発達障害の子を応援します!

HugKumは、発達障害で困っているお子さんと、その親御さんを応援する記事を発信しています。その世界で活躍されている作業療法士やカウンセラーの方々が、症状や困りごとの解説や、対処法を説明することで、困りごとを抱える親子に寄り添っていきたいと考えています。

こちらに過去の「子供の発達障害」記事をまとめています。

「発達障害のある女の子」は性被害に遭いやすい!? 知っておきたい対処法とは
あまり考えたくないことですが、発達障害のある女児は性被害に遭ったり、将来的に望まぬ妊娠をしたりするケースが多いそうです。そこに問題意識を持ち...
【子供の発達障害】不登校になってしまったら?16歳のコーヒー焙煎士・岩野響くんに学ぶこと
発達障害がある子は、不登校になりやすいと言われます。不登校にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?そして、もし子供が不登校になってしま...
発達障害の特性を活かして就職するとは?専門キャリアカウンセラーが語る就労までの道筋
社会は発達障害者の就職を支援する方向に動き出しています 私は、発達障害専門のキャリアカウンセラーをしています。これまで200人以上の就労に...
【発達障害の子を道具で応援!】つらさの原因は“音”。「聴覚過敏」の救い主とは 
道具で発達を応援するネットのお店tobiraco(トビラコ)の店主が、発達障害の子の「困り感」を解決する道具をご紹介します。第1回は「聴覚過...
【子供の発達障害】二次障害とは? 不登校や非行といった行動は周囲の理解で防ぐことができる!
発達障害の症状を語る時によく出てくる「二次障害」とは、どういう状態を指すのでしょうか? 発達障害がある子の全てに起こるものなのか、いつごろか...
【子供の発達障害】中学生になるときの進路は?反抗期、不登校への対処法を解説
発達障害のあるお子さんが園や学校で集団生活を送るなかで、もっとも辛いと言われるのが10〜15歳くらいのころだと言われます。周囲の子どもた...
【子供の発達障害】小学生になったらどこへ相談したらいい?どんな支援が受けられる?
小学校入学前の幼児期は、地域の児童発達支援センターや療育センターなどで支援を受けることができますが、小学生になると、どんな支援が受けられる...
【作業療法士監修】発達障害の子供に偏食が多いのはなぜ?対処法は?
  発達障害がある子は、特定のものしか食べられなかったり、食べ物の好き嫌いが多いなど「偏食」になる子が多いと言われます。「偏食」は子供のわが...
【子供の発達障害】ADHDってどんな症状?多動でじっとできない理由や対応は?
ちょちょろ動き回ってじっとしていない子は、追いかけまわすお母さんも大変ですね。小さいころは「元気な子」と受け止めてもらえても、幼稚園や小学校...
【子供の発達障害】薬で治療できるの?種類や効果、副作用について精神科医が解説
発達障害は病気ではないので、薬や手術で治せるものではありません。しかし、生活する上で困難がある場合など、必要に応じて薬が処方されるこ...
【言語聴覚士監修】発達障害の小学生が選べる就学先は?特別支援学級の特徴や就学相談について
発達障害のある子どもたちの就学先には、大きく分けて、通常学級、特別支援学級、特別支援学校の3つがあります。わが子の就学先を選ぶのは親の役割。...
【子供の発達障害】「感覚過敏」ってどんな症状?何に気をつけるべき?言語聴覚士が解説
私たちは視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚などのいろいろな感覚を感じています。発達の凸凹のある子どもたちは、脳内伝達物質の出方が多すぎたり少なすぎ...
発達障害の子供の治療法、「療育」とは?療育に通うメリットを言語聴覚士が解説
わが子の発達の凸凹に、保護者が気づくのは、1歳6か月健診や3歳児健診がきっかけになることは多いようです。そこから「療育」の扉をあけるまでには...
【作業療法士監修】赤ちゃん、幼児、小学生別「発達障害」の子供の特徴チェックシートと対処法
発達障害の子供の特徴を作業療法士が解説 はじめてのお子さんの子育てだと、子どもが見せるようすが、成長過程にあるふつうのことなのか、気にしてケ...
「発達障害」におけるグレーゾーンとは? 診断やタイプ別特徴、相談先を作業療法士が解説
「発達障害」「グレーゾーン」という言葉をよく耳にするようになりましたが、そもそも、どういう子のことを指すのでしょうか?わが子のことはもちろん...
子どもに自身をつけさせたい!自己肯定感を育てるリフレーミング絵本とは!?
知らずに子どもの自尊感情を下げることを言っているかも… 「ドジだなぁ」「なんでそんなに恥ずかしがり屋なのかしら」。周りのお友だちと同じ...

編集部おすすめ