすけ、けいすけ)

ポピュラーな男の子の名前の止め字には「輔」もあります。「介(すけ)」と読み方は同じで、人に寄り添い助けるという似た意味を持ちます。

「介」と迷ったときは、字の見た目や姓名判断で重要な字画などを判断材料にするのがおすすめです。

慶士(かずし、けいし)

「弁護士」「司法書士」などの単語があるように、「士」はある分野のスペシャリストを指す言葉によく用いられます。名前でも同様に、何かを極める人、また「戦士」などの言葉から力強さ、勇ましさなどを意味することも。

才能に恵まれた人、一つのことをやり通す人になってほしいという願いを込めて。

慶治郎(けいじろう)

古風な雰囲気な名前は近年流行の傾向にありますが、「慶治郎」もまたレトロな雰囲気を持つ名前です。

「治」が乱れたものを治す、整えるといった意味を持つことから、「慶治郎」には優しく人を癒せる人物、導ける人といった意味が込められます。

慶佑(けいすけ)

先述の「介」「輔」とやや似た意味を持つのが「佑」です。人を助けるという意味を持ち、男の子の名前によく用いられます。

人を助けられる優しく思いやりのある人物に育ってほしいという願いを込めて。

【名づけ】名前の「かいり」はどんなイメージ? 使えるおすすめの当て字もご紹介!
「かいり」という読みの名前の人気が、近年高まっています。明治安田生命で毎年発表されている「名前の読み方ランキング(男の子)」では36...
【名づけ】「かい」という名前の当て字にはどんな漢字がある? 名前にこめる願いも大研究
明治安田生命が毎年発表する名前ランキングで、「2020年の読み方ランキング」男の子部門38位にランクインしたのが「かい」。そのほかのランキン...

参考:赤ちゃん命名ガイド

名付けのポイント・注意点

最後に、子どもの名前を考えるときに気を付けたい、ポイントや注意点について解説します。

名前の響き

名前は書くだけでなく、自ら名乗ったり人に呼ばれることも多いものです。そのため、字の意味や見た目だけでなく、響きの持つ印象も大切。名前だけでなく、姓名とつなげて実際に声に出して呼んでみて、感覚を確かめてみましょう。

また、漢字の意味は良くても、響きがネガティブな意味の言葉を連想させるようならば読み方を変えたり、別の漢字を検討してみるのがおすすめです。

名前の意味

先述の通り、漢字にはさまざまな由来や意味があります。名前に用いる漢字によって、名前のイメージや意味も大きく変わるものです。

候補の漢字についてしっかりと調べ、ママパパの願いに合うものを選んでみましょう。

姓名判断

日本では古来より、名前の字画からその人の性格や運勢を占う姓名判断が行われてきました。

気にしすぎる必要はありませんが、一応知っておきたいという場合や、いくつかの名前で迷っているという場合には一度調べてみましょう。Webサイトで手軽にできるものから、お寺や神社で行う本格的なものまであるので、自分に合った方法を探してみてください。

【赤ちゃんの名前】画数にはどんな意味があるの? おすすめの姓名判断本も!
赤ちゃんの名前を考えるときは、画数を気にすべきかどうか迷いますよね。名前の画数には吉数や凶数があり、それによって運勢や性格などを解釈...

「慶」を使った名前を名付け候補に!

喜びや祝いごとを意味する「慶」。名付けに使えば、幅広い世代に好まれる名前になりますよ。今回紹介した内容を参考に、「慶」をぜひ名前に使う漢字の候補に入れてみてくださいね。

※ HugKum の記事から「名づけ」に関する記事をピックアップしました。参考にしてみてください。記事はこちら

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事